2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

今日の株式市場:ウォール街、低調な展開が続き失速

Must read

ニューヨーク – ウォール街の株価は下落し、連休の短いこの週も低迷を続けた。S&P500種株価指数は0.7%下落。ダウは198ポイント(0.6%)下落し、ナスダック総合株価指数は1.1%下落した。アップルを含むいくつかの大型テクノロジー株の下落が相場の重荷となった。国債利回りは、米国のサービス・セクターが引き続き好調であることを示すデータを受けて上昇した。10年債利回りは4.30%まで上昇した。ロクは従業員の10%を削減すると発表し、上昇した。同社はまた、四半期収益見通しを上方修正した。ゲームストップとデイブ&バスターズは、取引終了後に最新決算を発表する。

これはニュース速報です。APの以前の記事は以下の通り。

水曜日午後の取引で、ウォール街の株価は全面安となり、この連休中の市場の低迷を拡大させている。

S&P500種株価指数は0.8%下落し、2週連続の上昇の後、今週はマイナスに転じている。ダウ平均は東部時間午後2時30分現在、202ポイント(0.6%)下落し34,439ドル。ナスダック総合株価指数は1.2%下落した。

大型テクノロジー株は、市場の最大の足かせとなった。アップルは3.9%下落し、エヌビディアは3.3%下落した。

ヘルスケア株は、最も幅広く下落した。ジョンソン・エンド・ジョンソンは1.2%下落し、ファイザーは3%下落した。

いくつかの企業は、決算やその他の最新情報を報告した後、大きな動きを見せた。無人航空機メーカーのエアロビロンメントは、今年の売上高見通しを上方修正し、21.8%急騰した。 ロクは0.9%上昇した。 投資家向けに明るい財務報告を行い、従業員の10%を削減すると発表したためだ。

欧州市場は下落、アジア市場はまちまち。

ゲームストップとデイブ&バスターズは引け後に最新決算を発表する。

米国ではレイバー・デー(労働者の日)の休暇を挟み、8月は忙しいため、投資家は比較的静かな週を迎える。

供給管理協会の調査によると、米国のサービス・セクターは引き続き健全である。

同調査によると、アメリカ人の大半を雇用する同部門は8月、エコノミストの予想を上回るペースで成長した。同部門は米国経済の最も大きな部分を占めており、持続的なインフレと金利上昇が消費者を圧迫しているにもかかわらず、2023年を通して回復力を維持している。

U.S.バンク・ウェルス・マネジメントのナショナル・インベストメント・ストラテジスト、トム・ヘインリン氏は、「これは、サービス部門に対する需要がまだ非常に大きいことを示唆している」と語った。

この報告を受けて、債券利回りは急上昇した。住宅ローンなどの金利に影響を与える10年物国債の利回りは、調査発表直前の約4.25%から4.30%に上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)に対する期待を示す2年債利回りは、調査結果発表直前の4.96%から5.04%に上昇した。

経済の主要テーマは引き続きインフレと金利で、FRBは物価を下げるために金利を引き上げている。 投資家は、FRBが利上げを緩やかにするかもしれないと期待している。 インフレが数ヶ月にわたって緩和しているためだ。

ウォール街は、FRBが9月下旬の次回会合で基準金利を据え置くと予想している。投資家の多くは、FRBが年内いっぱいはこの金利据え置きを維持することに賭けている。先週発表された消費者信頼感、雇用、インフレに関する経済指標は、こうした期待をさらに強めた。

ヘインリン氏は、「私たちは、一時停止の可能性を中心にまとまりつつあるようだ」と語った。

2022年から始まったFRBの積極的な利上げにより、主要金利は2001年以来の高水準に達した。この政策は、中央銀行が積極的すぎて経済成長にブレーキをかけ、景気が後退してしまうのではないかという懸念を引き起こした。

好調な雇用市場と個人消費が、より広い範囲の経済を支え、景気後退を食い止めている。ウォール街では、FRBの次回会合に先立ち、9月後半にもインフレと小売売上高に関する経済指標が発表される予定だ。

ダミアン J. トロイーズ、アレックス・ヴェイガ、AP通信

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article