8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

ポルトガルとスペインで山火事が続く

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 ロードス山火事
6日前から、ポルトガルの南西部で大規模な森林火災が発生している。 アンゲロス・ツォルツィニス/AFPニュース

スペインとポルトガルはこの夏3度目の熱波に襲われている。

今週月曜日、ポルトガルのサンタレンでは気温が46.気象庁の暫定データによると、この気温は2023年の記録を更新した。

この6日間 大規模な森林火災 ポルトガルの南西部で猛威を振るっている。この山火事は、これまでに15,000ヘクタールの樹木に壊滅的な打撃を与えている。

国家市民保護局によると、政府は1000人の消防士と12機の放水機を出動させ、猛烈な炎を食い止めた。ポルトガルの南部オデミラ近郊の火災では、少なくとも9人が負傷したと報告されている。

約1500人の住民と 観光客も避難した 今週、山火事がアルガルヴェの近くまで拡大し続けたため、南部地域からも観光客が避難した。

アルガルヴェはポルトガルの観光の中心地として知られ、ヴィラ、ホテル、バー、レストラン、大西洋のビーチが立ち並んでいる。

ポルトガルのホリデー・コテージのオーナー、ホアキン・ディゲス氏は言う:アルカンタラのホテルにお客様を避難させましたが、ここには樹齢100年のオークの木が生い茂る広大な森があるので、本当に心配です。ひどい話です」。

アルヘズールで農業を営むもう一人の地元のアナ・コスタはこう明かす:「どこもかしこも火の海でした。誰も助けてくれませんでしたが、幸運にも3人の友人が来てくれました」。

うわー、それは気候火災だ! #ポルトガル ポルトガルのオデミラ(Odemira)近郊で深刻な風土火災が発生している。800人以上の消防士と202台の車両が大規模な対応に当たっている。火災の深刻さにより、4つのコミュニティが避難を余儀なくされている。 pic.twitter.com/n7gCKSHgWu

– ピーター・ダインズ (@PGDynes) 2023年8月8日

ポルトガル南部の町オデミラ付近で発生した山火事。

専門家は、イベリア半島で繰り返されている熱波は、より長く、より激しくなっており、気候変動の結果であることを明らかにした。

近年、イベリア半島では干ばつや山火事の被害も増えている。

スペイン南部のいくつかの地域でも、今週はオレンジ色の警報が発令されており、気象警報によると、水曜日と木曜日には気温が過去最高の44度を超える見込みだという。

この夏3度目の熱波の中、スペインではこの週末、3つの山火事が1,000km2以上の土地に広がっている。月曜日にはスペイン西部のエストレマドゥーラ州でも4件目の山火事が発生した。

エストレマドゥーラで発生した火災はポルトガルとの国境に近く、消防隊は一晩中炎を抑えることができなかった。

スペインの北部と西部は森林火災に見舞われている。

スペイン気象庁(AEMET)はまた、中央部のマドリッド、北部のバスク地方、南部のアンダルシア地方の一部に赤色警報を発令した。

「8月の5日間としては、過去73年間で最も暑い日になるだろう。

また 地球温暖化による熱波強風もまた、スペインとポルトガルを山火事に追い込んでいる大きな環境要因である。

3週間前、スペイン領カナリア諸島のラ・パルマ島では、フェルナンド・クラビホ・カナリア諸島大統領が「手に負えない」と称した山火事が発生した。

少なくとも4,000人が避難し、10機の航空隊と300人の消防士が消火活動にあたった。

AMETのスポークスマン、ルーベン・デル・カンポは言う:「7月に経験した2回の熱波と比較すると、一般的に、より強烈で広範囲な熱波になり、少し長くなりそうだ。

また、スペインのカラスカル地方では、火災の鎮圧が報告されている:「誰かが助けに来てくれるまでとても時間がかかった。消防士はいなかった。やってきたのはヘリコプターと飛行機だった。彼らがいなければ、私たちはここでみんな死んでいた。私たち全員が”

黒焦げになった土地を指差して、男は言った:”ここで燃えたものを見てください!”

© Copyright IBTimes 2023.無断複写・転載を禁じます。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article