6.9 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

アジア市場はまちまち、米国のインフレ・データが予想より軟調だったため

Must read

2022年10月1日土曜日、東京・港区の夜の東京タワー(左)と商業ビル、住宅。カメラマン:Akio Kon/Bloomberg via Getty Images

ブルームバーグ|Bloomberg|ゲッティ イメージズ

金曜のアジア太平洋市場は、米国で発表されたインフレ・データが予想より軟調だったことから、労働市場を弱めることなくインフレが低下するとの楽観的な見方が強まり、上昇した。

米生産者物価指数は上昇 変動の激しい食品価格とエネルギー価格を除いたコアPPIは0.1%上昇したが、これも予想を下回った。

オーストラリアS&P/ASX 200 は0.78%上昇し、7,303.1で引けた。 政府は中央銀行のミシェル・ブロック副総裁を任命した。 現職のフィリップ・ロウ氏の後任として、ミシェル・ブロック副総裁がオーストラリア準備銀行の次期総裁に任命された。

日本では 日経平均 日経平均株価は小幅下落の32,391円で取引を終え、TOPIXも0.7%安の2,239.1円で取引を終えた。週足ベースでは、日経平均はほぼ横ばい、TOPIXは0.63%の下落となった。

韓国のコスピは1.43%上昇の2,628.30で引け、域内の上昇を主導した。コスダックは0.36%上昇の896.28で引けた。コスピは、2023年の高値2,641.16に迫っている。

香港の ハンセン指数 取引最終時間に0.21%上昇し、木曜日に見られた上昇を継続した。

中国本土では上海総合は3237.7と小幅に上昇した。深セン成分0.14%下落し、11,080.32で終了。

シンガポール経済、0.7%成長 の成長率を記録し、テクニカル・リセッション(景気後退)を回避した。第2四半期の経済成長率は ストレーツ・タイムズ指数 は発表後0.26%上昇した。

一夜明けた米国では、主要3指数すべてが4日連続の上昇を記録した。S&P 500ナスダック総合株価指数年ぶりの高値で取引を終えた。

S&P500種株価指数は0.85%上昇、S&P500種株価指数は0.85%上昇した。ダウ平均は0.14%上昇した。ダウ平均 は0.14%上昇した。 ナスダック総合が最も上昇し、1.58%上昇した。

– CNBCのHakyung KimとSamantha Subinがこのレポートに寄稿した。

インドのハイテク大手ウィプロの10億ドルのAI投資は大きな前進だとCFOが語る

インドのハイテク大手ウィプロ、人工知能への10億ドル投資計画について語る

のCFO、Jatin Dalal氏。 ウィプロインドのソフトウェア・サービス企業がA.I.に10億ドルを投資する最新の動きは、顧客により効率的なサービスを提供することを目的としていると述べた。

「新しい技術が進歩するたびに、我々は、より良い、より速く、より効率的な方法で顧客にサービスを提供することができるようになりました」とダラルは金曜日にCNBCの “Street Signs Asia “に語った。

10億ドルの投資は今後3年間に及び、ダラル氏はA.I.に費やされる資金が「上がることはあっても下がることはない」と指摘した。

ダラル氏はまた、A.I.が従業員にもたらす変化を軽視し、同社はスキルアップのための投資を継続するつもりだと述べた。

「我々は成長し続けるし、従業員はA.I.の新しい時代に参加することができる。

ウィプロは木曜日、6月に終了した四半期に純利益がほぼ12%増加したと発表したが、前四半期比では6.7%の減益となった。

– シャーメイン・ジェイコブ

世界のフィンテック資金調達、2023年上半期に約50%急減S&P

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのデータによると、2023年上半期のフィンテック新興企業への資金調達額は、世界全体で前年同期比49%減の230億ドルとなった。

2023年上半期のディール件数は1,178件で、前年同期から64%減少した。

一方、1億ドル以上の大型資金調達ラウンドは乏しく、2023年第1四半期は23件、2022年第2四半期は55件であったのに対し、2023年第2四半期はわずか9件であった、とS&Pは述べている。

3月のシリコンバレー・バンクの破綻は「投資家のリスク選好度を低下させた」とS&Pは述べている。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのフィンテック・リサーチ・アナリスト、サンパス・シャルマ・ナリャヌリ氏は、「ストライプの68億7000万ドル、アント・グループ傘下の15億ドル、PhonePeの8億5000万ドルという3つの大口案件が、2023年上半期のフィンテックの資金調達環境の悪化を覆い隠した」と述べた。

しかし、ナリヤヌリ氏は「ハイテク株の公開市場での評価の回復、金利の安定化、M&A活動の活発化」が2023年後半を押し上げると予想している。

– シーラ・チェン

国際通貨基金、中国の成長鈍化を指摘

国際通貨基金(IMF)は、輸出の鈍化や内需の減少に加え、民間投資の弱体化により、中国の成長が鈍化していると発表した。

同機関のスポークスマンは ジュリー・コザックはブリーフィングで次のように述べた。 中国の成長モメンタムは最近鈍化しており、その主な原因は予想を下回る民間投資である。

「中国の成長に関する全体的なイメージは、経済が減速しているものであり、それは我々が4月に出した予想と一致している」と述べ、中国に関する「更新された予想」がIMFの次回の世界経済見通しに反映されると指摘した。

– ジヘ・リー

バークレイズ、シンガポールの成長見通しを下方修正

バークレイズは、シンガポール政府が発表した最新の経済指標で、景気後退が僅差で回避されたことを受け、シンガポールの通年の国内総生産(GDP)成長率見通しを1.5%から1.0%に引き下げた。

「上半期のGDP成長率が前年同期比0.6%であったことから、2023年通年の予想を1.5%から1.0%にさらに引き下げる。

「製造業と地域の貿易活動の低迷(第3四半期には安定化の兆しが見える可能性がある)が今年の足かせになる可能性が高いが、サービス活動の回復が引き続き重要な相殺要因になると考えている。

タン氏は、シンガポール経済におけるサービス部門が最新の成長率の「アップサイド・サプライズの源泉」であり、製造部門で見られる継続的な落ち込みを相殺するものであると指摘した。

– ジヘ・リー

オーストラリア、ミシェル・ブロック氏を新中銀総裁に任命

オーストラリア財務省が金曜日に発表したところによると、オーストラリア準備銀行のミシェル・ブロック副総裁が中央銀行の新総裁に任命された。

ミシェル・ブロック副総裁は、9月17日に任期が終了する現職のフィリップ・ロウ総裁の後任となる。ジム・チャルマーズ財務相は、ブロック氏の起用について「卓越した経験と専門知識を提供し、新鮮なリーダーシップの視点を提供する最適なバランス」と説明した。

ブリック氏の就任により、RBAは副総裁のポストを空席とすることになるが、政府は今後数ヶ月でこれを埋めるとしている。

– リム・ホイジエ

シンガポール、テクニカル・リセッション回避、前年比0.7%成長

シンガポール経済はテクニカル・リセッションを回避 第2四半期のシンガポール経済は前年同期比0.7%増、前期比0.3%増となった、 事前予想を示した。

ロイターの世論調査では、エコノミストは前期比0.3%増、前年同期比0.6%増と予想した。

第1四半期のシンガポール経済は、季節調整済みベースで前期比0.4%縮小し、前年同期比では0.4%の微増となった。

– ジヘ・リー

FRBのウォラー氏、インフレ低下にはあと2回の利上げが必要と発言

米連邦準備制度理事会(FRB)のクリストファー・ウォラー総裁は、インフレ率を目標値まで引き下げるためには、あと2回の利上げが必要だと発言した。

木曜日にニューヨーク大学で開催されたイベントで、「私は、今年残り4回の会合で、インフレ率を目標に近づけるために、あと2回、25ベーシスポイントの利上げが必要だと考えている」と述べた。

同氏は、インフレ率の冷え込みを示した消費者物価指数の最新値を「歓迎すべき」ニュースだとしながらも、「1つのデータがトレンドを作るわけではない」と付け加えた。

「インフレが減速したと確信する前に、この改善が持続するのを見る必要がある。

– リー・ジヘ

CNBCプロ保守的」な資産を持つこの高利回り債券ファンドは、10%の配当を提供する

配当10%を提供する債券ファンドのファンドマネジャーは、近い将来、より広い範囲の経済について「信用の悪化」を予測している。

しかし、ポートフォリオ・マネジャーは、このファンドがそのようなシナリオに対して十分な態勢を整え、一方で市場に打ち勝つ収益を上げることを期待している。

現在2桁の利回りを提供している欧州の個人投資家向けファンドは数少ない。

CNBC Proの購読者はこちらで詳細を読むことができる。

– ガネッシュ・ラオ

CNBC Pro:「紛れもなく膨大な」機会:バンク・オブ・アメリカ、ジェネレーティブA.I.の世界的「勝者」を選出

バンク・オブ・アメリカは、ソフトウェア産業におけるAIの機会を「紛れもなく広大なもの」とし、この分野の欧州企業をランク付けした。

「私たちは、AIがソフトウェア業界にとって、生産性の向上とともに、価値提案の強化とデータの収益化を通じて潜在的な収益の向上をもたらす機会であると考えています。

CNBC Proの購読者はここで詳細を読むことができます。 .

– ルーシー・ハンドリー

生産者物価指数、予想を下回る上昇

卸売業者が商品に対して支払う金額を示す生産者物価指数は、6月に0.1%上昇した。ダウ・ジョーンズの世論調査では、エコノミストは0.2%の上昇を予想していた。変動しやすい食品とエネルギー価格を除いたコアPPIは0.1%の上昇で、これも予想を下回った。

– フレッド・インバート

S&P500、利上げ開始以来3%以上の上昇

FRBが2022年3月に利上げを開始して以来、S&P500種指数は3.3%上昇している。この動きは、中央銀行が景気を後退させることなくインフレを抑制する見通しをトレーダーが支持していることによる。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

内容を隠す

FRB利上げ開始以降のSPX

「2023年になって初めて、S&P500が年内にATHを記録する可能性が出てきたと思うかどうか、現在複数の顧客から質問を受けている。と、ゴールドマン・サックスのジョン・フラッドは水曜日のメモに書いている。

– フレッド・インバート

セントルイス連銀のブラード氏が退任

セントルイス連邦準備制度理事会(FRB)は木曜日ジム・ブラード氏が8月14日付けで総裁を辞任することを発表した。

同行は、ブラード氏が8月15日付でパデュー大学ミッチェル・E・ダニエルズJr.ビジネススクールの学部長に就任するとのこと。また、ブラード氏は「連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)における金融政策の役割や、その他の関連業務から身を引き、公の場での講演をすべて中止した」と付け加えた。

「ブラード氏は声明の中で、「過去15年間の総裁職を含め、過去33年間セントルイス連銀の一員であったことは特権であり、名誉でもあった。「また、連邦準備制度全体にわたって、献身的で刺激的な同僚たちとともに働けたことにも感謝している。

ブラード氏は今年の政策決定委員会の投票メンバーではない。

– フレッド・インバート

木曜日の米国株式市場の上昇は幅広く深い

ファクトセットのデータによれば、木曜日のニューヨーク証券取引所では、1銘柄の下落に対してほぼ2.4銘柄が上昇しており、出来高は上昇71%に対し、下落は29%以下である。ニューヨーク証券取引所の新高値銘柄は167に対し、新安値銘柄はわずか11。

ナスダック株式市場では、ほぼ2銘柄が上昇し、1銘柄が下降、出来高は73%弱で、27%弱の下降を大きく上回っている。ナスダックの新高値は256で、新安値はわずか52。

– スコット・シュニッパー

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article