8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

今日の株式市場ウォール街は経済成長と利益増加を背景に上昇

Must read

バンコク — アジア株は金曜日にまちまちとなった。 日本 国債購入政策を調整したが、マイナス基準金利は据え置いた。

東京とシドニーは下落し、香港と上海は上昇した。米国先物は下げ、原油価格は下落した。

日本の中央銀行は、基準金利をマイナス0.1%に据え置くことを選択したが、より柔軟性を持たせるために債券購入を微調整した。

日本銀行は、経済と物価の不確実性が極めて高いため、以前の政策よりも機動的なアプローチが必要だと述べた。日銀は、「イールドカーブ・コントロール・プログラム」の下で課せられていた上限0.5%の代わりに、毎営業日1%の10年物国債の購入を提案すると述べた。

長期金利をゼロ%近辺に維持することが目的であることに変わりはないという。

金曜日の発表前、日本の市場は動揺した。その後、東京の日経平均は2.2%下落し、32,144.47となった。ドルは対円で弱含み、139.49円から138.58円まで下落した。

オーストラリアのS&P/ASX200は0.4%下落の6,870.58、香港のハンセンは0.9%上昇の19,814.76。ソウルのコスピは0.4%減の2,593.98。

インドとタイの市場は祝日のため休場。

木曜日、欧州中央銀行(ECB)が利上げを実施し、更なる利上げの可能性については未回答としたことから、欧州の株価は上昇した。フランスのCAC40は2.1%上昇し、ドイツのDAXは1.7%上昇した。

しかし、S&P500種株価指数は午前中に約16ヶ月ぶりの高値をつけた後、0.6%安の4,537.41まで下落した。ダウ平均も序盤の上昇から一転して下落し、0.7%安の35,282.72となった。ナスダック総合株価指数は0.5%下落し、14,050.11で終わった。

ハネウェル・インターナショナルは、アナリストの予想を上回る春の利益を発表したにもかかわらず、市場の重荷となった。収益がアナリストの予想を下回り、今四半期の収益予想も下回ったため、5.7%下落した。

ウォール・ストリートの下落は、ダウが13日連続で上昇した好調な動きに歯止めをかけた。木曜日の朝には125ポイントも上昇し、1897年に樹立された連勝記録に並ぶ勢いだったが、勢いがなくなった。

株価は、米連邦準備制度理事会(FRB)が、以前は長丁場の賭けのように思われた、景気後退を招くことなく利上げを成功させ、高インフレを引き下げることができるという期待から、急騰している。

しかし批評家たちは、市場の急激な上昇のスピードは速すぎるし、経済の「ソフトランディング」についてのコンセンサスが高まっているように見えるが、それは確実なものではないと述べている。

木曜日に発表された経済に関する報道は、そのほとんどが勇気づけられるものだったが、インフレへの圧力を高め続ける可能性もある。特に雇用市場に関する強いデータは、米国の家計が支出を続けることを意味し、企業の値上げを促す可能性がある。その結果、米連邦準備制度理事会(FRB)は金利を予想以上に引き上げ、景気後退の危機を回避する可能性がある。

ある試算によれば、経済全体の成長率は春に加速した。これは、今年の最初の3ヶ月から減速すると予想していたエコノミストたちの予測を簡単に上回った。また、4月から6月にかけてのインフレ率は予想ほど高くなかったという。

別のレポートによると、先週失業手当を申請した労働者は少なかった。これは、雇用市場が依然として極めて堅調であることを示す最新の結果であり、また3つ目の報告によると、長持ちする製造財の受注は先月予想以上に増加した。

米連邦準備制度理事会(FRB)は水曜日、インフレ率を引き下げることを期待して、フェデラル・ファンド(FF)金利を20年以上ぶりの高水準に引き上げた。高金利は、経済全体を鈍化させ、株やその他の投資の価格に打撃を与えることで機能する。

金曜日の他の取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、米国の指標原油は35セント安の1バレル79.73ドルとなった。木曜日は1.31ドル高の80.09ドルだった。

国際取引の価格決定基準となるブレント原油は、49セント安の1バレル83.30ドル。

ユーロは1.0965ドルから1.0963ドルに下落した。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article