23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

他にはない1年:女王の葬儀、激化するウクライナ戦争、アルゼンチンW杯の英雄リオネル・メッシなど、過去12ヶ月の写真がフォトコンテストの投票開始とともに特集される。

Must read

ウクライナ戦争

女王の葬儀、ウクライナでの戦争、英国の異常気象など、他に類を見ない1年が写真に収められた。

毎年恒例のUKピクチャー・エディターズ・ギルド・アワードは、昨年を捉えた素晴らしい写真数点を最終選考に残した。

13のカテゴリーがある:アート&エンターテインメント・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、スポーツ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、ポートレート・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、ニュース・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、リージョナル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、ヤング・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、フォトグラフ・オブ・ザ・イヤー、スチューデント・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、 シティ・アンド・インダストリーフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー、全国紙フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーロイヤル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーUKPGフォトエッセイUKPG Press photographer of the Yearを受賞。

この名誉ある賞は、イギリス諸島を拠点とする報道写真家が応募できる。すべての部門において、写真は2022年1月1日から2022年12月31日の間に撮影されたものでなければならない。

受賞者の投票は9月5日まで受け付けている。受賞者は10月16日に発表される。

以下は、2022年に英国を、そして世界を感動させた出来事を捉えた、最終選考に残った写真の一部である。

2022年3月25日、大雨の中、バハマのシビル・ストラチャン小学校に到着した皇太子夫妻。サミール・フセインが撮影したこの素晴らしい写真は、英国写真編集者組合賞2023のレキサー・ロイヤル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー部門の最終選考に残った。

この写真は、2022年9月19日、聖ジョージ礼拝堂での告別式のためにウィンザー城に到着したエリザベス女王2世の棺がロングウォークを進む儀式の行列を撮影したもの。アーロン・チャウンはこの歴史的な写真を撮影し、同部門の最終選考に残った。

サミール・フセインが撮影したもう1枚の候補写真には、昨年5月13日に開催されたロイヤル・ウィンザー・ホース・ショーに出席したエリザベス2世が写っている。このショーは、故女王が1年で最も好きだったイベントのひとつだった。サングラスをかけ、ピンクの口紅をつけ、白いブラウスに濃い色のカーディガンというカジュアルな服装の女王は、プラチナ・ジュビリーの公式行事の幕開けとなったこのショーで、愛馬バルモラル・レイアの競技を観戦しながら、健康で元気そうだった。故女王の写真は、レキサー・ロイヤル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考にも残った。

昨年の印象的な瞬間のひとつは、6月21日にブダペストで開催された2022年世界水泳選手権大会の女子ソロ・フリー・アーティスティックスイミング決勝で失神したアメリカのアニタ・アルバレスを、アメリカのコーチであるアンドレア・フエンテス(右)がプールの底に潜って救出したことだった。オーリー・スカーフが撮影したこの写真は、キヤノン・スポーツ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

デイリー・テレグラフ紙のジュリアン・シモンズが撮影したこの写真は、昨年2月25日、戦争2日目にハリコフ市北部を防衛するウクライナ兵を狐穴の中で撮影したものである。この写真は、フィクセーション・ニュース・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

エイドリアン・デニスは、2022年6月1日に行われたイタリア対アルゼンチンの国際親善試合 “FINALISSIMA “で、勝利を祝ってチームメイトに胴上げされるリオネル・メッシを撮影した。この写真は、キヤノン・スポーツ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

この衝撃的な写真は、『タイムズ』紙のジャック・ヒルが撮影したもので、彼女のアパートがロシア軍によって砲撃され負傷した後、ハリコフの主要総合病院に入院しているイェレナ・ブラインチェンコを撮影したものである。この写真はFleet StreetsのFinest Photo Essay Photographer of the Year部門の最終選考に残った作品のひとつである。

写真のラクダ・パトロール・ドーハは、2022年カタール・ワールドカップのコーニッシュとスーク・ワキフの近くにいた。この印象的な写真は、デイリー・テレグラフ紙のエディ・マルホランドが撮影したもので、UK Picture Editors Guild Awards 2023のSony National Newspaper Photographer of the Year部門の最終選考に残っている。

もうひとつ印象的だったのは、リヴァプールFCが今シーズンの活躍を支えてくれたファンに感謝するため、市内をパレードしたときのことだ。この写真は、『タイムズ』紙のジェームス・グロソップが撮影したもので、同アワードのソニー・ナショナル・ニュースペーパー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー部門にノミネートされている。

この芸術的な写真は、リーズ・グランド・シアターで上演されたノーザン・バレエの『カサノヴァ』のマチネーを、タイムズ紙のジェームス・グロソップが撮影したもの。Dave Benettアート&エンターテイメント・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

グレイザー・ファミリーによるクラブ所有に反対する抗議行動中、マンチェスター・ユナイテッドのファンを逮捕する警察官の写真。この写真はライアン・ジェンキンソンが撮影したもので、ヤング・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

タイムズ』紙のジェームス・グロソップが撮影したこのカラフルな写真は、モデルでウェイクフィールド在住のシャバナ・ラハーが、市のルバーブ・フェスティバルを宣伝するためにルバーブまみれのポーズを取っているところ。この写真は、ポートレート・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

この力強い写真は、リバプールの聖ルカ教会の階段で行われた戦争犠牲者のための追悼集会で、ウクライナの国旗を持つ一般市民を写したもの。グロスターシャー大学のAnnabel Lee-Ellisが撮影したこの写真は、UK Picture Editors Guild Awards 2023のNikon Student Photographer of the Year部門の最終選考に残った。

ヨークシャー・ポスト紙のトニー・ジョンソンが、昨年12月18日にハロゲートの英連邦戦没者墓地委員会のストーンフォール墓地で開催されたキャンドルライト・クリスマス追悼行事で、SLt(SCC)ダン・ワイルディングRNRが最後のポストを演奏している写真を撮影し、ジェネシス・イメージングのリージョナル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終候補に残った。

2022年11月6日、世界体操選手権の男子平行棒予選で競技中のジェームズ・ホールを撮影したポール・エリスの写真が、キヤノン・スポーツ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終候補にノミネートされた。

Jeff J Mitchellが撮影したこの写真は、ウェストミンスター・ホールに横たわるエリザベス女王2世の国旗を掲げた棺を通り過ぎる人々の敬意を表している。故エリザベス女王の寝棺は、葬儀前の9月14日から9月19日まで弔問客のために開放された。この写真はFleet StreetsのFinest Photo Essay Photographer of the Year部門の最終選考に残った。

フリート・ストリート・ファイネスト・フォトエッセイ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーのもう1つの候補は、クリストファー・ファーロングによる写真である。この写真は、ダービーシャーのウッドヘッド貯水池の底を、夏の減水時に上から撮影したものである。

シェトランド・ヴァイキングスは、燃え盛る松明、歓声、そしてアップ・ヘリー・アーを祝う歌でグラスゴー・ロイヤル・コンサートホールの聴衆を歓迎し、セルティック・コネクションのオープニング・ウィークエンドを彩った。ジェーン・バーロウの写真は、デイブ・ベネットのアート&エンターテイメント・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

タイムズ紙のリチャード・ポーレが撮影した、ピクスの儀式における裁判の後、新しく鋳造された大きな記念金貨を手にするローブを着た陪審員の写真は、ビジネス・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー部門の最終候補にノミネートされた。

もうひとつの歴史的瞬間を捉えたのはジェームズ・マニングで、エリザベス女王の国葬後のセレモニアル・プロセッションで、インペリアル・ステート・クラウンとソヴリンのオーブとセプターとともにロイヤル・スタンダードをまとったエリザベス女王の棺を撮影した。この写真はヤング・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

コーンウォールのセント・ミシェル・マウントの背後に昇るハンターズ・ムーン。ファルマス大学のライアン・ジェンキンソンが撮影したこの印象的な写真は、ニコン・スチューデント・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

ビジネス・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーのもう1人の候補者は、ノース・ヨークシャーのリポン大聖堂の屋上で養蜂場の手入れをする養蜂家ジョー・プリーストリーを撮影したダニー・ローソンだ。

ジョーダン・ペティットが撮影した写真は、リチャード・ブッシュビーがケントのヒーバー城にある自身の裏庭に作った迷路ガーデンの手入れをしているところ。この写真はヤング・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

ノッティンガム・トレント大学のシン・ヘイ・イップは、ノッティンガムのオールド・マーケット広場で、暴風雨ユーニスによって裏返しになった歩行者の傘を撮影した。この写真は、ニコン・スチューデント・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

ジェフ・J・ミッチェルが撮影したこの気の遠くなるような写真は、8月にエディンバラ・フェスティバル・フリンジで開催されたアンダーベリーの打ち上げで、マキューアン・ホールでパフォーマンスするラ・クリークのアーティスト。この写真は、デイブ・ベネット・アーツ&エンターテイメント・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

ヨークシャー・ワイルドライフ・パークでダニー・ローソンは、獣医外科医マイケル・ロスウェルが、15歳の雌ライオンのジュリーの舌を抜き、呼吸を助けるチューブを挿入する前に、雌ライオンに “MOT “を施しているところを撮影した。この写真はジェネシス・イメージングのリージョナル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

チェルトナムフェスティバルの初日、コーラルカップ・ハンデキャップ・ハードルで、写真家マイク・エガートンによってグランロワに騎乗したデイヴィ・ラッセルの写真が撮影された。この写真はキヤノン・スポーツ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

強風と大潮がニューブライトンのプロムナードに打ち寄せる波を見ている男性と少年。クリストファー・ファーロングが撮影した。

Yorkshire Rocking Horsesのオーナーである職人Steven Bulcockは、Hebden Bridgeにある彼の工房にいる。ヨークシャー・ポスト紙のトニー・ジョンソンが撮影したこの写真は、ビジネス・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

Clodagh Kilcoyneが撮影したこの写真は、厳しい風の中、伝統的な元旦の海水浴に参加するために飛び込む前に、Blackrockのダイビング・タワーから下を見下ろす男性を撮影したものである。この写真はジェネシス・イメージングのリージョナル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー部門の最終選考に残った。

ビジネス・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーのもう一人の候補者は、ジェフ・ムーアだ。彼は、『ET』公開40周年を記念して、エリオットに扮した若いBMXライダーたちを撮影した:地球外生命体』公開40周年記念

リチャード・ポーレがタイムズ紙で撮影したリシ・スナックの写真は、保守党党首への指名を勝ち取った後、保守党のキャンペーン本部で保守党のスタッフに出迎えられる彼を撮影したもの。この写真はソニー・ナショナル・ニュースペーパー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に残った。

Fixation News Photographer of the Year部門にノミネートされたもう1枚の写真は、Jeff J Mitchellが、スコットランドで唯一開催された保守党党首選挙で演説していた保守党党首候補で後に首相となるLiz Trussを撮影したものである。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article