15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

小売店を目立たせるホリデー・マーケティング9つのヒント

Must read

ビジネス情報

ハロウィーンが間近に迫り、ブラックフライデー、スモールビジネスサタデー、サイバーマンデーもそう遠くはありません。小規模な小売業者にとって、小売店向けの適切なホリデーマーケティングのヒントを実施することは急務です。

ショッピングシーズンの熱狂が近づくにつれ、ホリデーマーケティングの動きを準備するのにこれ以上のタイミングはありません。

今年は、ブラックフライデーからクリスマスまでの28日間という短いホリデーショッピングシーズンとなり、それを最大限に活用する必要性が高まっている。潜在顧客の目を引くためには、戦略的、創造的、積極的なアプローチが不可欠だ。

ここでは、あなたのショップを群衆から際立たせ、この重要なショッピングデーを最大限に活用し、競争力を維持するためにあなたが取ることができるいくつかのステップを紹介します。

ビジネス情報 ホリデーマーケティングのヒント 小売店

これらのホリデー・マーケティング戦略をより効率的に進めるために、各手法のエッセンス、必要なリソース、潜在的な影響を簡潔にまとめた比較表をご覧ください:

戦略 簡単な説明 必要なツール/リソース 潜在的影響
プラン・アヘッド 重要な日付とマーケティング・カレンダーを設定する カレンダー, マーケティングツール タイムリーなプロモーション、チャンスを逃さない
ホリデーカードを使う 日頃の感謝を込めて早めにカードを送ろう グリーティングカード, メーリングリスト 顧客ロイヤルティとリピートビジネス
買い物客を助ける 特別なサービスでショッピング体験を向上 ギフト包装, パーソナルショッパー 顧客満足度の向上
イベント開催 店舗限定のお祭りイベントを開催 イベント企画、招待状 集客・売上アップ
ギフトカードを売る ギフトカードの販売促進 ギフトカードプロバイダー, プロモーションアイデア 売上と潜在的なリピーターの増加
利己的な側面へのアピール セールやオファーを使って自己購入を促す 販促物、販売戦略 販売促進
センスを見せる インテリア、音楽、香りで五感を刺激する 装飾、音楽、香り ショッピング体験の向上、人通りの誘致
バディアップ 近隣企業とのコラボレーションプロモーション パートナー企業、共同プロモーション より幅広いオーディエンスへのリーチ、マーケティングコストの共有
スモールビジネスサタデー SBS期間中に参加し、プロモーションを最大化する SBSウェブサイトのマーケティングツール 地元での売上増、地域からの支持

プラン・アヘッド

前もって計画を立てることで、有利になり、予算を立てやすくなり、重要な日を逃すことがなくなります。今年は

  • 感謝祭は11月23日
  • ブラックフライデーは11月24日
  • 11月25日スモールビジネスサタデー
  • 11月27日のサイバーマンデー

これらの日付やその他の重要な日付から遡ってマーケティングカレンダーを作成し、期限を守るために必要な行動を細分化しましょう。

例えば、感謝祭の前に届くようにダイレクトメールを送りたい場合、いつまでに広告をデザインして入稿する必要がありますか?

ビジネス情報 ホリデーマーケティングのヒント 小売店

ホリデー・カードを使って、あなたのビジネスをトップ・オブ・マインドにする

今日のデジタル時代では、ホリデーカードのような目に見える感謝の証は非常に目立つ。早めのホリデーカード(サンクスギビングカードなど)を送り、激動の1年を通して顧客の揺るぎないサポートを認め、感謝の気持ちを伝えましょう。

これらのカードは心のこもったジェスチャーとなり、あなたのブランドの人間味を思い出させることができます。さらに、この機会を利用して、顧客をあなたの店に呼び戻しましょう。

特別なイベントや限定セールへの招待状を送りましょう。招待状をさらに魅力的なものにするために、特別割引コードを埋め込んだり、店頭で受け取れる無料ギフトのトークンを入れたりすることを検討しましょう。

買い物客を助ける

ホリデーラッシュは、買い物客にとって圧倒されるような時期であるため、ほんの些細なジェスチャーが大きな違いを生むことがある。

気の利いた特典によって補完される模範的なカスタマーサービスを提供することで、彼らのショッピング体験を高める準備をしましょう。

無料ギフトラッピングの専用スペースを設置し、ホリデーシーズンに向けて美しくラッピングされたギフトを持って帰ることができるようにすることを考える。

また、ショッピングのピーク時にパーソナルショッパーを雇うことも検討しよう。

さらに、「先生へのプレゼント」、「お母さんへのプレゼント」、「赤ちゃんへのプレゼント」など、特定の受取人に合わせた包装済みのギフトセレクションを陳列することで、ショッピングプロセスを簡素化し、利用客にとってより効率的で楽しいものにすることができる。

ビジネス情報 ホリデー・マーケティングのヒント 小売店

店舗でイベントを開催する

ホリデーシーズンは、お祭り、喜び、共同体の集まりの代名詞です。この季節と、あなたのビジネスのユニークなエッセンスの両方に共鳴する店内イベントを企画することで、この精神を活用しましょう。

例えば、書店を経営しているのであれば、著者のサイン会や朗読会を開催することで、文学ファンの心を惹きつけることができます。一方、CDショップであれば、ホリデーシーズンの定番曲の生演奏で雰囲気を盛り上げることができる。

グルメ食品店では、クッキーのデコレーション実演のようなインタラクティブなセッションで来店者を喜ばせることができる。

イベントは単に楽しませるだけでなく、賑やかな雰囲気を作り出し、多くの人の足を集め、そして最も重要なことは、衝動的な購買意欲を刺激し、ホリデーシーズンの売上を押し上げるということだ。

ギフトカードを売る、または販促品として使う

2013年、ニールセンの調査によると、ギフトカードは買い物客が購入予定のギフトの第1位でした。Vantivと イーカード・システムズ また、あなたの銀行がギフトカードのオプションを提供しているかどうかを確認することもできます。

ギフトカードはプレゼント用だけではありません。100ドルのギフトカードまたは100ドル相当の商品を購入すると、自分用に25ドルのギフトカードがもらえる「ギブ・ワン・ゲット・ワン」プロモーションを考えてみましょう。ビジネス情報 ホリデー・マーケティングのヒント 小売店

買い物客のわがままに応える

経済の先行きが不透明で、多くのアメリカ人が家計を厳しく管理している今、ホリデー・セールの魅力は抗しがたいほど魅力的だ。

他の人への贈り物としてだけでなく、自分自身を満足させる絶好の機会として、こうしたセールを心待ちにしている消費者もかなりいる。

彼らは、目をつけていた商品や、購入を先延ばしにしていた必需品のお得な情報を探している。

巧みにデザインされたウィンドウサインや説得力のある広告は、この感情を利用することができます。

2個で1個」、「1個買うと1個半額」といったプロモーションや、「あなたにはこれがふさわしい!」といったフレーズで顧客を後押しするダイレクトメッセージは、この季節に力強く響き、自分勝手な買い物客に少し贅沢をするよう促すことができる。

五感を働かせる

小売店では、商品そのものと同じくらい、雰囲気が購買の意思決定に影響を与えることがあります。顧客の五感を意識的に刺激することで、小売業者は感情に響く没入感のあるショッピング体験を作り出すことができる。

きらめくイルミネーションや、ホリデーシーズンをテーマにした人目を引くディスプレイで飾られた空間に足を踏み入れたときの感覚を想像してみてください。さらに、背景にはホリデーシーズンの華やかな曲が流れ、陽気なムードが漂います。

しかし、体験はそれだけでは終わらない。松の爽やかな香りや、シナモンの温かく心地よいエッセンスなど、季節の香りを取り入れれば、五感の楽園ができあがります。

ホットココアやスパイスの効いたサイダーなどの軽食を提供すれば、買い物客が活気づき、夢中になること請け合いだ。

音楽や香りを漂わせ、店の外にアピールする雰囲気は、無意識の誘引となり、潜在的な顧客をさらに引き込むことを覚えておこう。

ビジネス情報 ホリデー・マーケティングのヒント

バディアップ

コラボレーションは事業拡大の鍵であり、特にホリデーシーズンは勝負が激しく、競争も激しい。近隣の企業を競争相手と見なすのではなく、潜在的な味方として捉え直そう。

近隣の小売業者と手を組むことで、マーケティング・リーチを拡大し、顧客にとってより総合的で魅力的なショッピング環境を作り出すことができる。

クリスマスまでの12日間、参加小売店がそれぞれ特別オファーやプレゼントを紹介する「クリスマスの12日間」イベントを企画することを想像してみてください。

これは、買い物客にバラエティと興奮を提供するだけでなく、コミュニティ精神を育み、ホリデープロモーションへの集団的なアプローチを促進する。

そして、常に地元のビジネス協会と連携を保つこと。彼らは多くの場合、洞察力、ツール、イニシアチブを計画しており、それが協力的な取り組みと組み合わさることで、地域のショッピング体験全体を向上させることができる。

スモール・ビジネス・サタデーに参加しよう

昨年、米国の消費者の71%がスモール・ビジネス・サタデーを知っていると答え、半数近く(46%)が地元の中小企業で買い物をすることで積極的に支援した。その結果、57億ドルの売上があった。

スモール・ビジネス・サタデーを最大限に活用するためのマーケティング・ツール、資料、アイデアを入手するには、ウェブサイトをご覧ください。 スモールビジネスサタデー.

ホリデーショップ 写真 via Shutterstock


もっと見る 休日


引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article