8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

IMF、ホンジュラス経済支援に8億3,000万ドルのスタッフレベル協定を締結

Must read

アメリカ

アメリカ IMF、ホンジュラス経済支援に8億3,000万ドルのスタッフレベル協定を締結© Reuters.FILE PHOTO:米ワシントンの本部ビルの外に見える国際通貨基金(IMF)のロゴ(2018年9月4日撮影)。REUTERS/Yuri Gripas/ファイル・フォト

(日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)は4日、ホンジュラスの経済改革政策を支援するため、約8億3000万ドル(約36カ月)の融資枠についてスタッフレベルで合意したと発表した。

IMFは声明の中で、この経済プログラムは、マクロ経済の安定を維持しつつ、緊急の社会支出や投資ニーズへの対応を支援することに重点を置いていると述べた。クレジット・ファシリティは、借り手と貸し手の間の契約で、従来の融資よりも柔軟性がある。

今回の合意は、6月5日から16日にかけてのIMFチームによるホンジュラス訪問と、ここ数週間の仮想協議に続くものであると、IMFは付け加えた。

「ホンジュラス経済は、パンデミック、天候不順(熱帯性暴風雨や干ばつ)、ウクライナ戦争の影響、世界的な景気減速など、内外のいくつかのショックに対して、驚くほど回復力を維持してきた」と声明は示した。

しかしながら、ホンジュラスは引き続き長年の社会的・構造的課題に直面しており、これらの課題に対処するためには、”経済の多様化と社会的包摂を促進する構造改革の着実な実施(と)”が必要であるとしている。

ホンジュラスのエンリケ・レイナ外相は、ソーシャルメディア・プラットフォームX(旧ツイッター)において、この合意を歓迎し、このニュースは “ホンジュラスの財政、金融、経済の健全性 “を示すものであると投稿した。

この合意は、IMFの拡大基金ファシリティー(EFF)と拡大信用ファシリティー(ECF)に該当し、まだ理事会によって承認されていない。

公式データによると、中米の経済は昨年4%拡大し、政府は今年の国内総生産(GDP)成長率を3.5%から4.0%と予測している。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article