6.9 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

ワグネル主将エフゲニー・プリゴージンの死がウクライナ戦争に意味するもの

Must read

ウクライナ戦争

飛行機事故で最も予想外だったこと

ロシアの悪名高きワグネル・グループの大げさなトップである彼が、当時プーチン大統領が内戦の瀬戸際だと警告していた事態にロシアを陥れてから丸2カ月後に起きたということだ。

プリゴージンは確かに、時間を借りて生きているように見えた。彼の

装甲ワグナーの輸送隊が、モスクワの手前で停車するまで、ロシア南部をほとんど無抵抗で進むのを見たロシアの軍事指導部に対する彼の

は、プーチンのロシアにおける生き残りのための2つのルールに反していた。

ひとつは、船を揺らさないこと。二つ目は、皇帝に楯突かないこと。

しかし、プリゴジンはすぐに排除されるだろうという大衆の思い込みは、排除されなかったときの驚きに変わり、ロシア政治を取り巻く現在の弱さと脆さを物語っている。

実際、プリゴージンの明らかな排除は、ロシア政治を再び強固なものにするというよりも、むしろその弱点を悪化させる可能性が高い。

.

第一に、ロシアのエリートたちが、自分たちの大統領の言うことは何も信用できないことを示す。これは、権力や影響力のある立場の人々がプーチンに守られていたという、クレムリンのこれまでのやり方とは大きく異なる。プーチンのルールに従う限り、彼らはプーチンを頼りにすることができたのだ。

プリゴジンは最終的にはそこから離れたが、反乱を起こした後も、長年にわたってプーチンへの忠誠を示すためにわざわざ出かけた。

ワグナーの反乱の後、プーチンがプリゴージンとワグナーの共謀者たちに、報復を受けないという公的な保証を与えたのは不可解に思われた。

現在、プリゴジンは死亡した可能性が高く、墜落事故はロシアの防空ミサイルによって引き起こされたとワグナーのテレグラム・チャンネルによって報告された。

クレムリン一族の野心的なメンバーは、当初は躊躇するかもしれないが、彼らは今、代替案を模索する真の動機を持っている。

簡単に言えば、プーチンの恐怖政治には自滅的な欠点がある。恐怖と欺瞞によって支配すると、必然的にターゲットになりそうな人々(それは基本的に誰にでも当てはまる)が、最終的にゲームのルールを変えようとするようになるのだ。

第二に、プリゴジンの死はロシアの民間軍事会社(PMC)に終わりを告げるものではない。それどころか、今後も増え続けるだろう。すでにエネルギー大手のガスプロムは、ロシアだけでなくウクライナにもいくつかのPMCを有している。

また、急成長を遂げているレドゥット・グループが、ワグナーの空白を埋めるために参入しようとしているのではないかという憶測もある。

しかし、これはロシアの国内政治にも関係している:PMCは、ロシア国家に仕える代理人として採用される可能性があるのと同様に、ロシア国家から身を守るための私兵として有力者に利用される可能性が高い。

チェチェン共和国のラムザン・カディロフ大統領に忠誠を誓うカディロフ派のようなロシア周辺部の強者にとどまらず、モスクワやサンクトペテルブルクの権力中枢に近いロシアの他の地域でも、軍閥社会が形成される恐れがある。このような状況では、ロシアの安定の見通しは厳しい。

皮肉なことに、プリゴージンの死がウクライナにおけるロシアの戦争に与える影響は、おそらく最も小さいものだろう。ワグネル軍は数カ月前に戦闘から撤退していた。プリゴージンの反乱以来、彼らは前線に再派遣されていない。

ワグナー部隊は、他のロシアPMCに参加するか、ロシア軍と契約を結ぶかの選択肢を提示されている。ロシア正規軍の給与がそれに比べて低いことを考えると、前者が望ましい選択肢であることに変わりはない。また、どちらの選択肢も選ばない者もおり、暴力訓練を受けたロシア人男性が社会に大量に存在するという問題が残る。

組織自体の将来については、ワグナーは岐路に立たされている。プリゴージンに加え、墜落事故で犠牲になったのは、ワグナーの共同設立者とされるドミトリー・ウトキンで、戦闘作戦の責任者であり、警備責任者のヴァレリー・チェカロフだった。

したがって、この墜落事故はプーチンのライバルを殺しただけでなく、ワグナーの上級指揮官組織を永久に消し去った。

しかし、アフリカにおけるアメリカとヨーロッパの影響力にダメージを与えるというクレムリンの利益を促進する上で、ワグナーは依然として重要である。

シリアでの積極的な役割にとどまらず、マリや中央アフリカ共和国の独裁者を支援することで、ロシアの威信を高めることに貢献してきた。

新たな経営陣の下で縮小された形で存続するか、別のロシアの代理勢力に吸収されるかもしれない。

最後の重要な謎は、なぜクレムリンがプリゴージンを排除するのにこれほど長く待ったのかということである。ここでは推測するしかないが、一説によると、諜報機関は、親ワグナーの腐敗が軍やその他の権力機構にどれほど深く及んでいるかを発見する時間を必要としていた。

プリゴージンの飛行機が墜落したのとほぼ同じ時期に、セルゲイ・スロヴィキン(ワグナーのシンパであるという疑惑のもとに姿を消したウクライナのロシア軍の元司令官)が、ロシア空軍総司令官のポストから正式に解任されたことは印象的である。

プリゴージンの経歴は、有罪判決を受けた重罪犯から大統領のケータリング、ロシアの主要な偽情報の売り込み、そして最終的にはロシア国防省に影響力を競わせようとする半官半民の軍事会社の裕福で残忍なトップへと出世していった。

しかし、その多彩な経歴にもかかわらず、彼の本当の遺産は、モスクワの既成の権力構造への挑戦を頓挫させたことで、最終的に成功する前例を作ってしまったことだろう。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article