15.4 C
Tokyo
2024年 4月 24日 水曜日

米小売売上高を受け、米ドル/円は横ばいで推移、依然として145.00より上で推移

Must read

ビジネス情報

  • 米ドル/円、安値145.10をつけた後、145.55付近で中立的な取引。
  • 米小売売上高は好調な結果となり、市場は11月のFRBによる利上げに賭けた。
  • 金融政策の乖離は、堅調なGDPデータの恩恵を受けられなかった日本円に重くのしかかる。

火曜日に 米ドル/円 米ドル/円 は、米ドルが堅調に推移する中、横ばいで推移した。一方、日本銀行(BOJ)の極端なハト派的スタンスや、日本銀行(BOJ)の政策金利の低下により、日本円は引き続き弱含みで推移している。 金融政策 乖離している。

米小売売上高ヘッドライン売上高は前月比0.7%増と予想の0.4%増を上回り、自動車部門を除いた売上高も予想の0.4%増に対し1%増と好調だった。

米連邦準備制度理事会(FRB)の次回会合については、市場では9月の利上げは見送られるとの見方が優勢だ。しかし、11月に25ベーシス・ポイントの利上げが実施される可能性は、ピーク時の約40%に達している。とはいえ、現在の焦点は水曜日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)に移っており、投資家はフォワードガイダンスにヒントを求め、当局者の立場を明確に見極めようとしている。

国内総生産(GDP)が好調な結果を示したにもかかわらず、日本円は弱い値動きを続けている。 火曜日に発表された第2四半期の経済成長率は前期比1.5%増、年率換算で6%増となった。明るい材料としては、日銀が為替相場の下落を食い止めるために介入を行う可能性があるとの観測が、円にとって唯一の希望となっている。

ビジネス情報
米ドル/円の注目レベル

日足チャートのテクニカル分析は、短期的な米ドル/円の強気な見方を支持している。相対力指数(RSI)は、ミッドライン上で良好なポジションを維持し、上昇傾向を示しています。さらに、移動平均収束ダイバージェンス(MACD)は緑色のバーを示しており、強気の勢いが強まっていることを裏付けている。さらに、同ペアは20,100,200日SMAを上回っており、強気派が大局をしっかりと掌握していることを示唆している。

サポートレベル:145.00, 144.70, 144.00.
レジスタンス・レベル: 145.70、146.00、146.50.

ビジネス情報 米ドル/円 日足チャート

本ページに掲載されている情報には、リスクや不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性に関していかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤謬、脱漏または損失、傷害もしくは損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

著者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article