10.8 C
Tokyo
2024年 3月 4日 月曜日

本日の株式市場:ウォール・ストリート・ブレイクの後、アジア・ベンチマークの大半は下落

Must read

北京 — ウォール街が上昇し、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ計画に影響を与える可能性のある米国のインフレ率アップデートを控えて日本の賃金が上昇した後、火曜日のアジア株は序盤の取引でまちまちとなった。

東京は上昇し、上海と香港は下落した。原油価格は上昇した。

ウォールストリートのベンチマークであるS&P500指数は月曜日、0.9%上昇し、先週の損失の3分の1を回復した。

「INGのアナリストはリポートの中で、「米国株は、先週の終値よりも良い形で週をスタートした。「しかし、これが続くかどうかはわからない。

日本政府が発表した6月の労働者現金収入が2.3%増加したことを受け、東京の日経平均は0.3%上昇した。

上海総合指数は0.2%安の3,264.03、香港ハンセンは1.2%安の19,311.32。ソウルのコスピは0.1%弱の2,579.01、シドニーのS&P-ASX200は0.2%上昇の7,322.20。ニュージーランド市場は後退したが、東南アジア市場は上昇した。

ウォール街では、S&P500種株価指数は、木曜日に発表される米国のインフレ率を控え、4,518.44まで上昇した。ダウ平均は1.2%上昇し、35,473.13となった。ナスダック総合株価指数は85.16(0.6%)高の13,994.40。

バークシャー・ハサウェイは、アナリストの予想を上回る利益と収益を発表し、3.6%上昇した。

製薬会社のヴィアトリスも予想を上回る決算を発表し、上昇した。ヴィアトリスの株価は3.9%上昇した。

4-6月期の企業収益は、ほぼ予想を上回っている。ファクトセットによると、S&P500種構成企業の5社中4社近くが予想を上回っている。しかし、パンデミック(世界的大流行病)が世界経済に打撃を与えた2020年夏以降で最も急激な減益を記録する見込みである。

インフレはウォール街の大きな動きの鍵であり、1年前に約20年ぶりの高水準となる約9%まで急上昇した後、徐々に低下している。

そのため、連邦準備制度理事会(FRB)が物価上昇圧力は抑制されており、企業や消費者の活動を冷やすためにこれ以上の利上げは必要ないと判断するのではないかとの期待が高まっている。インフレ率は6月に3%まで低下したが、これはまだFRBの目標である2%を上回っている。

一部の予測家は、トレーダーが利上げが終了し、FRBが世界最大の経済を不況に転落させることなくインフレを消滅させる「ソフトランディング」を達成できると早合点していると警告している。

予想筋は、木曜日のデータで7月の消費者物価が前年比3.3%上昇し、6月から加速すると予想している。

エネルギー市場では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油が28セント上昇し、1バレルあたり82.22ドルとなった。月曜日は88セント安の81.94ドルだった。国際的な原油取引の価格基準となるブレント原油は、ロンドン市場で27セント高の1バレル85.61ドル。前場は90セント安の85.34ドルだった。

ドル円は月曜日の142.44円から143.29円まで上昇した。ユーロは1.1007ドルから1.0986ドルに下落した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article