2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

欧州政府高官、トランプ2期目の可能性をどう見るか

Must read

ウクライナ戦争

ドナルド・J・トランプが大統領2期目を迎えるという見通しから、多くの関係者が同盟の結束やNATO、ウクライナでの戦争について心配している。

ウクライナ戦争 青いスーツに赤いネクタイ姿でステージに立つドナルド・J・トランプ前大統領。背後には選挙看板を掲げた群衆がいる。
7月、ペンシルベニア州エリーでのドナルド・J・トランプ前大統領。欧州首脳の間では、トランプ氏のホワイトハウス復帰の可能性について議論が高まっている。クレジット…マディ・マクガーベイ(ニューヨーク・タイムズ

ほとんどの欧州政府にとって、公の場で議論することはおろか、考えることもできないほど動揺している。しかし、ドナルド・J・トランプが が共和党の指名を獲得する可能性がある。 を獲得してホワイトハウスに戻るかどうかが、私的な話題の中心となっている。

欧州連合(EU)の外交官で、間もなくEU安全保障研究所の所長に就任するスティーブン・エバーツ氏は、「少し恐ろしい、と言ってもいい」と語った。「バイデン大統領とウクライナへの彼の対応によって、私たちは安堵した」とエバーツ氏は言う。

米国が欧州の安全保障に果たす役割の大きさを考えると、われわれは今、自国の政治、欧州の防衛、そしてウクライナ自身にとって、このことが何を意味するのかを改めて考えなければならない」とエバーツ氏は付け加えた。

トランプ氏は、ウクライナの安全保障に大きな役割を担っているにもかかわらず、このような話を強めている。 2021年1月6日、国会議事堂襲撃事件彼の試み 2020年の選挙結果を覆す そして彼の 様々な起訴共和党の大統領候補指名争いでライバルを大きく引き離し、バイデン大統領と拮抗している。 と拮抗している。

画像

2019年、大阪でロシアのプーチン大統領と会談するトランプ氏。ロシアの指導者を称賛するトランプ氏は、ウクライナでの戦争を1日で終わらせると述べた。クレジット…エリン・シャフ/ニューヨーク・タイムズ

今日、ヨーロッパとロシアは ウクライナをめぐる対立そしてプーチン大統領は、ウクライナをめぐる対立を 核兵器について そして戦争が拡大すれば、アメリカのコミットメントの問題はさらに重要になる。トランプ氏は最近、次のように述べた。 一日で戦争を終わらせるおそらく、ウクライナに領土の譲歩を迫ることによって。

元ドイツ政府高官で、現在はベルリンのジャーマン・マーシャル・ファンドに所属するトーマス・クライネ=ブロックホフ氏は、トランプ大統領の2期目は「1期目とは異なり、はるかに悪いものになるだろう」と述べた。「トランプは今、経験を積んでおり、どのレバーを引けばいいかわかっている。

クライネ・ブロックホフ氏は、アンゲラ・メルケル首相(当時)と話したことを覚えていると語った。 トランプ氏との最初の会談 大統領として。いつものように、彼女は「何十人もの権力者を管理してきたように、この男を管理することばかり考えていた。「しかし、”トランプ2世 “を管理できるとは誰も思わないだろう」。

何人かの欧州政府関係者は、トランプ大統領が再び誕生する見通しについて、オフレコで話すことを拒否した。彼らはアメリカの国内政治に関わりたくないが、トランプ氏が当選した場合、トランプ氏に対処する必要があるかもしれない。

画像

2018年、カナダで開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)でトランプ氏と交わるドイツのアンゲラ・メルケル首相。この2人のやりとりの多くは冷ややかなものだった。クレジット…ジェスコ・デンツェル/ドイツ連邦政府、AP通信より

多くの欧州政府関係者にとって、バイデン氏は第二次世界大戦以来の米国の欧州へのコミットメントの継続性を回復させた。すなわち、鉄壁の安全保障を提供すると同時に、その存在がかつての欧州のライバル間の摩擦を緩和し、欧州大陸の結束を可能にする、頼もしく、不可欠ですらある同盟国であった。

トランプ氏とその支持者たちの見解では、その関係によってヨーロッパは自国の防衛への支出を回避することができ、その恨みがトランプ氏のアメリカのコミットメントを削減または撤回するという脅しを煽った。

「NATO同盟は条約上のコミットメントではなく、信頼関係のコミットメントだ」と、元NATOアメリカ大使のイヴォ・ダールダー氏は言う。トランプ氏が最初の任期で提起した疑念を考えると、彼が大統領に返り咲くことは、「法的にもそうでなくても、同盟の終わりを意味する」可能性がある。

ヨーロッパの人々との会話で、ダールダー氏は「彼らは2024年の選挙と、それが同盟にどのような影響を与えるかを深く深く懸念している」と述べた。ウクライナであれNATOの結束であれ、どのような話題であれ、それが唯一の質問なのです」。

現在ユーラシア・グループに所属するドイツの元国防当局者ヤン・テチャウは、最悪の場合、米国が背を向けることは、欧州にとって「存立問題」を引き起こすと述べた。 中国とロシア は、ヨーロッパ人を分裂させることに熱心に取り組んでいる。

画像

7月にリトアニアで行われたNATO首脳との会合で演説するバイデン大統領。演説の中で、ウクライナの戦争への支持を確認した。クレジット…ダグ・ミルズ/ニューヨーク・タイムズ

アメリカの関与がなければ、「影響力を求めて破壊的な争いが起こるだろう。

ドイツにとっては難しい問題がある:ベルリンがアメリカ抜きでヨーロッパの集団防衛の基幹となるべきなのか、それともロシアやプーチン氏と独自の取引をしようとするのか。

フランスは、ヨーロッパの戦略的自立を長い間主張してきたため、介入しようとする可能性が高いが、ワシントンが行っているような核と安全保障の保証を、たとえイギリスとともにでも、ヨーロッパ大陸に提供できると考える人はほとんどいない。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は 明らかにした。 彼は、政治的に分極化した米国が中国を重視するようになれば、必然的に欧州へのコミットメントを減らすことになると考えている。彼は、ワシントンと完全には一致しない自国の防衛と利益のためにもっと努力するよう、ヨーロッパに働きかけている。

これまでのところ、彼はその野心にほとんど失敗しており、ウクライナでの戦争を考えると、代わりにNATOの中でより強力なヨーロッパの柱を受け入れている。しかし、マクロン氏でさえ、アメリカの同盟脱退を歓迎しないだろう。

「フランス国際関係研究所のトマ・ゴマール所長は、「プーチンが少なくともアメリカの選挙までは戦争を続けるつもりで、トランプに期待しているのは絶対に明らかだ。”ヨーロッパ人にとっては大きなショックかもしれない”。

ゴマール氏によれば、トランプ氏が勝利すれば、ウクライナに対するアメリカの支援は減り、キエフに和解を迫る圧力が強まり、ヨーロッパ諸国はプーチン氏への対処を迫られることになる。

画像

3月、ウクライナのキエフ近郊で訓練中のウクライナ兵とアメリカ軍の戦術車両。トランプ大統領の勝利は、ウクライナに対する米国の支援が減ることを意味する。クレジット…マウリシオ・リマ(ニューヨーク・タイムズ

トランプ勝利が欧州の反民主主義勢力に新たな息吹を吹き込むことも懸念されている。

2016年のトランプ氏の勝利は、欧州の反民主主義勢力を大きく後押しした。 ヨーロッパのポピュリスト政治であるフランスでは大きな懸念となっている。 マリーヌ・ルペン極右の指導者であるマリーヌ・ルペンがマクロン氏の後を継ぐ可能性がある。

トランプ氏が不在でも、極右の「ドイツのための選択肢」は、ドイツの国内情報機関が を監視下に置いている。 憲法への脅威として は今のところ、この国で2番目に人気のある政党である。.

研究機関であるInstitut Montaigneのフランス人アナリスト、ドミニク・モイシは、トランプ2期目はヨーロッパにとって「破滅的」なものになるだろうと述べた。 ポピュリズムへの抵抗.

トランプ氏はカオスのプリンスであり、ヨーロッパでは戦争が激化し、中国は野心を公言している。

ヨーロッパの誰もが歓迎しないわけではない。

ハンガリーのヴィクトール・オルバン首相は長い間、次のような祝辞を述べてきた。 トランプ氏との関係 オルバン氏と自称する “共和党 “は、トランプ氏とつながりがある。オルバン氏と彼の自称”非自由主義的民主主義「特に、伝統的な性別役割分担と宗教を擁護し、無秩序な移民に反感を抱いている。

画像

昨年テキサスで開催された保守政治行動会議で演説するハンガリーのオルバン首相。彼はアメリカの政治右派の一部から尊敬されている。クレジット…エミール・リッペ(ニューヨーク・タイムズ

ポーランドでも、政権与党の法と正義党は、既成のエリートに対する批判や見解の多くを共有している。同党はトランプ氏と良好な関係を築き、ポーランド大統領との会談を成功させた。 ポーランドへの米軍派遣 .

「ワルシャワにあるドイツ・マーシャル基金のミハエル・バラノフスキ氏は、「政府内でも、またこの国の戦略コミュニティの大部分でも、最悪の事態は起こらなかった、つまり彼はロシアに我々を売り渡さなかった、という見方だった。「西ヨーロッパ諸国は少しパニックになりすぎているような気がしていた。

激しい親ウクライナ派であるポーランドにとって大きな問題は、トランプ氏と共和党がウクライナに対して何をするかということだ。

バラノウスキー氏は、最近ワシントンで保守派のヘリテージ財団の関係者と議論した結果、ウクライナに関してはかなりの継続性があるという印象を受けたと語った。

「しかし、トランプは誰にとっても不快なほど予測不可能だ。

スティーブン・アーレンジャー ベルリンを拠点とするタイムズ紙の欧州外交主任記者。これまでブリュッセル、ロンドン、パリ、エルサレム、ベルリン、プラハ、ベオグラード、ワシントン、モスクワ、バンコクを担当。 スティーブン・アーレンジャーの詳細

この記事のバージョンは セクション

A

ページ

8

ニューヨーク版

という見出しで

E.U.首脳は「恐ろしい」見通しに直面している:トランプの再来. リプリント注文 | 今日の新聞| 登録する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article