23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

今日の株式市場:FRBが利上げを緩和するとの期待から、アジアもウォール街に続き上昇

Must read

ニューヨーク(AP)- 米雇用統計が好調で、ウォール街が懸念していたほど景気後退が近づいていない可能性を示唆したことから、株価は金曜日に急騰した。

S&P500種株価指数は1.5%上昇し、10月中旬以来20%近く上昇を続けているラリーの最新の急上昇となった。これにより、ウォール街の主要な健全性評価指標であるS&P500種株価指数は、多くの課題があるにもかかわらず、「強気相場」と呼ばれる状態に突入した。

ダウ工業株30種平均は701ポイント(2.1%)上昇し、ナスダック総合株価指数は1.1%上昇した。

2023年6月2日金曜日、香港の香港証券取引所の電子スクリーンの横を通り過ぎる歩行者。アジア株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が今月の追加利上げを見送る可能性を示唆した後、米雇用市場の最新情報を控えて、金曜日にウォール街に続いて上昇した。(AP Photo/Louise Delmotte)
2023年6月2日金曜日、香港の香港証券取引所の電子スクリーンの横を通り過ぎる歩行者。アジア株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が今月の追加利上げを見送る可能性を示唆した後、米雇用市場の最新情報を控えて、金曜日にウォール街に続いて上昇した。(AP Photo/Louise Delmotte)

先月、雇用主が予想外に雇用を加速させたという報告を受けて、指数は上昇した。これは、金利が大幅に上昇したにもかかわらず、雇用市場が依然として極めて堅調であることを示す最新のシグナルであり、減速し始めた景気を支える大きな柱となっている。

経済が健全であるときに最も好調となる市場の分野が、工業会社、エネルギー生産会社、銀行株を含む広範囲の上昇を牽引した。エクソンモービルは、回復力のある経済がより多くの燃料を燃やすという期待から原油価格が上昇し、2.3%上昇した。

おそらく市場にとってより重要なのは、労働省が発表した月例雇用統計で、雇用が強化されたにもかかわらず、労働者の給与の上昇が鈍化したことだ。

これは、レジで物価についていこうとする労働者を落胆させるかもしれないが、投資家は、賃金上昇の鈍化は経済全体のインフレ上昇圧力が弱まることを意味すると考えている。

その結果、連邦準備制度理事会(FRB)はインフレを低下させることを目的とした利上げを緩和することができるだろう。高金利は景気を減速させ、投資価格に打撃を与える。

失業率も先月は予想以上に上昇し、50年来の低水準から3.7%に上昇した。これは、雇用市場がもう少し緩んでいることを示唆しており、別個の調査から得られたデータである雇用者数の大幅な伸びとは相反するようだ。

アネックス・ウェルス・マネジメントのチーフ・エコノミスト、ブライアン・ジェイコブセン氏は、「現実はその中間だろう」と言う。

「COVIDは奇妙な時代をもたらし、奇妙な回復をもたらし、さらに奇妙な回復をもたらした。「COVIDは奇妙な時代、奇妙な回復、さらに奇妙な減速をもたらした。

この報告を受けて、トレーダーはFRBが2週間後の次回会合で金利を据え置くことを大方予想していた。もしそうなれば、1年以上利上げが行われなかった初めてのケースとなる。

2023年6月2日金曜日、香港の香港証券取引所の電子スクリーンの横を通り過ぎる歩行者。アジア株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が今月中の追加利上げを見送る可能性を示唆した後、米雇用市場の最新情報を控えて、金曜日にウォール街に続いて上昇した。(AP Photo/Louise Delmotte)
2023年6月2日金曜日、香港の香港証券取引所の電子スクリーンの横を通り過ぎる歩行者。アジア株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が今月の追加利上げを見送る可能性を示唆した後、米雇用市場の最新情報を控えて、金曜日にウォール街に続いて上昇した。(AP Photo/Louise Delmotte)

利上げの一時停止は、すでに数ヶ月にわたって製造業が急激に縮小している経済にとって、息抜きになるだろう。金利上昇は、多くの中小銀行にも打撃を与えている。その一因は、顧客がより高い利子を求めてマネーマーケット・ファンドから預金を引き揚げているためだ。

3月以降、いくつかの有名銀行の破綻が市場を揺るがし、ウォール街は他の弱点を探すことになった。最も厳しい調査を受けているいくつかの銀行は、雇用統計を受けて上昇した。例えばパックウェスト・バンコープは14.1%上昇し、年間損失を66.6%に縮小した。

しかし、FRB高官も最近、6月の利上げ休止は必ずしも利上げ終了を意味しないと警告している。

CMEグループのデータによると、トレーダーはFRBが6月の利上げ休止に続いて7月にも利上げを実施するとの見方を強めている。これが国債利回りの上昇を後押ししている。

10年物国債利回りは、木曜日深夜の3.60%から3.69%に上昇した。10年物国債利回りは、住宅ローンやその他の重要なローンの金利設定に役立っている。

年物国債利回りは、FRBの行動に対する期待でより大きく動き、4.34%から4.50%に急上昇した。

また、ウォール街の支援材料となったのは、木曜日遅くに上院が、米国政府が潜在的に悲惨な債務不履行(デフォルト)を回避するための協定を最終承認したことだ。この動きは投資家の間で広く予想されていたもので、この合意は次にジョー・バイデン大統領の署名へと進む。

ルルレモン・アスレティカは、直近四半期の利益が予想を上回り、中国での販売動向の加速などを評価し、11.3%急伸。通期業績予想も上方修正。

モンゴDBは、データベース会社が予想以上の利益を報告した後、28%急騰した。同社は、ビジネス界を席巻している人工知能をめぐる熱狂の波から利益を得られると確信していると述べた。

2022年2月24日木曜日、ニューヨークのニューヨーク証券取引所。前日の乱高下の後、金曜日のウォール街はほぼ上昇して始まった。S&P500種株価指数は序盤に0.4%上昇し、ヨーロッパではさらに大きな上昇となった。(AP Photo/Seth Wenig)
2022年2月24日木曜日、ニューヨークのニューヨーク証券取引所。前日の大荒れから一転、金曜日のウォール街はほぼ全面高で始まった。S&P500種株価指数は序盤に0.4%上昇し、欧州の大幅上昇に続いている。(AP Photo/Seth Wenig)

AIをめぐる熱狂が、S&P500種株価指数を8月以来の高値に押し上げた。例えば、そのチップがAIへの移行を後押ししているエヌビディアは、今年169%の急騰を遂げた。

2022年1月初旬から10月までの9ヶ月間で25.4%の下落を記録した弱気相場からS&P500種指数が脱却に近づいた主な理由は、エヌビディアとその他少数の銘柄の大幅な上昇である。

S&P500の上昇の大部分は、ほんの一握りの銘柄が牽引しており、批評家は、この指数が見かけほど強くないことを意味すると言う。S&P500種指数は今年に入って11.5%の上昇を記録しているが、利益の減少、依然として高いインフレ率、大幅な金利上昇に対する懸念から、構成銘柄の半数近くが順位を下げている。

S&P500種指数は、金曜日61.35上昇し、4,282.37となった。ダウは701.19ドル高の33,762.76ドル、ナスダックは139.78ドル高の13,240.77ドル。

APビジネスライターのマット・オットとジョー・マクドナルドが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article