2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

今日の株式市場ウォール街先物、中国の弱い輸出データを受けて世界市場は下落

Must read

金曜のアジア市場で株価が下落した。 日本 日本経済新聞によると、前四半期の経済成長率は当初の予想を下回った。

原油価格は下落し、米国先物は上昇した。

金曜日に発表されたデータによると、世界第3位の経済大国である日本の4-6月期の成長率は年率4.8%で、事前予想の6%を下回った。

この成長の大部分は輸出によるもので、輸出は13%近く増加したが、個人消費は投資支出の低迷により2.2%減少した。別の報告によれば、7月の賃金は16ヶ月連続で減少し、前年同月比2.5%減となった。

東京の日経平均株価は0.9%下落の32,681.31、ソウルのコスピは0.4%下落の2,537.69。

香港市場は熱帯低気圧のため休場。

上海総合指数は0.5%安の3,105.54、S&/ASX200は0.4%安の7,154.50。

木曜日、ウォール・ストリートは、高金利の脅威が引き続き大手ハイテク株を悩ませているため、まちまちの取引で下落した。

S&P500種株価指数は0.3%下落の4,451.14となり、3連敗となった。ナスダック総合株価指数は、ハイテク株の下落で特に大きな打撃を受け、0.9%安の13,748.83となった。

ダウ工業株30種平均は、ハイテク株への比重が低いため、他の市場よりは持ちこたえた。0.2%上昇し、34,500.73となった。

株式は債券市場からの圧力を感じ、エコノミストの予想よりも強い先月の米サービス産業の成長を示す報告書を受け、週初に利回りが上昇した。木曜日に発表された、先週失業手当を申請した労働者が予想より少なかったという報告を受けても、利回りは高止まりした。

このような報道は、長い間予測されていた景気後退が近いものではないことを示すものであり、経済にとって心強いものであるが、インフレを上方へ押し上げるのに十分なほど力強い状況を維持する可能性もある。

米連邦準備制度理事会(FRB)はすでに、インフレ率を目標の2%まで引き下げるのに十分なほど景気を減速させることを期待して、主要金利を20年以上ぶりの高水準まで引き上げている。その結果、インフレ率は昨夏の9%超のピークから低下した。しかし心配なのは、FRBにとって最後の1%の改善が最も厳しいものになるかもしれないということだ。

高金利は株価の足を引っ張り、特にテクノロジー企業など、はるか先の高成長への期待から買われてきた銘柄の株価は上昇する。こうした銘柄の多くは、S&P500種株価指数に最も大きな影響を与える傾向にある。

アップルは、ウォール街で最も価値のある銘柄であるため、支配的な力を持っているが、前日の3.6%下落の後、2.9%下落した。

エヌビディアは1.7%下落し、今週の損失は4.7%に達した。エヌビディアと人工知能業界の他の銘柄群は、AIが将来の爆発的な利益成長を意味するとの期待から、今年急騰した。

C3.aiは水曜日遅く、生成的AIに関連する機会への投資を増やすため、今年度の最終会計四半期に黒字になる見込みがなくなったと発表し、12.2%急落した。アナリストはまた、同社の最新四半期(会計年度第1四半期)の利益率が期待外れだったと指摘した。

電力会社や、より堅実な投資先と見られる他の銘柄も、市場の他の銘柄よりも持ちこたえた。S&P500の公益株はグループとして1.3%上昇した。これは、同指数を構成する他の10セクターの2倍近い上昇率である。

金曜日のその他の取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、米国の指標原油が48セント安の1バレル86.39ドルとなった。木曜日は67セント高。

国際取引の価格決定基準となるブレント原油は、40セント安の1バレル89.52ドル。

ドル円は、木曜日深夜の147.30円から147.19円まで下落した。

ユーロは1.0697ドルから1.0718ドルで取引された。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article