2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

OpenAIのChatGPTがインターネット閲覧機能でユーザー体験を革新する

Must read

ビジネス情報

OpenAIの親会社であるOpenAIは、驚くべき展開を見せている。 ChatGPTは、チャットボットがインターネットからリアルタイムの情報にアクセスできるようにする重要なアップデートを発表した。

ChatGPTは、広大なワールド・ワイド・ウェブから最新の情報をユーザーに提供できるようになったからだ。この発表は、同社のプラットフォームであるX(以前はTwitterとして知られていた)を通じて行われた。

ChatGPTは創業以来、長い道のりを歩んできた。当初は2021年9月までのデータで学習させたため、リアルタイムの情報を提供することはできなかった。しかし、OpenAIは一貫してAI開発の限界を押し広げており、最新のアップデートは大きな飛躍を意味する。

ChatGPTにインターネット閲覧機能を搭載するというOpenAIの決断は、イノベーションとユーザーの進化するニーズに応えるという同社のコミットメントの証である。Browse with Bing’として知られるこの機能は、現在、ChatGPTの有料版のユーザーが利用可能で、近い将来、すべてのユーザーへのアクセスを拡大する予定です。

OpenAIは以前にも同様の機能を実験的に導入しており、プレミアム版のChatGPT Plusの中で、ユーザーがBing検索エンジンを通じてリアルタイムの情報にアクセスできるようにしていました。この機能は5月に導入され、注目を集めたが、ユーザーが特定のウェブサイトのペイウォールを回避できるようになるのではないかという懸念から、2ヵ月後に一時的に使用できなくなった。

ChatGPTのインターネット閲覧機能の再構築された統合は、これらの懸念に対処し、より安全でユーザーフレンドリーなエクスペリエンスを提供するために、より堅牢なフレームワークで設計されているようです。

興味深いことに、ChatGPTの新しいブラウジング機能は、同じ年の3月にグーグルが開発しローンチしたチャットボットBardと類似している。これは、OpenAIがAI市場でGoogleと競合することに熱心であることを示唆しており、ハイテク業界におけるAI搭載チャットボットの重要性が高まっていることを示している。

ChatGPTのインターネット閲覧機能の導入は、リアルタイムの情報への前例のないアクセスを提供する一方で、ユーザーのプライバシーや、有害な素材、誤った情報、著作権で保護されたコンテンツの潜在的な拡散に関する懸念を提起している。BBCが報じたように、ユーザーは新しいブラウザ・プラグインを有効にするためにチャット履歴を有効にする必要があり、実質的にAIモデルと個人データを共有することに同意することになる。

Distributed AI Research Instituteの研究ディレクターで、グーグルのEthical AIの元リサーチ・サイエンティストであるアレックス・ハンナは、データ・プライバシーに関連するリスクを強調した。これらのAIシステムを通じて、特定の個人情報が不注意に暴露される可能性があるという正当な懸念があり、これらの企業のデータソースが専有的であるため、データ漏洩の程度は依然として不確実な問題である。

OpenAIはこれらの懸念を認識し、最新の機能では、ウェブサイトがChatGPTとどのように相互作用するかを制御できるようにし、ある程度のコンテンツモデレーションを提供し、潜在的な悪用から保護することを示しました。

Hannaはまた、ChatGPTが幻覚を発生させたり、誤った情報や不正確な情報を広めたりする可能性を強調した。この問題は、サフィヤ・ノーブルの著書『抑圧のアルゴリズム』などの研究結果からも明らかなように、AIツールや検索エンジンが直面する、人種や性別による偏見を永続させるという、より広範な課題を浮き彫りにしている。

ノーブルの研究は、黒人女性と白人女性に関するクエリに対する検索エンジンの結果がどのように異なるかを明らかにし、これらのプラットフォームを動かすアルゴリズムの中に人種差別と性差別が存在することを明らかにしている。AIシステムの偏見に対する懸念は、ChatGPTに限ったことではなく、より広範なAIエコシステムにも及んでいる。

今週初め、OpenAIはChatGPTに音声と画像の機能を導入したが、この動きは世間から様々な反応を引き起こした。一部のユーザーは、AIがより人間に近く、多機能になるための一歩として、この進化を祝福したが、他のユーザーは懸念を表明した。

これらの開発に対する批評家たちは、小規模なAIの新興企業やソフトウェア・エンジニアに潜在的な影響が及ぶことを懸念した。彼らは、ChatGPTや同様のAIモデルが進化し続けることで、AIの雇用市場が混乱し、特定の役割において人間の労働者を置き換える可能性があることを懸念している。

さらに、著作権法違反や知的財産権の侵害を主張するOpenAIに対する最近の訴訟など、法的な懸念もある。こうした法廷闘争は、AI技術が進歩するにつれて生じる複雑さと課題をさらに際立たせている。

OpenAIの取り組みと並行して、 メタフェイスブックの親会社であるメタ社も、AIの分野で大きく前進している。Metaは最近、Llama 2言語モデルで学習させた初のチャットボット、Meta AIを発表した。この動きは、WhatsApp、Instagram、Messengerを含む同社の最も人気のある製品にAIチャットボットを統合するというMetaのコミットメントを示すものだ。

MetaのAIチャットボットを際立たせているのは、独自のバックストーリーであり、その結果、ユーザーのクエリに対して明確な応答が返ってくる。このアプローチにより、パーソナライゼーションとエンゲージメントのレイヤーが追加され、AIチャットボットとのインタラクションがよりダイナミックになり、個人の好みに合わせて調整される。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article