14.9 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

なぜ和平交渉はあっても平和はないのか?

Must read

ウクライナ戦争

フォーリン・アフェアーズ

米国は真剣な交渉を妨げ、ウクライナ戦争を長引かせている

ウクライナ戦争 ウクライナ・ロシア紛争

(写真:OLEKSII FILIPPOV/AFP via Getty Images)

2022年2月24日のロシアの侵攻から数週間後、ロシアとウクライナは平和的解決のための交渉を3回にわたって行った。それらの交渉にはいくつかの重要な共通点があった。3つとも、ウクライナのインフラが壊滅的な打撃を受け、ウクライナ人が大量に命を失い、歯止めなくエスカレートする危険性が高まる前に戦争を終結させることができた。3つとも、ウクライナがNATOに加盟しないことを申し出ていた。そして3つとも米国が阻止した。

ウクライナ戦争 最初の会談ベラルーシ

侵攻を開始した翌日の2月25日、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領はすでに シグナルを発していた。 ゼレンスキーは、ウクライナがNATO加盟を目指すことを断念する用意があることを示唆した。ゼレンスキーは、モスクワとの中立と安全保障の交渉を恐れないと表明した。この譲歩は、ウクライナとロシア双方の目標が達成され、外交的解決によって戦争が終結する可能性があるという最初の兆候だった。

ゼレンスキーの譲歩には多くの動機があったと思われる。第一は、侵攻の威力そのものであった。もうひとつは、NATOがウクライナの加盟要求を認める可能性がないことを受け入れたことだった。開戦2日目の2月26日、 ゼレンスキーは次のように答えた。 我々はロシアと話すことを恐れていない。我々はロシアと話すことを恐れていない。中立の地位について話すことも恐れない。私たちは今、NATOに加盟していない……この侵略の終結について話し合う必要がある。停戦について話し合う必要がある」。

ウクライナの大統領顧問であるMykhailo Podolyak氏も、「ウクライナは平和を望んでおり、NATOに関する中立的な立場を含め、ロシアとの話し合いの用意がある」と述べた。彼は次のように語った。 ロイター会談が可能なら、開催されるべきだ。もしモスクワで、中立的な立場を含めて会談を行いたいと言うのであれば、我々はそれを恐れているわけではない。それについても話し合うことができる」と述べた。

しかし、ゼレンスキーは 挫折した NATO:”私は彼らに尋ねた-あなたは我々の仲間か?”ゼレンスキーは2月25日に言った。「彼らは我々と一緒にいると答えたが、彼らは我々を同盟に入れたくないのだ。ウクライナがNATOに入るかどうか、ヨーロッパの27人の指導者に直接尋ねたが、全員が恐れており、答えなかった」。

開戦からわずか3日後の2月27日、ロシアとウクライナは 発表した。 ベラルーシで会談を行うと発表した。ウクライナの代表団は中立交渉に応じる意向で臨んだ。ゼレンスキーは、「我々は、ウクライナ代表団がロシア代表団と前提条件なしに会談することで合意した」と述べた。心強いことに 第2回 ラウンド協議.この会談は3月3日、ベラルーシとウクライナの国境にあるベラルーシで行われた。

しかし、ウクライナは中立と「この侵略の終結」について話し合おうとしていたが、アメリカはそうではなかった。2月25日、ゼレンスキーが「ロシアと話すことを恐れていない」、「中立の地位について話すことを恐れていない」と述べた同じ日、国務省のネッド・プライス報道官は、ある会合で質問された。 プレス カンファレンス米国は、このような会談の有効性についてどう考えているのですか?記者はベラルーシ会談について具体的に尋ねており、それを「ベラルーシの首都ミンスクで行われているロシアとウクライナの会談」と呼んでいた。プライスはこう答えた。「今、私たちは、モスクワが外交を銃口で、あるいはモスクワのロケット砲、迫撃砲、大砲がウクライナの人々を標的にすることで行おうと提案しているのを目の当たりにしている。これは本当の外交ではない。それは真の外交の条件ではない」。アメリカはベラルーシの会談にノーと言った。

2021年12月17日、ウクライナ侵攻のわずか2カ月前、ロシアは次のように述べた。 を配信した。 米国とNATOの双方に安全保障に関する提案を提出した。その主な要求には、ウクライナへのNATOの拡大、ウクライナへの武器や軍隊の配備の禁止が含まれていた。1月26日、米国とNATOは、ウクライナがNATOに加盟しないことを書面で保証するというロシアの本質的な要求を拒否した。アントニー・ブリンケン国務長官の顧問であるデレク・チョレは、次のように述べている。明かした。 米国はモスクワに対し、NATOのウクライナ進出の交渉はテーブルにも上がらなかったと語った。プーチン 単に 発言 「ロシアの基本的な懸念は無視された。

ロシアの公式回答は2022年2月17日に出された。それは 曰く 米国とNATOはロシアの重要な要求に対して「建設的な回答は何もしていない」と述べた。そして、もしアメリカとNATOがロシアの安全保障に関する「法的拘束力のある保証」を提供することを拒否し続けるなら、ロシアは「軍事技術的手段」で対応するだろうと付け加えた。

1週間後の侵攻は、ウクライナがNATOに加盟しないという保証を提供することを米国が拒否したことに対する、ロシアの約束された軍事技術的対応であった。もし侵攻が、ロシアがワシントンから得ることができなかったNATOに加盟しないという約束をキエフから引き出させることを目的とした速攻を意図したものであったなら、その意図は開戦の最初の週にベラルーシで達成できたはずである。しかし、アメリカはそれを阻止した。

ウクライナ戦争 第2回会談ベネット

回目の交渉で、あるパターンが明らかになった。戦争を終結させるチャンスとウクライナからの中立の申し出が再びあったのだ。米国の妨害は、ベラルーシでの第1回交渉の状況から生まれた孤立した出来事ではなく、むしろ政策であった。

3月6日、ベラルーシで2回目の交渉が終了した数日後、イスラエルのメディアは次のように報じた。 は次のように報じた。 ナフタリ・ベネット首相(当時)がモスクワを突然訪問し、プーチンと会談して調停を試みたと報じた。プーチンに会った後、ベネットはゼレンスキーと2度にわたって話をした。ベネット首相はエマニュエル・マクロン仏大統領とも会談し、ドイツに飛んでオラフ・ショルツ独首相とも会談した。

当時、会談の詳細はほとんど明らかにされていなかった。しかし インタビュー2023年2月2日、ベネットは、何が合意されたのか、会談がどの程度成功に近づいたのか、そして何が起こったのかについて詳細を明らかにした。ベネットによれば、”ゼレンスキーがプーチンに接触するよう要請を始めた”。ベネットは、”ゼレンスキーが私に電話をかけてきて、プーチンに接触するよう依頼した “と述べた。そして、ベネットは「双方の信頼を得ている」「私はプーチンの耳を持っている。私はパイプ役になれる”

これらの会話によって、ベネットとプーチン、ベネットとゼレンスキーの間で一連の往復電話が始まった。ベネットはその後、プーチンとの会談のためにモスクワに飛び、ショルツとの会談のためにドイツに飛んだ。草案の交渉マラソン」が続いた。

「私がしたことはすべて、バイデン、マクロン、ジョンソン、ショルツ、そしてもちろんゼレンスキーと完全に調整されていた」とベネットは言う。

ベネットによれば、アメリカは彼に「成功の見込みはない」と言ったが、プーチンは彼に「停戦は可能だ」と言ったという。その停戦を実現するために、プーチンは “大きな譲歩 “をしたとベネットは言う。ベネットがプーチンにゼレンスキーを殺すのかと尋ねると、プーチンは “ゼレンスキーは殺さない “と答えた。プーチンはまた、ロシアが要求していた “ウクライナの武装解除 “を “放棄 “した。

ゼレンスキーも “大きな譲歩 “をした。ベネットによれば、プーチンはNATOの拡張に関する西側の約束破りに不満を漏らし、ベネットに “NATOに参加しないと言ってくれれば侵略はしない “とゼレンスキーにメッセージを伝えるように言ったという。ベネットによれば、”ゼレンスキーはNATO入りを断念した “という。

NATOに加盟しないと約束したゼレンスキーは、安全保障を求めた。プーチンは、大国との安全保障協定はNATO加盟と同じだと考えていた。ベネットは、NATOのような保証を放棄し、ウクライナが「イスラエル・モデル」を採用し、自国を防衛できる強力で独立した軍隊を創設することを提案した。この解決策はプーチンもゼレンスキーも受け入れた。

これらの約束を勝ち取ったベネットはドイツに飛び、ショルツ、アメリカ人、マクロン、ジョンソンに最新情報を提供した。「ボリス・ジョンソンは攻撃的な路線をとった。マクロンとショルツはより現実的だった。バイデンはその両方だった」。ベネットは “停戦に達する可能性は十分にあった “と述べた。しかし、ベラルーシで初めて明らかになったアメリカの妨害パターンは続いた。ベネットは、西側諸国は “プーチンを攻撃し続ける “という決断を下した、と言う。

「では、彼らはそれを阻止したのですか」とインタビュアーが尋ねた。「彼らは阻止した」とベネットは答えた。私的な会話で何が語られたかについての彼の説明は、ウクライナの高官による当時の証言と矛盾している。不満ベネットはわれわれに降伏を提案してきた」と不満を漏らし、ウクライナの声明が世間向けのものであったことを示唆した。”会談の詳細に詳しい “情報源曰く当時、ゼレンスキーはこの提案を “困難 “だが “不可能 “ではなく、”双方の隔たりは大きくない “と考えていた。

ジャーナリスト、バラク・ラビッド 報告ロシアの譲歩には、非武装化をドンバス地方に限定すること、キエフでの政権交代を行わないこと、ウクライナが主権を維持できることなどが含まれていると「アクシオス」は報じた。ゼレンスキーは、NATO加盟について「冷静になった」と述べ、プーチンの提案は「予想されたほど極端ではない」と判断したという。

ベラルーシと同様、NATOに加盟しない譲歩と和平のチャンスは、アメリカによって「阻止」された。

ウクライナ戦争 第3回会談イスタンブール

次に、2022年の3月から4月初めにかけて、交渉の努力はイスタンブールに移った。トルコは仲介役として有望な候補だった。トルコはロシアと関係があり、戦争が始まるとその関係を断ち切ることを拒否した。トルコはウクライナとも関係があり、戦争前にウクライナ軍がドンバス東部国境に集結した際に武装していた無人機はトルコから供給されたものだった。

トルコとの会談は、最も実りある会談であった。暫定的に 合意” 和解に合意した。

3月20日までに、ゼレンスキーはNATOのウクライナへの門戸開放が手品であることを受け入れたようだった。彼は 彼はCNNのインタビュアーによれば、彼は個人的にNATO加盟国の指導者たちに、「1年後か2年後か5年後に、あなたたちをNATOに受け入れるつもりだと、直接はっきり言ってください。NATO加盟国になるつもりはないが、公的にはドアは開いている。

3月末のイスタンブール会談で、ゼレンスキーはその認識に基づいて行動し、NATOに加盟しないという約束を申し出た。3月29日、ウクライナの交渉担当者は、キエフは次のように述べた。 する用意があると述べた。 受け入れる 中立 国際協定のもとで、米国、フランス、英国などの西側諸国が拘束力のある安全保障を提供した場合。

で書いている。 フォーリン・アフェアーズフィオナ・ヒル、アンジェラ・ステント 報告 と報告している 、

我々が取材した複数の元米高官によると、2022年4月、ロシアとウクライナの交渉担当者は、交渉による暫定的な解決策の概要で暫定的に合意したようだ:ロシアはドンバス地方の一部とクリミア全土を支配していた2月23日の地位まで撤退し、それと引き換えにウクライナはNATO加盟を求めず、代わりに多くの国から安全保障を受けることを約束する。

プーチンは最近、合意の詳細を明らかにした。2023年6月13日、クレムリンで戦争特派員からの質問を受けたプーチンは、次のように述べた。 を確認した。イスタンブールで合意に達した」ことを確認した。プーチンはその後、暫定合意が単なる口頭の合意ではなかったという、これまで発表されていなかった詳細を明らかにした。署名入りの文書を作成するまでに至っていたのだ:「彼の名前を覚えていないので間違っているかもしれないが、アラカミア氏はイスタンブールでウクライナの交渉団を率いていたと思う。彼はこの文書にイニシャルまで入れています」。ロシアもこの文書に署名した:「イスタンブールでの会談で、我々はこの文書にイニシャルを入れた。イスタンブールでの会談で、私たちはこの文書にイニシャルを入れた。私たちは長い間議論し、そこで頭をぶつけたりしたが、この文書は非常に分厚く、私たち側のメディンスキーとウクライナ側の交渉団長がイニシャルを入れた」。

2日後の6月17日、プーチンはさらに踏み込んだ。再び和平交渉の仲介を試みるアフリカ諸国の指導者代表団との会談で、プーチンはイニシャル入りの協定案を提示した。その文書を掲げて、プーチンはこう言った。 こう言った。 ,

という事実に注目していただきたい。 [Turkish] 大統領 [Tayyip] ご承知のように、エルドアン大統領の援助により、ロシアとウクライナの間で一連の協議がトルコで行われ、ご指摘の信頼醸成措置と協定文の作成が行われました。私たちはウクライナ側と、この条約が機密扱いになるとは話し合いませんでしたが、それを提示したこともなければ、それについてコメントしたこともありません。この協定草案には、キエフの交渉団長がイニシャルを入れた。彼はそこにサインをした。これがそれだ。

ウクライナの永世中立と安全保障に関する条約」と題されたこの協定は、ウクライナが「永世中立」を憲法の特徴とすると述べていた。それによると 報道 ロシアの国営メディアであるRTの報道によれば、「ロシア、アメリカ、イギリス、中国、フランスが保証国として挙げられている」とのことで、これが正確であれば、プーチンがベネットに答えた「大国との安全保障協定はNATOに加盟するのと同じことだ」という言葉を軟化させたものと思われる。

ベネット交渉と同様に、ロシアはウクライナの完全な非軍事化の要求を放棄したと伝えられているが、ウクライナの軍隊の規模や戦車、航空機、ロケットランチャーの数の上限に関するロシアとウクライナの提案にはまだ隔たりがあった。

しかしその後、米国の妨害が再び起こった。「プーチンは に語った。 戦争 特派員クレムリンで、”しかし、彼らは単に後でそれを捨てた、それだけだ”。プーチンはアフリカ代表団にこう語った。 次のように述べた。 私たちが約束通りキエフから軍を撤退させた後、キエフ当局は……投げやりになった。 [their commitments] を歴史のゴミ箱に捨てた。彼らはすべてを放棄した」。プーチンは暗に米国を非難し、ウクライナの利益が米国の利益と「一致しない」場合、「結局は米国の利益の問題だ。我々は、彼らが問題解決のカギを握っていることを知っている」。

暫定合意とウクライナがNATOに加盟しないと約束したことについてのプーチンの説明は、次のように確認された。 フォーリン・アフェアーズ トルコのメヴルット・カヴソグル外相が、「米国が交渉による解決を止めた」と主張していることが確認された。トルコ外相メヴルット・カヴソグル 次のように述べた。この会談のおかげで、「トルコはロシアとウクライナの戦争が長く続くとは思っていなかった。しかし、彼は 曰くNATOの中にも戦争の継続を望む国がある。”NATO外相会議の後、彼は説明した。” “NATO加盟国の中には、…戦争を継続させ、戦争を継続させ、ロシアが弱体化することを望んでいる国々があるという印象だった。”

カヴソグルの証言は単独ではない。エルドアンの与党の副議長であるヌマン・クルトゥルムスも、同じような妨害と、より大きな目標の追求をほのめかしている。彼はこう語った。 CNNトルコ 大統領が両国の指導者と話し合っていることは知っている。ある問題では進展があり、最終的な地点に達したが、突然、戦争が加速していることがわかった…。誰かが戦争を終わらせまいとしている。米国は戦争の長期化を自国の利益とみなしている……この戦争の継続を望む者たちがいる……」。プーチン・ツェレンスキーは署名するつもりだったが、誰かが署名したくなかったのだ」。

米国は英国とともに、「NATO加盟国のうち、戦争継続を望む国」として署名した。[s] 戦争継続を望むNATO加盟国 “として加わった。4月9日、ボリス・ジョンソン英国首相(当時)はゼレンスキーを牽制するためにキエフに急行した、 主張ロシアのプーチン大統領は「交渉ではなく、圧力をかけるべきだ」と主張し、ウクライナがロシアと何らかの協定を結ぶ準備ができていたとしても、「西側諸国はそうではなかった」と述べた。

ウクライナ戦争 なぜ平和がないのか?

今日購読する

毎週Eメールを受信する

なぜ米英はゼレンスキーのサインを望まなかったのか?

国務省のネッド・プライス報道官は、2022年3月21日の記者ブリーフィングで、ゼレンスキーが「外交的解決に前向き」であることについて質問されたとき、次のように答えた。 交渉による戦争終結を否定した。たとえ交渉による解決がウクライナの目標に合致していたとしても。「これはロシアよりもウクライナよりも、いろいろな意味で大きな戦争だ」。米国は、ウクライナがキエフの目標を満たすロシアとの協定を交渉することを拒否し、より大きな米国の目標と “基本原則 “を追求するためにウクライナに圧力をかけて戦闘を継続させることを優先した。

戦争初期の数週間に3度にわたって、和平の可能性が現実のものとなる交渉が行われた。プーチンによれば、3回目には暫定的な合意が成立した。ウクライナがNATOに加盟しないことを毎回約束するなど、双方が「大きな譲歩」をした。しかし、そのたびにアメリカは外交的解決と和平の約束にストップをかけ、ウクライナではなくアメリカの利益を追求するために戦争を継続させ、エスカレートさせたようだ。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article