8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤーサムスン電子、過去14年間で最も低い四半期収益を予想

Must read

サムスン電子 005930, -1.61% は金曜日、第2四半期の営業利益が前年同期比96%減となり、過去14年間で最も低い業績となる見込みだと発表した。

暫定的な業績見通しは、メモリー・チップ、スマートフォン、テレビの世界最大のメーカーが、供給過剰に対処するためにチップの供給が削減されているにもかかわらず、ハイテク製品や半導体に対する世界的な需要の低迷に苦戦し続けていることを示唆している。

韓国の巨大ハイテク企業は、4-6月期の営業利益を6000億ウォン(4億5820万ドル)と見積もっており、これは2009年第1四半期以来最悪の四半期業績となる。これは2022年第2四半期の14兆1000億ウォンの営業利益と比較すると。

サムスンの発表によると、6-6月期の売上高は前年同期比22%減の60兆ウォンになる見込み。

それでも、同社の営業利益の暫定予想は、ファクトセットが集計した同四半期の市場コンセンサス予想2,173億3,000万ウォンを上回った。

ほとんどの市場アナリストは、チップ価格の下落が最近緩和され、世界的なハイテク産業の低迷は終わりに近づいていると見ていると述べた。

世界の半導体メーカーは、メモリー・チップの価格を支えるために供給を減らしているが、人工知能アプリケーションに使われる一部の強力なコンピューティング・チップに対する需要は依然として旺盛である、と。

シティグループのアナリスト、ピーター・リー氏は最近のリサーチ・ノートで、サムスンは下半期にメモリ・チップ市場が堅調に回復し、スマートフォン事業が堅調に推移することから、通期では予想を上回る利益を計上するとの見通しを示した。

サムスンは今月末に四半期決算を発表する予定である。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article