2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

ユーロ圏経済、今四半期は縮小の可能性-PMI

Must read

アメリカ

2/2

アメリカ ユーロ圏経済、今期は縮小の可能性-PMI© Reuters.ファイル写真:2023年6月26日、フランス・パリ近郊のビジネス・金融街、ラ・デファンスの超高層オフィスビル群。REUTERS/Stephanie Lecocq

2/2

ロンドン(ロイター) – ユーロ圏の企業活動の落ち込みが9月にやや緩和されたにもかかわらず、ユーロ圏経済は第3四半期に縮小し、すぐに成長に戻ることはないだろうとの調査結果が発表された。

S&PグローバルがまとめたHCOBのユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)は47.1に上昇し、33ヵ月ぶりの低水準となった8月の46.7を上回った。

この数値は、成長と縮小を分ける50を下回ってはいるものの、ロイターの世論調査では46.5まで若干低下するとの予想を上回った。

「ハンブルグ商業銀行のチーフ・エコノミスト、サイラス・デ・ラ・ルビア氏は、「ユーロ圏のサービス業PMIは厳しい数字だ。

「主な足かせは引き続き製造業で、受注状況がさらに悪化している。

9月の企業活動全体の落ち込みは、企業がかろうじて費用を増加させたにもかかわらず発生した。総合生産価格指数は53.3から52.2に低下し、2021年初頭以来最低となった。

先週、インフレ対策として主要金利を過去最高の4%に引き上げた欧州中央銀行(ECB)の政策担当者は、この落ち込みを歓迎するだろう。

サービス業PMIは47.9から48.4に上昇したが、今年2ヶ月目のマイナス成長となった。ロイターの世論調査では47.7と予想されていた。

借入コストの上昇により、負債を抱えた消費者の可処分所得は減少し、消費者は支出を控えた。サービス業新規企業指数は46.7から46.4に低下し、2021年2月以来の低水準となった。

製造業PMIは2022年半ば以来50を下回っており、最新のヘッドライン指数は43.5から43.4に低下し、ロイターの世論調査での44.0への上昇予想を裏切った。

総合PMIに反映される生産高を測定する指数は、先月の43.4で安定している。

その大部分は、既存受注を完了させた工場によるものである。受注残指数は39.8から38.1に低下し、2020年5月にCOVIDパンデミックが世界を支配して以来最低の数値となった。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article