14.9 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

NATO高官の驚くべき発言から見えてくるウクライナ戦争の実態

Must read

ウクライナ戦争

NATO事務総長首席補佐官のスティアン・ジェンセンは火曜日、ウクライナの戦争を終結させる方法について驚くべき発言をした。「ウクライナがロシアに領土を譲り渡し、その見返りとしてNATO加盟を得るという解決策があり得ると思う」と彼はノルウェーでの討論会で語った。

ジェンセンは、交渉の条件は同盟国ではなくウクライナが決めるべきだとも指摘したが、彼の発言は大炎上を引き起こした。ウクライナ政府関係者 非難 彼の発言は「ばかげている」「まったく受け入れられない」と非難し、土地の譲歩はロシアの侵略に屈服することになると主張した。欧州の外交官たちもまた 不意を突かれたジェンセンの発言はNATOの立場から外れていると述べた。NATOは、戦争に対する立場は変わっておらず、「ウクライナの主権と領土保全を支持する」と明確にする声明を発表した。

ジェンセンの発言は、ウクライナがロシアを領土から完全に追放できる可能性に対して悲観的な見方が強まっていることを反映している可能性が高い。

翌日、ジェンセンは 遺憾の意を表明 ウクライナで起こりうる将来のシナリオに関するより大きな議論の一部であり、あのような言い方をすべきではなかった」と述べた。しかし、発言の内容を撤回することはしなかったようだ。彼は、領土支配が和平交渉に「必ず決定的な影響を与える」と強調し、ウクライナが土地を放棄する可能性を残しているように見えた。

しかし、ジェンセンの説明は、より根本的な疑問には答えていない:NATOの高官が、西側諸国やウクライナが戦争について語りたがっている方法とは明らかに相反する考えを持ち出しているのはなぜなのか?

専門家によれば、ジェンセン氏の発言は、ウクライナがロシアを領土から完全に追放できる可能性に対して悲観的な見方が強まっていることを反映している可能性が高いという。ジェンセンはウクライナが ウクライナは しかし、彼の発言は、密室で一部の人々が、ロシアの塹壕を考えると、領土を放棄することもあり得ると考えていることを反映しているかもしれない。彼の発言は、ウクライナの交渉上の立場を弱める効果があるかもしれないが、現実的な未来予想図である可能性もある。

ジェンセンの最初の発言を失言として扱う人もいる。しかし、この発言は「どこからともなく出てきたものではない」可能性が高いと、シカゴ大学の国際関係学教授ポール・ポーストは言う。クインシー・インスティテュート・オブ・レスポンシブル・ステートクラフトの大戦略部長で、CIAのロシア分析部長を務めたジョージ・ビービー氏も同意見だ。「この種のことは偶然に起こるものではありません。「公式見解でも公式連絡でもない。しかし、このような地位の高官がこのようなことを公言するのは、人々が戦争から抜け出す方法を考えていることの表れだと思う。

ウクライナの夏の反攻で 緩やかで漸進的な利益 ロシアが占領している領土を奪還したことで、一部の国防当局者や外交官の間では、戦争の最終的な結末がどのようなものになるかという評価が変わりつつある。キエフはささやかな利益を得ているが、進展の遅さから、ウクライナの広大な領土からロシアを完全に追放することは不可能なことなのではないかという疑問が投げかけられている。

紛争が始まった当初とは異なり、ロシアは現在、守勢に回っている。軍事専門家 曰く ウクライナが攻撃で勝つためには3対1のアドバンテージが必要だが、ウクライナのロシア軍との比率は1対1に近いだろう。ロシアは人員、航空戦力、資金面ではるかに上回っており、ウクライナが自国の経済のために使えるはずの土地を占領している。ジョー・バイデン大統領はもっと多くの武器を送ることもできるが、彼の政権は一貫して、そして賢明にも、ロシアとの核エスカレーションの引き金になるような攻撃的な長距離兵器の派遣を拒否している。

このような状況から、膠着状態になると予想する専門家が増えている。元米陸軍中佐で、米陸軍大学校のジョン・ナグル教授(戦争学)は、「この戦争の最も可能性の高い結末は、政治的にどうなるかを待つ間の、地上での凍りついた紛争だと思う」と語る、 ニューヨーク・マガジンに語った。 に語った。しかし、ロシアを領土から、特に恒久的かつ完全に追い出すことがいかに難しいかを物語っていると思う。

ウクライナが武力でロシアを追放できないのであれば、交渉による解決になるだろう。「戦争を終わらせるための計画がうまくいかないようなら、じゃあどうすればいいんだと言うのは当然のことだ。ビービーは私に言った。

覚えておくべき重要なことは、ウクライナがNATOに加盟するためには、新加盟国に領土紛争が続いていないというNATO憲章の規定を満たさなければならないということだ。その理由は簡単で、NATOは加盟国すべてを防衛しなければならないため、ウクライナが加盟した時点でロシアと戦争状態にあれば、NATOは自動的にロシアと戦争状態になるからである。「将来ウクライナをNATOに加盟させようと考えている人は、現在ロシアがウクライナの領土を支配していることを考慮しなければならない」とスティムソン・センターのクリストファー・プレブル上級研究員は私に語った。

ジェンセンのコメントがウクライナの指導者たちを激怒させるのも無理はない。彼らは、NATOの高官のような人物のコメントを、自分たちがまだ可能な限り激しく、長く戦うことを約束しているときに、時期尚早に領土の譲歩の可能性を広げていると見なすからだ。さらに、タイミングが悪いということもある。西側同盟の一部にはウクライナの戦況が厳しいと見ている者がいたとしても、反攻が続いている最中にこのようなことを言うのは戦意を喪失させ、モスクワをさらに増長させかねない。

NATOの地位と領土を交換することが実際に現実的かどうかについては、専門家の間でも意見が分かれた。ビーブ氏は、ロシアはNATOと同盟するウクライナをまったく受け入れないだろうと考えていると語ったが、ポースト氏はより現実的な可能性と見ているようだった。

しかし結局のところ、ウクライナが今後数年のうちにロシアを領土の大半から追い出すことに失敗し、和解取引の一環として安全保障と引き換えに(正式なものではないにせよ)領土の一部を事実上譲歩することを検討せざるを得なくなる世界もありそうだ。もちろん、独裁的な侵略者に国土の大部分を奪われることは、ウクライナにとって悲劇的な結果である。しかし、ジェンセンの発言は、ウクライナが直面している困難な状況を考えれば、そのような結末もあり得ない話ではないということを思い起こさせるものだ。

ジーシャン・アリーム

ジーシャン・アリームはMSNBC Dailyのライター兼編集者。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article