15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

禁煙の公共スペースが受動喫煙を減少させるというタバコ蔓延の報告書

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 喫煙タバコと心血管疾患
タバコの蔓延を抑えるため、各国は禁煙スペースを増やしている。 写真Bongani Ngcobo / Unsplash

タバコが命を奪い続ける中、世界保健機関(WHO)は新たな報告書を発表し、禁煙スペースのようなタバコ規制措置がいかに世界の大半を守るのに役立っているかを強調した。

それによると WHOの第9次タバコ疫病対策報告書現在、世界人口の71%がたばこ対策を実施しており、これは2007年の数値の5倍にあたる。これは、56億人の命がタバコ規制のベストプラクティス政策によってカバーされていることを意味する。

世界保健機関(WHO)は15年前、MPOWERによるたばこ規制を開始した。それ以来、喫煙率は大幅に減少し、世界のたばこ喫煙者数は3億人減少した。

禁煙の公共スペースでタバコの蔓延に取り組む

ブルームバーグ・フィランソロピーは、世界中の人々の生活をより良く、より長くするための投資を行うことで知られている。ブルームバーグ・フィランソロピーは、公衆衛生、環境、芸術、行政革新、教育など様々な分野で活動しており、世界150カ国、700都市で活動している。

この報告書では、受動喫煙や二次喫煙に焦点を当てている。報告書によると、現在、世界の40%の国が屋内の公共の場を完全に禁煙にしており、受動喫煙から公衆を守ることが容易になっている。

WHOの報告書はさらに、タバコ規制において各国がどのような成果を上げているかを、この分野で最も優れている国、すなわちモデル国との比較によって示している。

ブラジルとトルコは、MPOWERが提唱するベスト・プラクティス・レベルを達成し、この部門のベンチマークとなった。今年、世界保健機関(WHO)は、モーリシャスとオランダがベスト・プラクティス・レベルを達成したため、この賞賛すべきリストに2カ国を追加した。

各国はタバコ規制措置を採用する必要がある

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は、モーリシャスがアフリカで初めて、オランダがEUで初めて、エビデンスに基づくベストプラクティス政策の重要性を強調した。

テドロス博士は、世界保健機関(WHO)は、この偉業を達成しようとする国を支援する用意があると述べた。

モーリシャスのプラビンド・クマール・ジュグナウト首相は、モーリシャスは間もなく禁煙国家になると述べ、タバコ規制に対する国のコミットメントを改めて表明した。

オランダ保健福祉省のマールテン・ファン・オイエン国務長官は、同国における完全なたばこ規制の達成におけるオランダの医療専門家、保健専門家、市民社会組織の役割を認めた。

マールテンは、オランダは進歩しているとはいえ、煙のない国になるには長い道のりがあり、政府は2040年までに煙のない世代を作ることを目指していると述べた。

禁煙の公共スペースは禁煙に役立つ

WHOのMPOWERの枠組みは、禁煙の公共スペースが主要なたばこ規制対策の一つであることを強調しています。しかし、WHOたばこ規制枠組条約で言及されているように、各国がたばこの蔓延を抑制するために採用できる対策は他にもたくさんある。

報告書は、禁煙の公共スペースが受動喫煙を減らし、最終的に命を救うことにいかに役立つかを強調した。このようなスペースがあるおかげで、人々は空気を吸うことができ、受動喫煙から守られる。喫煙を否定し、禁煙を助け、若者の喫煙を防ぐ。 ベイプ.

受動喫煙が原因で毎年130万人が死亡している。受動喫煙はまた、以下のリスクを高める。 口腔がんや肺がんなど呼吸器疾患や2型糖尿病は、タバコ規制の対策を講じることで簡単に予防することができる。

この報告書は、効果的なたばこ規制対策が、医療費の削減と生産性の向上により、いかに数十億ドルの節約に役立つかを明らかにしている。さらに、低所得国であれ、高所得国であれ、中所得国であれ、どの国でもたばこ対策を導入できることを説明している。

タバコの蔓延に対する今後の取り組み

ブルームバーグ・フィランソロピーの創設者であるマイケル・R・ブルームバーグは、タバコの蔓延についてタバコ産業とそのマーケティング・キャンペーンを非難した。

ブルームバーグ氏は、報告書に紹介されているように、彼らの活動が変化をもたらし、命を救っていることを認めた。

現在、ニュージーランド、エチオピア、アイルランド、マダガスカル、イラン、スペイン、メキシコ、ヨルダンは、政策を採用すれば、モーリシャスやオランダと同じたばこ規制の地位を得ることができる。

しかしながら、44カ国がいかなるたばこ規制措置からもまったく無防備なままであり、53カ国が医療施設での喫煙を禁止していないため、まだかなりの課題が残っている。また、医療施設での喫煙を禁止していない国は53カ国である。

タバコの蔓延は870万人の命を奪っており、これに取り組む唯一の方法はMPOWER対策を採用することである。そのため、WHOはすべての国に対し、MPOWERに記載されているベストプラクティスを少なくとも1つ実施するよう求めていた。

Copyright IBTimes 2023.無断複写・転載を禁じます。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article