15 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

今日の株式市場景気減速懸念でウォール街が後退した後、アジア株はまちまち

Must read

バンコク — アジア株は、市場を動かすようなデータがない中、ウォール街で元気のない取引が続いた後、水曜日はまちまちの動きとなった。

中国の5月の輸出は前年同月比7.5%減、輸入は4.5%減となり、12月にウイルス対策規制が解除され、旅行や商業に支障が出たことを受け、景気回復の鈍化の兆しが加わった。

輸出の減少は、3ヶ月ぶりの前年同月比減少であり、輸出量は年初の水準を下回った。キャピタル・エコノミクスのジュリアン・エバンス=プリチャード氏は、「多くの先進国経済にとって最悪の事態はまだ続いており、輸出は今年後半に底を打つ前にさらに減少すると思われる」とコメントした。

上海総合指数は3,195.88でほぼ変わらず、香港のハンセンは19,285.10で1%上昇した。

東京の日経平均は0.8%安の32,234.21。ソウルのコスピは0.3%高の2,623.20、オーストラリアのS&P/ASX200は0.2%高の7,143.60だった。台湾と東南アジアの株価は下落した。

火曜日、S&P500は0.2%上昇し、4,283.85となった。長らく予測されていた景気後退がまだ到来しておらず、人工知能をめぐる興奮が一部の銘柄の急騰を後押ししているためだ。

ダウ工業株30種平均は0.1%未満の上昇で33,573.28となり、ナスダック総合株価指数は0.4%上昇の13,276.42となった。

ソフトウェア開発プラットフォームのギットラボは、アナリストの予想を上回る会計年度の収益予測を発表し、31.2%急騰した。

投資家たちは、景気後退と、連邦準備制度理事会(FRB)が金利引き下げに踏み切るほどのインフレ率の低下、どちらが先に起こるかに注目している。

来週、米国政府はインフレに関する最新の月次報告を発表し、連邦準備制度理事会(FRB)は金利政策に関する会合を開く。ウォール街の予想では、FRBは利上げを見送り、1年以上ぶりの利上げとなるが、7月には利上げを再開する可能性がある。

証券取引委員会がコインベースを無登録の証券取引所、ブローカー、清算機関として取引プラットフォームを運営しているとして告発したことで、火曜日には暗号通貨の世界で強い動きが見られた。

コインベースの親会社であるコインベース・グローバルの株価は、SECがコインベースの違反の一部に対する責任があるとして告発した後、12.1%下落した。他の告発は、コインベースのステーキング・アズ・ア・サービス・プログラムに焦点を当てたもので、そこではユーザーは、伝統的な銀行の普通預金口座から利子を得るのとほぼ同じように、暗号の支払いを受ける。

コインベースは、暗号に対するSECのアプローチを批判し、”解決策は、訴訟ではなく、公正なルールが透明性を持って開発され、平等に適用されることを可能にする法律である “と述べた。

その前日、SECは別の巨大な暗号取引プラットフォームであるバイナンスとその創設者に対して13件の告発を行った。バイナンスは、SECの調査を解決するため、交渉による和解を行うべく協議を行ってきたと述べた。

AIをめぐる熱狂は、エヌビディアの164.5%の急騰を含め、今年一握りの銘柄が莫大な利益を上げるのに役立っている。そのおかげで2023年のS&P500種株価指数は大幅な上昇となったが、バブルが形成されつつあるのではないかという批評家もいる。また、AIをめぐる騒動がS&P500の表面下の弱さを覆い隠している可能性もあるという。

S&P500種株価指数が強気相場に近づいているとはいえ、企業収益の減少、依然として高いインフレ率、1年前よりはるかに高くなった金利への懸念が残る中、S&P500種株価指数は今年、上昇銘柄とほぼ同数の銘柄が下落している。

水曜日の他の取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、米国産原油は31セント安の1バレル71.43ドル。火曜日は41セント安の1バレル71.74ドルだった。国際標準のブレント原油は36セント安の1バレル75.93ドル。

どちらも1年前には120ドル近かったが、世界経済の低迷による燃料不足への懸念から下落した。

米ドルは139.66円から139.24円まで買われた。ユーロは1.0695ドルから1.0690ドルに下落した。

___

APビジネスライターのマット・オット、スタン・チョー、ジョー・マクドナルドが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article