23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

今日の株式市場好調な米雇用統計を受け、アジア株もウォール街の上昇に追随

Must read

北京 — アジア 株式市場サービス産業の成長鈍化を示す報告を受けて、米国経済が弱体化しているのではないかという懸念からウォール街が下落した後、火曜日には株価が上昇した。

上海、東京、香港は上昇。シドニーは後退。原油価格は下落。

ウォール・ストリートのベンチマークであるS&P500指数は、業界団体が発表した5月の建設、ホスピタリティ、その他サービスの活動指数が3年ぶりの低水準に落ち込んだことを受け、月曜日に0.2%下落した。これは、先週発表された5月の雇用が予想外に好調で、利上げによる米国の景気後退が遠のく可能性を示唆したデータによって高まった期待とは相反するものだった。

オアンダのエドワード・モヤ氏は、レポートの中で「弱さが出てきており、それは今後数ヶ月でより顕著になるはずだ」と述べた。

上海総合指数は0.2%上昇の3,237.89、香港のハンセンは1.1%上昇の19,310.53。

東京の日経平均は、政府発表の4月の日本の賃金が前年同月比1%上昇したものの、伸び率は前月の1.3%から減速したことから、0.4%高の32,350.58となった。

シドニーのS&P ASX200は、0.5%下落の7,181.90。韓国市場は祝日のため休場。

ニュージーランドは下落し、東南アジア市場は上昇した。

ウォール街では、S&P500種株価指数が4月の51.9から50.3に低下。

ダウ工業株30種平均は0.6%下落の33,562.86ドル。ナスダック総合株価指数は11.34(0.1%)安の13,229.43。

数週間にわたる上昇でウォール街が10ヶ月ぶりの高値をつけた後、大半の銘柄が下落した。

アップルは、仮想世界と現実世界の間にユーザーを配置する、長い間噂されていたヘッドセットを発表した後、0.8%下落した。来年初めに発売される予定で、価格は3500ドル。

米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州・アジアの中央銀行が、数十年来の高水準にあったインフレを冷やすために利上げを実施することで、世界経済が景気後退に陥ることをトレーダーは懸念している。トレーダーたちは、米国の景気減速の兆候が、FRBが今月の会合で追加利上げを延期または縮小するよう促すことを期待している。

米国政府は来週、FRBの会合に先立ち、インフレに関する最新情報を発表する予定だ。

FRBが今月の利上げを見送ったとしても、ウォール街は当局者がさらにデータを精査した後、7月の再利上げに賭けている。

高金利は、金融市場を動揺させた米国の3つの銀行破綻とスイスの1つの銀行破綻を引き起こした。製造業も低迷している。

先週のデータでは、米国の雇用主は5月に予想外に雇用を加速させたが、労働者の賃金上昇は鈍化した。

この結果、ウォール街は「強気相場」の瀬戸際まで上昇し、S&P500種株価指数は10月中旬の安値から20%上昇した。

エネルギー市場では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークである米国産原油は39セント安の1バレル71.86ドル。月曜日には41セント高の72.15ドルだった。国際的な原油取引の価格基準となるブレント原油は、ロンドン市場で前日比24セント安の1バレル76.47ドル。前場は58セント高の76.71ドルだった。

ドル円は月曜日の139.63円から139.49円まで下落した。ユーロは1.0716ドルとほとんど変化なし。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article