2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤーチャイナ・エバーグランド株、17カ月ぶりの取引再開で下落

Must read

チャイナ・エバーグランドの株価は、1年以上ぶりに香港取引所での取引を再開した後、月曜日に急落した。

世界で最も負債を抱えるデベロッパーのひとつが、香港取引所の定める上場義務(財務報告書の公開など)を果たした後、株価は87%下落し、0.220香港ドル(3米ドルセント)となった。

この株価下落は、2009年末の香港上場以来、最悪の下落である。

日、同社は今年上半期の損失が330億1000万人民元であったことを発表したが、売上高は44.0%近く増加し、1億2818万人民元であった。

同社の損失は縮小したものの、株価の急落は、不動産販売の低迷と消費者心理の悪化に苦しむ不動産セクターに対する全体的な気難しい心理を示している。

エバーグランデは、資金繰りの問題が深刻化し、債務不履行や、請負業者やサプライヤーへの支払いなどの契約上の義務を果たせなくなっている。

6月末時点の負債総額は2兆3,900億人民元で、エバーグランデは、オフショア債務の再編を急ぎ、様々な債権者の長期的利益の保護に取り組むと付け加えた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article