9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤーオーストラリアPMI、景気冷え込み示すもインフレ率はまだ改善せず

Must read

シドニー発-オーストラリア経済は急速に冷え込んでおり、柔道銀行の8月購買担当者景気指数は著しく低下した。

柔道銀行のフラッシュ・オーストラリア総合PMI生産高指数は、7月の48.2から47.1に低下し、民間部門活動の堅調な減少を示し、8月の50.0を下回った。

企業活動の減少率は、2022年1月以来最も急速に加速したと、同銀行は発表した。

このデータは、オーストラリア準備銀行が最近、資源国であるオーストラリア経済の幅広い減速の兆候の中で利上げが終了する可能性を示唆したことと一致している。

柔道銀行のチーフ・エコノミック・アドバイザー、ウォーレン・ホーガン氏は、今回のPMI速報値は、生産高指数と新規受注指数の両方が再び低下したことにより、オーストラリア経済の循環的な減速が進行中であることを示すさらなる証拠となったと述べた。

「これらの重要な指標は2ヶ月連続で50を下回り、経済成長の鈍化が冬の間も続いていることを裏付けている。

これまで回復力のあったサービス業が過去3ヶ月で最も急速に活動の勢いを失っている一方で、オーストラリアの製造業は中立の50をわずかに下回る水準で安定している。

それでも、8月の雇用指数は中立をかなり上回る水準で上昇し、企業は雇用を続けている。

また、インフレ圧力は依然として粘り強く、更なる利上げの引き金となる可能性もある。

ホーガン氏によると、8月のサービス業と製造業の雇用はともに拡大し、多くのオーストラリア企業にとって労働需要の持続と雇用不足が確認された。

「慢性的な労働力不足とスキルのミスマッチが、景気の循環的な減速にもかかわらず、労働需要を高めている可能性がある」とホーガン氏は付け加えた。

PMI調査における景況感の代用指標である将来活動指数は8月に力強く上昇し、企業は依然として先行きに自信を持っている。

ホーガン氏によれば、楽観的な見方が再び強まったことで、短期的な景気減速に伴い、企業経営者が人員削減に踏み切る可能性は低くなるだろうという。

柔道銀行のデータ内のインフレ指標は、投入価格と最終価格指数の両方が過去6ヶ月で下げ止まっているため、2022年を通して明白であったディスインフレ傾向が2023年に終わりを告げたことを示している。

最終価格は、オーストラリア準備銀行が望む2%から3%ではなく、少なくとも4%の将来のインフレと一致する水準で高止まりしている。

ホーガン氏は、「2023年に賃金圧力がRBAの現在の予想である年率4%を上回らないと確信するには時期尚早である」と述べた。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article