2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

今日の株式市場債券市場の利回り緩和により、ウォール街は上昇。

Must read

東京–。 木曜日、ウォール街が債券市場からの圧力がやや和らぎ、6月以来の最高値を記録した後、アジア株はほとんどが上昇した。

日本のベンチマークである日経平均は、午前中の取引で0.4%上昇し、32,146.33となった。オーストラリアのS&P/ASX200は0.4%高の7,178.10。韓国のコスピは1.0%高の2,531.45。香港のハンセンは1.1%高の18,041.53、上海総合は0.1%安の3,074.78。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長がジャクソンホールで講演する。パウエル議長は、ワイオミング州ジャクソンホールで開催されるイベントで講演する。

トレーダーの間では、FRBはすでにこのサイクル最後の利上げを終え、来年早々には利下げを開始するだろうという期待が持たれてきた。しかし、このところ予想を上回る経済指標が発表されるたびに、そうした期待は薄れつつある。

SPIアセット・マネジメントのマネージング・パートナーであるスティーブン・イネス氏は、「アジアの株価は、米国市場のポジティブなモメンタムを手がかりに上昇するようだ」と語った。

ウォール街では、S&P500種株価指数は1.1%上昇し、これまでの8月が悲惨なものであったことから、その損失を縮小した。ダウ平均は184ポイント(0.5%)上昇し、ナスダック総合株価指数は1.6%上昇した。

大手ハイテク株をはじめ、金利緩和の恩恵を受ける銘柄が上昇した。10年物国債利回りは、米国経済が冷え込んでいる可能性を示唆する報道を受け、2007年以来の高水準からさらに低下した。

アップル株が2.2%上昇し、マイクロソフト株が1.4%上昇したことは、S&P500種株価指数を押し上げる2つの強力な要因となった。

市場で最も影響力のある銘柄の一つであるエヌビディアは、待望の利益報告を前に3.2%上昇した。その日の取引終了後に発表されたこの報告書への期待は非常に大きかったが、それでも予想を上回る結果となった。

エヌビディアは3ヶ月前、人工知能技術のブームにより、7月までの3ヶ月間で約110億ドルの収益を上げると予測し、ウォール街を驚かせた。

この発表により、ウォール街は一気に盛り上がった。AI関連企業の株価は急騰し、投資家たちはCEOが決算説明会で「AI」について何回言及できるかを数えようとした。エヌビディアの株価は今年、今のところ3倍以上になっており、その大きな動きを正当化するためには、周囲のはるかに高い期待に応える必要がある。

水曜日に発表されたエヌビディアのレポートは、その基準をクリアしたように見えた。最新四半期の売上高は、前年同期比2倍以上の135億1000万ドルに達した。また、今四半期の収益予想もウォール街の予想を上回った。同社の株価は時間外取引で上昇した。

今年初めのS&P500種株価指数の上昇の大半を支えたのは、エヌビディアをはじめとするほんの一握りの企業だった。これらの「マグニフィセント・セブン」銘柄の多くもAI熱狂の恩恵を受けた。

債券市場で利回りが上昇したため、これらの銘柄は最近さらに圧力を受けている。債券の利回りが高まれば、投資家は株価が急騰する可能性のある株式やその他の投資に高いお金を払う必要性を感じなくなる。

水曜日の国債利回りは緩和し、その圧力をいくらか取り除いた。10年物国債利回りは火曜日末の4.33%から4.18%に低下した。

米国のサービス業と製造業の業況判断(速報値)は6ヶ月ぶりの低水準となり、債券市場全体の利回りを下げた。S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスが発表した生産高を示す指標は依然として成長を示しているが、インフレと金利上昇の影響を受け、成長率は低下している。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、「8月の企業活動がほぼ失速したことは、第3四半期の米国経済成長の力強さに疑念を抱かせる」と述べた。

高金利は経済全体を減速させ、投資価格にも打撃を与える。しかし、依然として堅調な雇用市場と米国の家計による支出は、インフレ率をFRBの目標である2%まで最後の1%ポイントまで引き下げることを困難にする恐れがある。

S&P500種指数は48.46ポイント上昇し、4,436.01となった。ダウは184.15ドル高の34,472.98ドル、ナスダックは215.16ドル高の13,721.03ドル。

エネルギー取引では、ベンチマークである米国産原油が33セント安の1バレル78.56ドル。国際標準のブレント原油は28セント安の1バレル82.93ドル。

為替取引では、米ドルは144.79円から145円まで上昇した。ユーロは1.0864ドルで、1.0865ドルからほとんど変化しなかった。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article