23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

今日の株式市場米国のインフレ率更新を前にウォール街が上昇した後、アジアはまちまち

Must read

東京–。 米国の銀行システムに対する懸念がウォール街の下落を引き起こし、中国経済の成長に対する懸念がより身近にある中、水曜日のアジア株はほとんどが下落した。

日本のベンチマークである日経平均は、午前中の取引で0.2%安の32,323.31となった。オーストラリアのS&P/ASX200はほぼ横ばいで、0.1%未満の上昇の7,316.60だった。韓国のコスピは1.0%近く上昇して2,598.96。香港のハンセンは0.4%安の19,105.19、上海総合は0.4%安の3,247.64。

ACY証券のチーフ・エコノミスト、クリフォード・ベネット氏は、中国の輸出データを「かなり憂慮すべきもの」とし、過去3年間で最も急激な落ち込みであり、中国だけでなく世界経済の状況を反映していると指摘した。

「世界の需要は急激に落ち込んでいる。

「この世界経済の減速がどれほど激しいものであるかによって、私たち全員が驚くことになるだろう。世界の三大経済大国である米国、中国、EUが景気後退の先頭に立っている。

ウォール街では、S&P500種株価指数は19.06(0.4%)下落し、4,499.38となった。年初来7ヶ月で急騰した同指数にとって、この6日間で5回目の下げとなった。

ダウ平均は158.64ドル(0.4%)安の35,314.49ドル。ナスダック総合株価指数は110.07(0.8%)安の13,884.32。

米国では、ムーディーズが中小規模の銀行10行の格付けを引き下げたため、銀行株が下落した。ムーディーズは、金利上昇の影響から、オフィスビルを空室にしている在宅勤務のトレンドまで、銀行の財務力に関する懸念事項を列挙した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレ率の低下を期待して、主要金利を過去20年以上の最高水準に引き上げた。高金利は経済全体を鈍化させ、景気後退のリスクを高める。

金利の大幅引き上げは、特に銀行を直撃している。

ムーディーズは、10行の格付けを引き下げ、他の6行を審査中とする一方で、金利の急激な上昇は、幅広い業界の利益を損なう状況につながったと述べた。

金利の上昇は、銀行が超低金利時代に行った投資の価値をも押し下げる。このような状況は、この春、米国の銀行が3つの大きな破綻を引き起こし、システムに対する信頼を揺るがす一因となった。

ムーディーズはまた、商業用不動産ローンを多く抱える銀行にも問題が起こるかもしれないと述べた。

「ムーディーズのジル・セティナとアナ・アーソフはリポートの中で、「これは、2024年初頭に穏やかな米景気後退が視野に入り、資産の質が堅調だが持続不可能な水準から低下しそうなことを意味している。

格付けが引き下げられた銀行のひとつ、M&T銀行は1.5%下落した。ノーザン・トラストは1.6%下落した。

格付けに影響を受けなかった他の大手銀行も沈んだ。バンク・オブ・アメリカは1.9%下落した。

今週後半、米政府は消費者インフレと卸売物価上昇率に関するデータを発表する。

ウォール街では、昨年夏にインフレ率が9%を超えて以来冷え込んでいることから、これ以上の利上げは必要ないとFRBを説得することが期待されている。エコノミストたちは、7月の消費者物価が前年同月比で3.3%上昇し、6月のインフレ率3%から加速すると予想している。

しかし、一部のエコノミストや投資家は、インフレ率をFRBの目標である2%まで下げることが最も難しいだろうと述べている。彼らは、ウォール街が経済の「軟着陸」をあまりにも早く確信しすぎており、S&P500種株価指数が今年最初の7ヶ月間で19.5%も上昇したのは行き過ぎだと言っている。

債券市場では、10年物国債利回りが月曜深夜の4.10%から4.02%に低下した。年債利回りは、住宅ローンやその他のローンの金利設定に役立っている。

年物国債利回りは4.79%から4.75%に低下した。

エネルギー取引では、ベンチマークとなる米国産原油が13セント安の1バレル82.79ドル。国際標準のブレント原油は9セント安の1バレル86.08ドル。

為替取引では、米ドルは143.36円から143.31円まで値を下げた。ユーロは1.0963ドルと、1.0960ドルから上昇した。

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article