14.9 C
Tokyo
2024年 4月 19日 金曜日

本日の株式市場:重要な米雇用統計を控え、アジア株はまちまちの動き

Must read

東京–。 アジア株式は、投資家が後日発表される米国の雇用統計に注目したため、金曜日はまちまちの取引となった。

日本のベンチマークである日経平均は、午前中の取引で0.6%上昇し、32,820.80となった。オーストラリアのS&P/ASX200は、0.4%下落の7,278.30。韓国のコスピはほぼ横ばいで、0.1%弱の2,556.57。上海総合は0.4%高の3,131.93。

台風が接近しているため、香港では取引が停止された。超大型台風サオラに関する公式警報が発令されたため、学校や企業は閉鎖された。

金曜日の夜、アメリカ政府は8月の雇用統計を発表する。好調な雇用市場は、個人消費とともに、アナリストが2023年のある時点で予想していた景気後退を阻止するのに役立っている。しかし同時に、賃金と物価の上昇を促し、インフレを抑えるという連邦準備制度理事会(FRB)の仕事を難しくしている。

ウォール街では、S&P500種指数は序盤の上昇を戻し、0.2%安の4,507.66で取引を終えた。同指数は1.8%安で8月を終えたが、最近4日続伸したことで、月間下落幅は縮小した。

ダウ工業株30種平均は0.5%下落の34,721.91、ナスダック総合株価指数は0.1%上昇の14,034.97。

米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを長期化させなければならないかもしれないという可能性に対する市場の不安は、米国経済の回復力が際立っていることを示す報道を受け、8月の市場は好調な年だったにもかかわらず、反落につながった。

今週は、雇用者数、消費者信頼感、インフレ率に関する報道が、FRBが9月の次回政策決定会合で金利を据え置くのではないかというウォール街の期待を煽った。

そのため、8月の市場の損失は抑えられた。S&P500種株価指数は7月までに19.5%上昇し、年初来では17.4%高を維持している。ダウは4.8%上昇した。

「ベアードのマーケット・ストラテジスト、マイケル・アントネリ氏は、「今年の経済データと決算は、市場の期待値という点で、ほぼ決まったようなものだ。「しかし、もし雇用統計やインフレ率、消費支出が冷え込めば、金利は劇的に低下し、株価は上昇する。それが今週見られたことだ。

木曜日、政府は連邦準備制度理事会(FRB)が注視している7月のインフレ率が低水準にとどまったと発表した。個人消費支出(PCE)の最新の更新は、物価上昇が冷え込んでいることを示す最新の兆候である。

連邦準備制度理事会(FRB)は2022年以降、主要金利を2001年以来の高水準まで積極的に引き上げてきた。その目的は、インフレ率をFRBの目標である2%に戻すことだ。7月のPCE測定値は3.3%で、エコノミストの予想と一致した。これは1年前の7%から低下している。

最新のインフレ・データは、今週の雇用統計と消費者信頼感指数に続くもので、FRBが利上げを一時停止するとの期待も裏付けている。CMEのFedWatchツールによると、中央銀行は前回の会合で金利を据え置き、投資家は2023年いっぱいは金利が据え置かれると予想している。

FRBは、必要であれば利上げを継続する用意があるが、次の動きは最新の経済データに基づいて行うとしている。

「前回の利上げが今年最後の利上げになる可能性もある」と、インディペンデント・アドバイザー・アライアンスのクリス・ザッカレリ最高投資責任者(CIO)は言う。「インフレがコントロールされ、抑制されている限り、FRBは利上げを終了すると思う」。

木曜日、債券利回りは再び低下した。年物国債利回りは、水曜日の4.11%から4.10%へと低下した。FRBへの期待に連動する2年債利回りは、水曜日の4.88%から4.85%へと低下した。

エネルギー取引では、ベンチマークとなる米国産原油が10セント高の1バレル83.73ドルとなった。国際標準のブレント原油は12セント高の1バレル86.95ドル。

為替取引では、米ドルは145.52円から145.44円まで値を下げた。ユーロは1.0846ドルからほとんど変わらず、1.0845ドルだった。

___

AP Business Writers Damian J. TroiseとAlex Veigaが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article