6.9 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

英国の就労・観光ビザ、来月から料金値上げへ

Must read

イギリス

英国への渡航を計画している旅行者は、同国がビザ料金を値上げする予定であるため、追加費用を覚悟しなければならない。

10月4日より、ビザの種類により、少なくとも15%以上の値上げが予定されている。 公式ウェブサイト.

英国の新しいビザ料金

新しいビザ料金体系によると、6ヶ月未満の滞在のための観光ビザは、従来の100ポンドから115ポンドになる。学生ビザは127ポンドの値上げとなる。英国外からの学生ビザ申請料金は、従来の363ポンドから490ポンドとなる。

7月、リシ・スナック英国首相は、国の公共部門の賃上げに対応するため、優先ビザ、就学ビザ、スポンサー証明書の料金を値上げすると発表した。

スナック氏はまた、これらの料金は最近値上げされていないため、この動きは「全く正しい」と正当化した。また、英国ビザの値上げは、前回の値上げからコストが上昇していることを考えれば、妥当であるとも述べた。

先週、英国内務省はまた、徴収される手数料からの収入は「持続可能な移民・国籍システムを運営する内務省の能力において重要な役割を果たしている」と述べた。

「英国での就労を希望する人々にとって魅力的なサービスを提供し続け、すべての人々にとってより広範な繁栄を支援する一方で、英国の納税者からの資金拠出を削減するのに役立つよう、手数料を設定する際には慎重な配慮がなされる」と、英国内務省はプレスリリースで付け加えた。

一方、英国政府は、議会の承認を条件として、10月4日から移民・国籍手数料も値上げすることを明らかにしており、新料金は秋以降に発表される予定である。

来月初めから、英国への移住を希望する人は 英国 熟練労働者ビザ(スポンサーシップ証明書が3年以内に発行されたもの)を取得した場合、就労ビザ料金718ポンドを支払う必要がある。現在の就労ビザ料金は625ポンドである。

英国、来年から新スキーム

英国も来年から、新制度を導入する。 新しい旅行スキーム を導入数年前に欧州連合(EU)を離脱した英国は、最近、電子渡航認証(ETA)という新しい制度を発表した。

ETAは、英国に入国する際にビザを必要としない人のための新しい要件です。英国政府内務省ビザ・移民局によると、ETAの有効期限は2年間またはパスポートの有効期限のいずれか早い方まで。料金は約10ポンド(12ドルまたは8.50ユーロ)。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article