23.8 C
Tokyo
2024年 7月 15日 月曜日

今日の株式市場:米国のデータで利上げ懸念が再燃し、アジアはウォール街の下落に追随

Must read

北京 — アジア 株式市場米経済指標がまちまちだったため、米連邦準備制度理事会(FRB)が再び利上げに踏み切るのではないかという懸念が高まり、月曜日は株価が急落した。

香港の主要市場指数は2.3%急落し、上海、東京、シドニーも下落した。原油価格は後退した。

ウォール・ストリートのベンチマークであるS&P500指数は、政府発表の7月の生産者物価上昇率が加速したことを受け、0.1%下落した。それ以前のデータでは、7月の消費者物価も上昇率が速かった。

みずほ銀行のタン・ブン・ヘン氏はリポートの中で、「楽観的な期待に対する後退は無視できない」と述べた。米連邦準備制度理事会(FRB)が「利上げを見送る」ためには、「データが理由を示す必要がある」。

上海総合指数は1.1%安の3,154.16、東京の日経平均は1%安の32,160.30。香港のハンセンは18,629.82まで下落した。

韓国のコスピは1%安の2,565.37、シドニーのS&P-ASX200は0.8%安の7,283.60。

ニュージーランドと東南アジア市場も下落した。

ウォール街では、労働省が発表した生産者物価指数が前年比0.8%上昇し、6月の0.2%から加速したことを受け、S&P500は金曜日に4,464.05まで下落した。週間では0.3%の下落となり、2週連続の下落となった。

ナスダック総合株価指数は0.7%下落の13,644.85。ダウ平均は0.3%上昇の35,281.40ドル。

物価データは、FRBが経済活動を冷やすための1年間の急速な利上げの後、インフレはコントロール下にあり、これ以上の利上げは必要ないと判断するだろうという投資家の期待と衝突した。

CMEグループのデータによると、ウォール街のトレーダーの大半は、中央銀行が9月の会合でフェド・ファンド・レートに変更を加えないことに賭けている。こうした期待により、S&P500種株価指数は今年最初の7ヵ月間で19.5%上昇した。

批評家たちは、ウォール街があまりにも早く、インフレはコントロールされ、景気後退は回避され、FRBは利上げサイクルを終了したというコンセンサスを形成したと警告している。

政府発表によると、7月の米消費者インフレ率は前月の3%から3.2%に加速した。これは9%を超えた昨年のピークからは低下しているが、FRBが目標とする2%よりはまだ高い。

年物国債利回りは4.89%に上昇するなど、債券利回りは上昇した。年物国債利回りは4.89%まで上昇し、FRBへの期待に密接に連動するこの利回りは、報告書発表直前には4.80%となっていた。年債利回りは4.10%から4.16%に上昇した。10年物国債利回りは、住宅ローンやその他の重要なローンの金利設定に役立っている。

FRB高官は、金利決定は雇用、インフレ、その他のデータ次第だと述べている。

今週は、火曜日にホーム・デポ、水曜日にターゲット、木曜日にウォルマートなど、米国の主要小売企業が四半期決算を発表する。

エネルギー市場では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油が72セント安の1バレル82.47ドルとなった。金曜の同限月は37セント高の83.19ドル。国際的な原油取引の価格基準となるブレント原油は、ロンドン市場で76セント安の1バレル86.05ドル。金曜日は41セント高の86.81ドルだった。

ドル円は金曜日の144.97円から144.93円まで下落した。ユーロは1.0951ドルから1.0933ドルに下落した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article