14.9 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

ナイジェリアのデジタルな未来の舵取り:NIMCの現状維持のケース

Must read

テクノロジー

インタースイッチ・グループの元CTOであり、Ceviant Financeの共同設立者であるイドリス・アルバンクディ・サリウ氏が、このゲスト記事をTechCabalに投稿した。

デジタルトランスフォーメーションの時代が加速する中、ナイジェリアは重要な岐路に立っている。この変革の中心的役割を果たすのが 国家ID管理委員会(NIMC).最近、NIMCは連邦通信・デジタル経済省に移行したが、この新たな連携を維持する多面的な理由と、なぜそれがデジタル・ナイジェリアに最良の展望をもたらすのかを理解することが不可欠である。

1.統一されたビジョンムハマド・ブハリ大統領がNIMCを省内に移したのは恣意的な決定ではない。国家デジタル経済政策・戦略(NDEPS)の目的の礎石としてNIMCを位置づけるという彼のビジョンは、目的の統一を望んでいることを反映している。NIMCを本省に置くことで、デジタル経済の実現に向けた取り組みを統合し、合理化することができる。

2.効率的な監視と調整:移行は相乗効果の強化を約束し、効果的な監督メカニズムを促進する。この統合された枠組みは、政府がデジタル変革の取り組みを監視、追跡、加速する上で、より良い位置づけとなる。

3.過去の非効率性への対処:NIMCはこれまで、非効率であるとの批判に直面してきたが、省内に新たに設置されたことで、内省と再編の機会を得ることができた。過去からの教訓は将来のイニシアチブの指針となり、よりスムーズな展開と国民への普及を確実にする。

4.既存の勢いを利用する:最近のマイルストーンとデジタル識別により、勢いは増している。NIMCの位置づけを再び変えることは、この勢いを乱し、進歩を停滞させたり、逆転させたりする可能性がある。

5.データ統合の最適化:BVNから運転免許証まで、多様なデータ・ソースを首尾一貫したアイデンティティの枠組みに統合するという野心には、焦点を絞った統一的なアプローチが必要である。デジタル・ファーストのアジェンダを掲げる通信・デジタル経済省は、この統合を監督するのに最適な立場にある。

6.社会的信頼の回復NIMCのモバイルアプリにおけるデータの不一致のような課題の後では、国民の信頼を回復することが極めて重要である。リーダーシップと方向性の一貫性は、この点で極めて重要な役割を果たす。NIMCのアラインメントを絶えず変えることは、さらなる懐疑心を生むかもしれない。

7.イノベーションのための相乗効果の活用:同省はデジタル・イノベーションの拠点である。NIMCをその庇護下に置くことで、技術の進歩やイノベーションを活用し、NIMCのサービスを将来に向けて推進する機会が生まれる。

こうした点を考慮すると、通信・デジタル経済省内におけるNIMCの現在の位置づけは、ナイジェリアのデジタルへの野望を実現する上で戦略的優位性を提供する。それは、統合されたビジョン、効率的な監督、そして再生の機会という融合である。今こそ、この提携の可能性を最大限に活用することが不可欠です。統一された首尾一貫したアプローチは、真のデジタル化されたナイジェリアへの道を開くことができ、すべての国民が単なる数字ではなく、国家のデジタル物語の不可欠な一部となることを保証する。

テクノロジー 最良のアフリカ技術ニュースレターを受信する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article