9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

今日の株式市場原油価格の上昇を受け、アジア市場はほぼ全面安

Must read

木曜日、ウォール街の下落を受けてアジアでも株価が下落した。強い経済指標によって、連邦準備制度理事会(FRB)が投資家が期待していたよりも長く金利を維持するのではないかという懸念が再燃したためだ。

香港のハンセンは、不動産セクターに対する中国の政策変更に関するニュースを受けて今週上昇していたが、ハイテク株の売りで下落した。0.8%安の18,313.73。

上海総合指数は0.3%安の3,148.52、東京日経平均は0.1%安の33,200.85。

ソウルでは、コスピは0.7%安の2,544.71。オーストラリアのS&P/ASX200は1.1%安の7,176.70。

他のほとんどの地域市場の株価は下落した。

水曜日、S&P500種株価指数は0.7%下落し、4,465.48で取引を終えた。ダウ平均は0.6%減の34,443.19、ナスダックは1.1%減の13,872.47。

大型テクノロジー株は、市場の最大の足かせとなった。アップルは3.6%下落し、エヌビディアは3.1%下落した。

しかし、いくつかの企業は決算やその他の最新情報を報告した後、大きな動きを見せた。無人航空機メーカーのエアロビロンメントは、今年の売上見通しを上方修正し、20.7%上昇した。ロクは、投資家にとって心強い財務報告を行い、従業員の10%を削減すると発表した後、2.9%上昇した。

米国のサービス・セクターが引き続き好調であることを示すデータを受けて、国債利回りが上昇したため、株価は直近で反落した。

米供給管理協会の最新調査によると、米国人の大半を雇用する同部門は8月、エコノミストの予想を上回るペースで成長した。同部門は米国経済の最も大きな部分を占めており、インフレの継続と金利上昇が消費者を圧迫しているにもかかわらず、2023年を通して回復力を維持している。

「SPIアセット・マネジメントのスティーブン・イネス氏は、「逆説的だが、経済にとって良いニュースは、市場にとっては悪いニュースだ。「しかし、逆説的だが、経済にとって良いニュースは、市場にとっては悪いニュースでもある」とSPIアセット・マネジメントのスティーブン・イネス氏はコメントで述べた。

住宅ローンなどの金利に影響を与える10年物国債利回りは、調査発表直前の約4.25%から4.30%に上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)に対する期待を示す2年債利回りは、調査結果発表直前の4.96%から5.04%に上昇した。

債券利回りが上昇すると、投資家は株価が高すぎるのではないかと考え直す傾向がある。

経済の主要テーマは依然としてインフレと金利であり、FRBは物価を下げるために金利を引き上げてきた。投資家は、インフレが数カ月にわたって緩和していることから、FRBが今後の利上げを緩やかにするのではないかと期待している。

ウォール街は、FRBが9月下旬の次回会合で基準金利を据え置くと予想している。投資家の多くは、中央銀行が年内いっぱいはこの休止状態を維持することに賭けている。先週発表された消費者信頼感、雇用、インフレに関する経済指標は、こうした期待をさらに強めた。

インフレは、2022年に始まったFRBの積極的な利上げの重圧の下で数ヶ月間緩和しており、主要金利は2001年以来の高水準となった。この政策は、中央銀行が積極的すぎて経済成長にブレーキをかけ、景気が後退してしまうのではないかという懸念を引き起こした。

好調な雇用市場と個人消費は、これまでのところ、より広い範囲の経済を支え、景気後退を食い止めている。ウォール街では、FRBの次回会合に先立ち、9月後半にもインフレと小売売上高に関する経済指標の更新がある。

最近の経済報告の組み合わせだけでなく、原油価格の上昇とドル高もトレーダーを売りムードにしている可能性がある。

今週は、原油の減産が年末まで延長されるというニュースを受けて、原油価格が上昇した。

木曜日未明、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、米国の指標原油は14セント安の1バレル87.40ドル。水曜日には85セント上昇した。

国際取引の価格決定基準となるブレント原油は、9セント安の1バレル90.51ドル。

米ドルは147.66円で横ばい。ユーロも横ばいの1.0725ドル。

___

APビジネスライターのDamian J. TroiseとAlex Veigaが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article