9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

年末商戦、オンラインが実店舗に迫る

Must read

アメリカ

ホリデー・ショッピング・シーズンはもう目前に迫っているが、実店舗は神経質になっているはずだ。新しい調査によると、81%の消費者が店舗での買い物を好むと回答しているが、これはオンライン・ショッピングを好むと回答した消費者より9%多いだけである。

にもかかわらず、Bazaarvoiceの調査によると、より多くの買い物客が、オンラインのみの企業(55%)よりも、地元の小規模な企業(58%)からホリデーシーズンに買い物をすることを好むと答えている。

気になる理由 マーケティングにおいて顧客の好みは全てであるが、時にそれは矛盾する。ブランドはオンラインよりも地元の店舗を優先すべきなのだろうか?そうだろうか?そして、フィジカルとデジタルのハイブリッド(「ファイジタル」)なバイヤージャーニーのトレンドが高まっている。

70%がアパレルを贈ると答えており、セーター(またはその他の衣類)にとって大きな年になりそうだ。

もっと詳しく MarTechの専門家に聞く:これまでのリスト

すでにご存知のはずです。 もし今までにキャンペーンを実施していなければ、競合他社や消費者に大きく遅れをとっていることになる。約11%が7月に、14%が8月に、そして19%が今月からホリデーショッピングを始めると答えている。

お得なのはソーシャルメディア 約半数(49%)の買い物客が、ブラックフライデー/サイバーマンデー(BFCM)のお買い得情報を知るために、ソーシャルメディアでブランドをフォローしていると回答。また、4分の1は、その期間にソーシャルで買い物をすることを好むと答えた。

電子口コミ。 どこで買い物をするにしても、消費者は他の消費者の声を聞きたがる:4分の3がBFCMでの購買決定にレビューが影響すると回答し、59%以上がソーシャルメディア上での購買決定についても同じことを述べている。

MarTech!毎日。無料。あなたの受信箱に。



著者について

アメリカ コンスタンティン・フォン・ホフマン

コンスタンティン・フォン・ホフマンはMarTechの編集長。ベテランジャーナリストとして、CBSNews.com、Brandweek、CMO、Inc.でビジネス、金融、マーケティング、ハイテクを取材。また、ボストン・ヘラルドのシティ・エディター、NPRのニュース・プロデューサー、ハーバード・ビジネス・レビュー、ボストン・マガジン、シエラ、その他多くの出版物に寄稿している。また、プロのスタンダップ・コメディアンとして、アニメやゲームのコンベンションで『となりのトトロ』からサイコロやボードゲームの歴史まで、さまざまなテーマで講演を行い、マジカル・リアリズム小説『John Henry the Revelator』の著者でもある。ボストンで妻のジェニファーと、多すぎるか少なすぎるかの犬たちと暮らしている。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article