8.9 C
Tokyo
2024年 2月 24日 土曜日

ロシアに残る欧米企業、撤退の是非を検討

Must read

ウクライナ戦争

パリ:留まるべきか、今去るべきか?ウクライナでの戦争が始まってから1年半が経過したが、ロシアに進出している多くの西側企業は、その是非をいまだに見極めている。

エール大学の集計によると、G7諸国から約100社がロシアに進出しているが、その数は減少傾向にあるようだ。
ロシアを専門とするエコノミスト、ジュリアン・ヴェルキュイユ氏はAFPの取材に対し、「ロシア領内における欧米企業の活動は減少する傾向が続いている」と語った。
8月21日、「ますます厳しくなる環境」に直面した米ピザチェーンのドミノは、タオルを投げることを決定し、12月から売却を試みていたロシア事業の破産を発表し、全国で142店舗を閉鎖した。
「戦争は、ロシアにある外国企業にとって、彼らが何をするにしても、不利な条件を作り出している」とVercueil氏は言う。もし彼らがロシアを辞めれば、特に急いで辞めれば、これらの企業は「多くのものを失うかもしれないが、それは一度きりになるだろう」と彼は言った。
ヨーロッパの多国籍企業600社の年次決算を調査した『フィナンシャル・タイムズ』紙の分析によると、これらの企業は「ロシア事業の売却、閉鎖、縮小に伴い」、少なくとも総額1000億ユーロ(1080億ドル)の損失を被ったという。
例えばフランスの自動車メーカー、ルノーは2022年5月に主要市場のひとつであるロシアから撤退し、22億ユーロの損失を被った。
しかし、最も損失を被ったのは石油メジャーである。2022年2月にウクライナで戦闘が始まった直後、いち早くロシアから全面撤退したBPは、220億ユーロ以上の打撃を受けたと推定される。

一方、ロシアでビジネスを続けることは、西側企業を「大きな評判コスト」にさらすことになる、とヴェルキュイユ氏は言う。
ウクライナ人、特に知名度の高いヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、このような企業が「ロシア領土で得た利益によってロシアの戦争に資金を提供している」と声高に非難している。
食品、農業、流通の大手企業は、その多くがロシアに留まっており、しばしば標的にされている。
フランスのスーパーマーケットチェーン、オーシャンはその一例だ。
ウクライナは水曜日、ロシアのミサイルの破片がキエフのオーシャンが入っているショッピングモールに落下したと発表し、同社にロシアでの事業を終了するよう繰り返し要求した。
「シニシズムか、マゾヒズムか、それとも愚かさか?ロシアは撤退せよ:この金はあまりにも血なまぐさい」と国防省。
ロシアに留まっている多くの西側企業は、従業員の生活を保障し、ロシア当局の手に落ちないようにしているという。
こうした主張は、すべての人を納得させているわけではない。
「エール大学で企業の社会的責任を専門とするジェフリー・ソネンフェルド教授は、ロシアから撤退する、あるいはロシアに残る欧米企業のリストを作成した。
ソネンフェルド教授によれば、これらの大手グループはロシア経済の維持に貢献しているだけでなく、消費者を安心させることでプーチン大統領の術中にはまっているのだという。
残留派がボイコットの標的になったケースもある。
スカンジナビアの団体は、オレオやトブラローネなどのスナック菓子を製造しているアメリカのグループ、モンデリーズがロシアに進出していることを理由に、ボイコットを行っている。
SAS航空会社、ノルウェー・サッカー連盟、スウェーデン軍などが、以前はクラフト・フーズとして知られていた会社、ノルウェーのフライア社、スウェーデンのマラブー社の子会社が製造する製品を拒否している。

ロシアで事業を続けている企業もまた、事業とその利益を差し押さえられる脅威に直面している。
ヴェルキュイユ氏は、「法的環境が恣意性と外国の利益を損なう国家の略奪によって公然と特徴付けられている今、ここに留まることは危険だ」と述べた。
ある法令によれば、ロシアは「非友好的」とみなされる国の企業を「一時的に支配下に置く」ことができると、ロシアの会社法を専門とする弁護士ウラジミール・チキネ氏はAFPに語った。
ここ数カ月、デンマークのビール会社カールスバーグとフランスの食品大手ダノンは、この報復政策の力を感じている。
この2大企業がロシアでの事業売却を進めている最中に、ロシア国家が一方的にロシア国内の資産を掌握し、彼らを驚かせたのだ。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article