6.9 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

英中小企業の持続可能性を阻む財務上の障壁を明らかにした最新報告書

Must read

ビジネス情報

ビジネス情報 本棚の本
前進しようという情熱にもかかわらず、持続可能性の目標を達成したと主張する中小企業はわずか13%にすぎない。ティモシー・A・クラリー/AFP

サステナビリティは、英国のビジネスセクターにおける中小企業(SME)の行動や戦略を推進する強力な要因であることが判明した。

環境責任を求める世界の声が大きくなり、文化的な期待が高まるにつれて、これらの企業は著しい変貌を遂げている。最近の報告書では、英国の中小企業経営者の4分の3以上(78%)が、持続可能性を事業戦略の要としていることが明らかになった。

しかし、この熱烈なコミットメントは、「グリーン」なビジネス・インフラを導入するための法外なコストという課題を突きつけ、その行く手を阻んでいる。

この洞察は、英国の中小企業経営者1,000人以上を対象としたSME Insights Reportから得られたものである。半数以上(57%)の中小企業にとって、持続可能性への取り組みの足かせとなっているのは、金銭的なコストである。

しかし、経済的な制約だけが足かせになっているわけではなく、様々な要因が重なっている。持続可能なソリューションに対する顧客の関心の低さ(16%)、時間の不足(26%)、専門知識や経験の不足(25%)も、その目標に影響を与えるものとして挙げられている。

前進しようという情熱にもかかわらず、持続可能性の目標を達成したと主張する中小企業はわずか13%しかいない。この目標を達成するために、費用対効果を維持するために、不本意ながら環境対策に妥協せざるを得なかった企業もある。

ノーサンプトンシャーを拠点とする契約大工のテイラー・ラッター氏はこう語る:「私の仕事に持続可能性を加えることは、将来、より多くの仕事を得るために間違いなく役立つでしょう」。

しかし彼は、バンを電気自動車に切り替えるなど、重要な設備をアップグレードするためのコストが、迫り来る課題であることを率直に認めた。初期費用、充電インフラ、旅行計画のロジスティクス、メンテナンス費用、さらには電気自動車に対応するための潜在的な調整といった要素が、この移行を困難なものにしている。

自分のような自営業者の立場から言うと、事業の持続可能性を確保するための抜本的な変革は、しばしば遠い夢のように感じられるとラッター氏は断言する。彼は、現在の経済情勢では必要不可欠なものでさえ買うのが困難であることを嘆き、次のように述べた。 サステナビリティある程度は贅沢品である。

サステイナブルな衣料品ブランド、Y.O.U. undies(ワイ・オー・ユー・アンディーズ)の立役者であるサラ・ジョーダンも、同様の感想を述べた。彼女は、「小規模で持続可能なビジネスをするのは大変なこと」だと考えている。

彼女は、出発点として、コストは全体的にかなり高いと指摘した。

責任ある調達から透明な調達へ サプライチェーンジョーダンは、持続可能性に向けた一歩一歩が利益を圧迫し、収益性に直接影響すると説明した。

「そして、顧客はプレッシャーを感じており、価格への期待も高い。

しかし彼女は、消費者から肯定的なフィードバックを受け、企業が変化をもたらしているのを目の当たりにすると、信じられないほど勇気づけられると述べた。

持続可能性の問題とは別に、報告書では、このセクターにおけるさらなる課題も見つかっている。中小企業経営者のほぼ半数(48%)が、生活費の増大が最も大きな課題であると考えている。同報告書では、半数以上(63%)が、税金、金利、インフレの上昇が事業利益を蝕んでいると考えていることが明らかになった。中小企業経営者の4分の1(26%)は、自社の予後が改善されなければ廃業を余儀なくされるかもしれないと懸念しており、これは英国経済に打撃を与えかねない。

シンプリー・ビジネスの英国CEOであるアラン・トーマス氏は、2030年までに英国経済の温室効果ガス排出量を削減し、2050年までにネット・ゼロを達成するという英国政府の野心的な気候変動公約を認めた。しかしトーマス氏は、SME Insights Reportの調査結果から、中小企業の経営者は、より持続可能な慣行を経営に取り入れることがますます難しくなっていることがわかったと述べた。

トーマス氏はさらに、560万社の中小企業からなる英国の繁栄は、国内の全企業の99.9%以上に貢献し、経済を大きく支えていると強調した。このことを踏まえ、トーマスは、これらの中小企業は英国が持続可能性の目標を追求する上で極めて重要な役割を担っていると指摘した。それにもかかわらず、トーマス氏は政府の介入を促し、これらの企業が障害を乗り越え、より環境に優しい方向に移行できるようにするためには、具体的な支援が不可欠であると主張した。

英国政府が2030年と2050年の野心的な持続可能性のマイルストーン達成に真摯に取り組むのであれば、トーマスが主張したように、中小企業の役割、中小企業が直面する課題、中小企業に必要な個別支援に鋭い目を向けることが極めて重要である。

英国の持続可能性の旅の運命は、こうした起業家的な力の運命と本質的に結びついている、とトーマスは結論づけた。

Copyright IBTimes 2023.無断複写・転載を禁じます。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article