9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

中国の新インターネット規制で大手ハイテク企業がモバイルアプリを制限

Must read

テクノロジー

中国の新しいインターネット規制の下、大手ハイテク企業がモバイルアプリを制限。 クレジット 123RF

ロイター通信が9月4日に報じたところによると、テンセント(騰訊)やシャオミ(小米)などが運営するモバイル・アプリ・ストアは、中国当局が義務付けている必要な情報開示を怠った場合、アプリ・パブリッシャーが新しいアプリを起動できないようにする制限を開始した。これらの措置は、先月発表された中国の新規制に従ったもので、アプリのパブリッシャーは地域当局に申請書類や事業内容を提出する必要がある。アプリ出版会社AppInChinaのリッチ・ビショップ最高経営責任者(CEO)はロイターに対し、「Androidアプリストアは、新規アプリは金曜日以降、既存アプリは3月31日以降、アプリの届出が必要であることを確認した」と述べた。先週、Tencent、Huawei、Xiaomi、OPPO、Vivoといった大手企業が運営するAndroidベースのアプリストアは、アプリパブリッシャーに通知を出し、十分な書類提出のない新しいアプリはプラットフォームで紹介されないと規定した。ロイター通信によると、中国工業情報化部は、国内で公開されるアプリの規制を強化するための新方針について、業界関係者との協議を予定しているという。[[ロイター]

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article