2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

プーチンはなぜ時間稼ぎをするのか?

Must read

ウクライナ戦争

ウラジーミル・プーチン プーチン大統領は、ウクライナとの戦争により積極的なアプローチを取り、全面的な動員を導入するよう圧力を強めていると報じられているが、そうすることで1年半以上推し進めてきたプロパガンダのシナリオから外れてしまうことを懸念し、引き延ばそうとしている、と専門家が語っている。 ニューズウィーク

ロシアに戒厳令を敷き、プーチンはウクライナで戦うために数十万人以上の軍隊を徴兵する第二次動員を発表すべきだと、ロシアの安全保障部門の強硬派メンバーがロシアの指導者に語っている、 ブルームバーグ が日曜日に報じた。

プーチン大統領、2022年秋に住民の「部分動員」を発表。ロシア国防相 セルゲイ・ショイグ 昨年9月21日、ロシアは “特定の軍事専門分野と関連する経験 “を持つ30万人の予備役と元軍人を対象にすると述べた。しかし、プーチンの政令の数字は一般には公表されていない。

クレムリンは、秘密裏に動員をかけたり、第二波の動員をかける可能性があるという報道を何度も一蹴してきた。ウクライナのオレクシー・レズニコフ国防相は以前、ロシアにおける第二次動員は2023年1月に開始されると主張していた。

ウクライナ戦争 ロシアのプーチン大統領
2018年10月27日、イスタンブールでの会議に出席するロシアのプーチン大統領。プーチンは、現在進行中の対ウクライナ戦争により積極的なアプローチをとり、全面的な動員を導入するよう圧力を強めていると伝えられている。OZAN KOSE/AFP/Getty Images

「今日、そのような必要性はない」と、プーチンは6月にテレビ放映された会合で、ロシアの戦争特派員や軍事ブロガーのグループに語った。

しかし、「100万人か200万人を動員する必要があると言う人もいる:「それは我々が何を望むかによる。

ニューズウィーク はロシア外務省に電子メールでコメントを求めた。

シカゴ大学のロシア出身の政治経済学者コンスタンチン・ソニン氏は、プーチンは戦争が “ロシア国民の大多数に深く不人気 “であることを認識しているため、大規模な動員を宣言することを控えているのだろうと述べた。

「ウクライナに対する戦争を非常に喜んでいる数百万人、戦争に反対している数百万人、そして支持しておらず抗議もしていない数千万人がいる」とソニンは語った。 ニューズウィークしかし、ロシアでは “ボランティア “の募集が本格化しており、全国平均に比べて非常に高い給与が提示されている、と指摘している。

ウクライナで戦うすべてのロシア人戦闘員は、少なくとも1年の契約を結ぶと、国防省から19万5000ルーブル(2080ドル)の一時金を受け取る権利がある。月給は軍人の階級、地位、勤務期間によって異なるが、204,000ルーブル(2,176ドル)を下らない。ロシアの独立ジャーナリストグループによって作られた『ノット・モスクワ・スピークス』の分析によれば、戦闘員はまた、全国的に異なる地域的な支払いを当局から受け取っている。

プーチンのプロパガンダ物語

プーチン大統領とその側近が推し進めるプロパガンダの語り口は、ロシアは戦争をしているのではなく、限定的な軍事作戦を行っているというものだ。

ソニンは、「これは、彼が軍隊や警察の報告書で聞かされていることであり、彼が部下や一般大衆に話す言葉である。オープンに動員を発表することは、この世界観から大きく逸脱することになり、まるで情報バブルがはじけるようなものだ」とソニンは続け、プーチンが戦争のために多くの兵士を徴兵しようとしても、それは新しいことは何も起こっていないというレトリックを伴うことになるだろうと説明した。

英国の国防・安全保障シンクタンク、王立合同サービス研究所(RUSI)の国際安全保障研究ディレクター、ニール・メルヴィン氏もこれに同意し、次のように語った。 ニューズウィーク プーチンのプロパガンダ・メッセージは、「動員の問題をめぐって綱渡りを続けている」ことを意味している。

メルヴィン氏によれば、これまでのところ、プーチンはロシアの大都市部から大量の若者を徴集することなく戦争を遂行することができた。

プーチンの部分的動員で徴兵された者の多くは、ロシアの都市部の出身者であった。 少数民族共和国活動家や地元当局者は、これらの住民が不当に標的にされていると述べている。部分的な動員を発表する以前から、これらの地域ではウクライナの戦争による死者と犠牲者の数が最も多かった。

「プーチンは、特にロシアが2024年の選挙の年に向けて、国内の重要な支持層の子供たちを大量に徴兵し始めたくないと思っている」とメルヴィンは言う。

メルヴィン氏は、プーチンの支配力はますます強制と国内メディアのコントロールにかかっているが、プーチンはまた、ウクライナ戦争の結果をロシアの日常生活から大きく遠ざけるような、ロシア国民との社会契約を維持しようとしている、と述べた。

「ウクライナでのロシア軍の消耗を考えると、緊急性を増している大量動員は、この契約を破り、ロシア全土の家庭に戦争の犠牲をもたらすだろう」と彼は付け加えた。

ロシア経済は第二次総動員に耐えられるか?

ロシア・ルーブルは、ロシア連邦による制裁措置の中で低迷している。 欧州連合プーチンが2022年2月にウクライナに侵攻したことを受けて、欧州連合(EU)、米国、およびその他の西側同盟国は、プーチンのウクライナ侵攻に対抗した。

からロシアは追い出された。 SWIFTグローバルバンキングシステム一方、西側諸国はロシアの外貨準備の一部へのアクセスを遮断した。欧州もロシアの石油とガスの購入を凍結し、2022年12月にはG7がロシアの原油と石油精製品の価格キャップに合意し、ルーブルにさらなる緊張を与えた。

ロシア経済と商品市場の専門家であるニック・トリケットは、次のように語った。 ニューズウィーク プーチン政権が戦争を維持するために支出を増やせば増やすほど、ルーブルの為替レートを管理するのは難しくなる。

「国防支出を増やすことで経済を戦争に動員すれば、輸入品と労働力の需要が高まる。ほとんどの消費財の価値の大部分は、依然として輸入品である。輸入が増えれば増えるほど、特にエネルギー輸出からの収入が減れば減るほど、ルーブル安は進む。 緊縮の帝国:ロシアとユーラシアの崩壊』の著者であるトリケットは、次のように語っている、 ロシアにおける動員などを研究。

「ルーブル安が進めば進むほど、インフレ率は上昇する。インフレが進めば進むほど、インフレを抑えるために金利を引き上げる必要が出てくる。

トリケット氏は、さらなる動員は可能だが、「ロシアのGDPデータを額面通りに受け取る人が多すぎるため、経済的・政治的に大きな犠牲を払うことになるだろう」と述べた。

ソニン氏は、ロシア経済は名目GDPの数字上ではそれほど大きな損失はないだろうとの見方を示した。

「50万人を動員してもロシア経済は終わらない、500万人でも終わらないだろうが、経済的には良いことは何もない。

戦争への支持薄れる

モスクワに拠点を置く超党派の調査会社Russian Fieldが6月に実施した全国1,604人を対象にした世論調査によると、プーチン大統領のウクライナ戦争に対するロシア国民の支持は大幅に低下していることがわかった。

それによると、クレムリンの “特別軍事作戦 “の継続に賛成する回答者はわずか45%だった。これは、同社が2022年4月に実施した調査から9ポイント低下している。

ロシア国民は依然として戦争継続に二分されているが、大規模な動員は平和主義者の感情を高めるだろう、と最新の世論調査は示している。

回答者の半数以上(54%)は、”軍事作戦 “を継続するために第2波の動員を必要とするならば、ロシアが和平交渉に参加することを望む。

一方、3分の1以上(35%)は、もしプーチンがウクライナで戦うための新たな徴兵の波を発表した場合、敵対行為の継続に賛成している。

次のような世界のニュースについて、何か情報をお持ちですか? ニューズウィーク ロシアとウクライナの戦争についてロシア・ウクライナ戦争について質問がありますか?worldnews@newsweek.com までお知らせください。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article