2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

News24|合意へ向けて順調:北朝鮮の金正恩委員長、プーチン大統領と会談か?

Must read

ウクライナ戦争

  • 金正恩はプーチンに会うためにロシアを訪問する可能性が高い。
  • 米国は北朝鮮がロシアに武器を供給すると考えている。
  • ロシアも北朝鮮も国際的な制裁に直面している。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記は、ウクライナ戦争のためにモスクワに武器を提供することについて協議するため、ロシアのプーチン大統領と会談するために、珍しい海外訪問を行う予定であると、米国が月曜日に発表した。

ウクライナは南部と東部で非常に慎重な反攻を進めているが、プーチンは月曜日、これを失敗と断じた。

ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)報道官アドリアン・ワトソンは、「ロシアと朝鮮民主主義人民共和国の武器交渉は活発に進んでいる」と述べた。

「我々は、金正恩がロシアにおける指導者レベルの外交関与を含む、これらの協議が継続することを期待しているという情報を持っている」と彼女は付け加えた。

米国は先週、ロシアがすでに北と秘密裏に協議し、モスクワの戦争努力のための様々な軍需品や物資を獲得していると警告した。

記事を読む金正恩氏、北朝鮮トップの将軍を解任=「全面的な戦争準備」呼びかけ-国営メディア

ニューヨーク・タイムズ紙によると、金正恩は今月末、プーチンと会談するため、北朝鮮からほど近いロシアの太平洋岸にあるウラジオストクに装甲列車で向かうようだ。

同紙によれば、プーチンは北朝鮮から砲弾と対戦車ミサイルを欲しがっており、金正恩はモスクワに行く可能性さえあるが、それは不確かだという。

ウクライナ戦争 金正恩

ロシアのプーチン大統領が北朝鮮の金正恩委員長と一緒にいる。

金正恩委員長は、人工衛星や原子力潜水艦などの先端技術や、貧困にあえぐ自国への食糧援助を求めていると報じられている。

南北関係を担当するソウル統一省の関係者は、平壌とモスクワ間の武器取引の可能性が高まっていることを、様々な動きが「示している」と述べた。

「北朝鮮と近隣諸国とのいかなる形の協力も、国際規範と平和を損なわない方法で行われなければならない」と彼は記者団に語った。

ワシントンは先週、否定しているにもかかわらず、北朝鮮が2022年にロシアに歩兵用ロケットとミサイルを供給し、私的に管理されているワグナー軍事グループで使用されたと発表した。

ロシア国防相のセルゲイ・ショイグが7月に北朝鮮を訪れ、戦争用の追加弾薬を入手しようとしたと、ワトソンは月曜日に語った。

ソウルにある梨大のパク・ウォンゴン教授は、平壌とモスクワの双方が「外交的孤立からの脱却」を必要としており、首脳会談は韓国や日本との防衛協力を強化しているワシントンにメッセージを送ることになるだろうと語った。

「韓国、アメリカ、日本がキャンプ・デービッド首脳会談を含め、最近協力関係を強化しているように、北朝鮮とロシアもまた、象徴的な外交的意味で協力関係をアピールする必要がある」と彼はAFPに語った。

先週の国連で、アメリカ、イギリス、韓国、日本は、ロシアと北朝鮮の協力関係を強化するような取引は、平壌との武器取引を禁じる安保理決議に違反すると述べた。

彼らは、ショイグの平壌訪問の後、別のロシア高官グループがフォローアップ会談のために北朝鮮を訪れたと述べた。

韓国統一研究院(Korea Institute for National Unification)のチョ・ハンボム(Cho Han-bum)上級研究員は、制裁はロシアと北朝鮮の武器取引を止めるにはほとんど役立たないと述べた。

「ウクライナでの戦争と米中の戦略的競争は、現在の国連安保理システムを事実上無力化している」とチョ氏はAFPに語った。

モスクワと平壌は、すでに西側の懲罰的措置の下で活動しているため、制裁について「心配はない」と彼は言い、両国の軍事協力は「止められない」可能性が高いと付け加えた。

アメリカは8月、北朝鮮とロシア間の武器取引を促進しようとしていると非難された3つの団体を制裁し、ワシントンはモスクワのウクライナ戦争への支援に対する規制を強化した。

米財務省は、ロシアはウクライナで軍需品を使い果たし、重装備を失い続けているため、北朝鮮を含む少数の同盟国に支援を頼らざるを得なくなっていると述べた。

ウクライナ政府関係者は、現在進行中の反攻作戦に一定の進展があったと主張しているが、プーチンは月曜日、2022年2月のロシアの侵攻以来、失われた土地を奪還する試みは失敗に終わったと再び述べた。

「失速しているのではない。失敗だ」とプーチンは、黒海のリゾート地ソチでトルコの指導者レジェップ・タイイップ・エルドアンとの記者会見で語った。

「少なくとも今日はこんな感じだ。次に何が起こるか見てみよう”

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が、戦乱の最前線である東部ドネツク州を訪れ、兵士と対面する動画を投稿した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article