2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

株価は2日続落、ナスダックは1%下落 FRBが長引くインフレ問題を指摘:ライブ更新

Must read

水曜日の主要平均株価はすべて下落

モーニングスターがカバーする住宅メーカー3社は「十分に評価されているように見える」。バークシャー・ハサウェイは第2四半期に2社を買収

モーニングスターは、同社がカバーしている3つの住宅建設株について、ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイが今週、第2四半期に購入したことを明らかにした2社を含め、「今日の我々の指標では、十分に評価されているように見える」と述べた。

バークシャーは7億2600万ドル相当を購入した。D.R.ホートン株、7000万ドル相当NVR株と1720万ドルの レナー第2四半期に SECへの最新の13Fによると。

モーニングスターのアナリスト、ブライアン・バーナード氏は、D.R.ホートンを3つ星と評価し、その公正価値を水曜日の約123ドルを下回る120ドルとした。 トール・ブラザーズ は3つ星、目標株価は76ドルで、トールの直近取引価格を5%以上下回っている。モーニングスターはNVRをカバーしていない。

モーニングスターは、2023年の総住宅着工戸数は17%減の129万5,000戸、一戸建て着工戸数は18%減の82万5,000戸、集合住宅着工戸数は14.5%減の47万戸と見ている。

– スコット・シュニッパー、マイケル・ブルーム

小売企業の決算報告にはオプションの上振れがあるとゴールドマンは指摘

ゴールドマン・サックスのデリバティブ・リサーチ・チームによると、8月後半に発表される小売企業の決算報告は、オプション取引を通じて投資家に上昇の可能性をもたらすという。

アナリストのSesha Phani氏は水曜日、顧客向けメモの中で次のように述べている。 バス&ボディ・ワークス, メイシーズ そして ノードストローム はいずれも、来週の決算報告を控えたコール・オプションのロング候補だった。ゴールドマンのアナリストは、不安定な小売環境にもかかわらず、3社の経営戦略に楽観的だ。

コール・オプションを購入することで、投資家は、決算発表後に株価が上昇した場合にはその上昇分を取り込むことができる一方、決算が予想より悪かった場合には下落リスクを抑えることができる。

– ジェシー・パウンド

ゴールドマン・サックス、タンガーとキムコを格下げ

ゴールドマン・サックスは不動産投資信託2社を格下げした、 タンガー・ファクトリー・アウトレット・センターズキムコ不動産水曜日に買いから中立へ。

TangerのFFO倍率は過去12ヶ月で74%拡大し、株価はコンセンサス予想修正を大幅に上回り、倍率はREIT全体の倍率-成長トレンド線に近い、とアナリストのケイトリン・バローズは顧客向けメモに書いている。

バローズ氏はまた、キムコのFFO成長は以前考えられていたよりも限定的であると予想している。2024年から2025年にかけてFFOの伸びは加速するものの、小売業界の同業他社に比べれば遅れをとるだろうという。

タンガー・ファクトリー・アウトレットの株価は、年初来で34%近く上昇しているが、キムコ・リアルティは9%近く下落している。

– ミシェル・フォックス

トム・リーとステファニー・リンクが住宅、エネルギー株を好む理由

公益事業と消費者関連株がS&P500指数をリード、メディア企業が指数の足を引っ張る

水曜午後のS&P500種指数は、公益事業が0.71%、消費者関連株が0.26%それぞれ上昇した。金融は0.25%上昇し、僅差で続いた。

発電会社 AESコーポレーション は2.8%の上昇で、午後の取引で公益セクターをリードした。 コンソリデーテッド・エジソン そして 公共サービス企業 も約1.5%上昇した。ターゲットは第2四半期の決算を受け、3.7%高で取引され、消費財を牽引した。 決算 予想を上回る

通信サービスは0.7%下落し、広範なベース・インデックスで大きく出遅れた。このセクターの足を引っ張ったのは、メディア業界の巨頭である パラマウント, ネットフリックス そして コムキャスト.Facebookの親 メタ そして マッチグループ も少なくとも1%の損失を計上している。

ピア・シン

ドイツ銀行の調査によると、バド・ライトは論争の後、改善している

ドイツ銀行の調査によると アンハイザー・ブッシュ・インベブののバド・ライトは、その凋落をめぐるドラマの後、人気を取り戻しつつある。 トランスジェンダーのインフルエンサーをマーケティングに起用するという決定をめぐるドラマの後、バドライトは人気を取り戻している。

アナリストのMitch Collett氏は、7月から8月にかけて、ビールを飲む人のうち、バドライトを買わなくなった人の割合が減少していることを、水曜日の顧客向けメモで明らかにした。また、今後3ヶ月から6ヶ月の間にバドライトを購入する可能性は非常に低いと答えた元バドライト愛飲者も大幅に減少している。

バドライトの損失から利益を得ている他のブランドも、7月よりも8月の消費者の間でスイッチの利益が少なかったと彼は付け加えた。

また水曜日には ターゲット ブライアン・コーネルCEOは次のように述べている。 “否定的な反応” 小売業者のプライドをテーマにしたコレクションに対する “否定的な反応”が売上を圧迫した。

– アレックス・ハーリング

FRB議事録、当局者がインフレの「上振れリスク」を指摘

米連邦準備制度理事会(FRB)が7月に公表した議事録は、「インフレ上振れリスク」を指摘した。上昇リスク 「インフレ率に対する上振れリスク がある。

「インフレ率が委員会の長期目標を依然大きく上回り、労働市場もタイトなままであることから、ほとんどの参加者は引き続き、インフレ率の上昇リスクが大きいと見ており、さらなる金融引き締めが必要となる可能性がある」と、議事要旨は述べている。

– フレッド・インバート、ジェフ・コックス

中国経済の低迷は株式よりも利回りに影響する可能性、マクロ・ストラテジストが指摘

中国の弱い経済データは、需要減退と不動産市場の低迷を懸念して市場を動揺させた。このニュースは投資家心理を悪化させたが 火曜日の カーソン・グループのディレクターでマクロ・ストラテジストのソヌ・ヴァルゲーズは、中国経済の悪化の影響は株式よりもむしろ債券市場に現れるだろうと考えている。

「中国で起きていることから私たちが隔離されているとは言いたくないが、どちらかといえば債券市場の方が影響が大きいと思う」とヴァルゲーズ氏。

「中国経済が通貨安圧力にさらされている場合、おそらく外貨準備の一部を使うだろうし、国営商業銀行は通貨防衛のために海外資産の一部を使うだろう。なぜなら、彼らは歴史的に住宅ローン担保証券を多く購入してきたからだ。

確かに、住宅ローン金利はすでに7%台に入っている。

「住宅ローン金利が高いにもかかわらず、住宅需要が増え始めている。従って、産業経済に直接大きな影響が出るとは思わないが、債券市場には影響が出るかもしれない。

– キム・ハギョン

買われ過ぎの中、市場は勢いを失うとウルフ・リサーチが指摘

ウォルフ・リサーチのロブ・ギンズバーグ氏は、市場の憂慮すべき傾向を指摘した:株価は買われ過ぎの状態で勢いを失っている。

「NASDAQの週足MACDが売りシグナルを出したのは昨年9月以来だが、それ以上に重要なのは、買われ過ぎの状態にあるのは昨年初め以来だということだ。「S&Pはまだそこまでには至っていないが、もしNDXに追随しないのであれば、非常に驚きである。

– フレッド・インバート、マイケル・ブルーム

昼間に大きく動いた銘柄を見る

S&P500種構成銘柄のうち11銘柄が安値更新

水曜日の日中取引で、S&P500種構成銘柄のうち11銘柄が新たに安値を更新した。その中で、ModernaやSolarEdge Technologiesといった銘柄が2020年以来の安値をつけた。

一方、最高値を更新したS&P500銘柄は4つだけだった:コムキャスト、TJXカンパニーズ、アーサー・J・ギャラガー、イーライリリーである。

以下は、52週安値を更新した他の銘柄である:

– サラ・ミン、クリス・ヘイズ

FRB議事録発表へ、市場は金利誘導を模索

水曜日の午後2時、連邦準備制度理事会(FRB)が最新の会合議事録を発表する。

連邦準備制度理事会 0.25ポイントの引き上げを承認 パウエル議長はこの日の会合で0.25%ポイント引き上げを承認し、主要な借入金利を5.25%~5.5%の目標レンジに設定した。パウエル議長の記者会見では、相反する見解が示された。

市場では、7月25-26日の会合で承認された利上げが最後になるとの見方が圧倒的で、ここ数週間、複数のFRB高官がその見方を後押しするかのような発言をしている。

しかし、中央銀行が長期インフレ目標である2%を達成するには程遠く、少なくとも金利を高水準に維持する必要があると指摘する向きもある。

-ジェフ・コックス

水曜日の中国株は下落

水曜日の中国株は下落した。

中国 iシェアーズ MSCI チャイナ ETF は1.4%引き下げた。中国に特化したこのファンドは、年初来で7%近く下落している。

テンセント そして JD.Com は、決算発表を受けて株価が下落した。両社の株価は2%以上下落した。 アリババ そして 百度 株はそれぞれ2%と2.8%下落した。

中国人民銀行 金利引き下げ火曜日、中央銀行は2.65%から2.5%へ、この3ヶ月で2回目の利下げを行った。同じく火曜日に発表された7月の経済データはアナリスト予想を下回り、成長鈍化とデフレへの懸念が高まった。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

内容を隠す

iシェアーズ MSCI チャイナ・ファンド

– キム・ハキョン

タワー・セミコンダクター、インテルの買収計画頓挫で急落

タワー・セミコンダクター タワー・セミコンダクター【19459014】の株価は7%下落し、水曜日の朝に52週間ぶりの安値をつけた。

この動きは、インテルがタワーの買収計画(54億ドル)を打ち切ることで合意したと発表した後に起こった。インテルは、必要な規制当局の承認をタイムリーに取得できなかったことを理由に挙げている。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

コンテンツを隠す

タワー半導体 YTD

インテルはタワーに3億5300万ドルの契約解除金を支払う。

続きを読む この開発についてはこちら.

ダーラ・メルカード、アルジュン・カルパル

住宅建設業者のセンチメント悪化は株式にとって脅威とウルフ・リサーチが指摘

ウルフ・リサーチ社によると、火曜日に住宅建設業者のセンチメントが意外なほど悪化したことは、より広範な経済に対する警告のサインかもしれない。

ストラテジストのクリス・セニェック氏は、水曜日の顧客向けメモの中で、このレポートについて次のように述べている。 指数は8月に50まで下落した。過去最低の値ごろ感が、ついに販売活動と住宅建設業者のセンチメントに打撃を与え始めた」ことを示しているのかもしれない。

パンデミック(世界的大流行)が始まって以来、住宅価値は家計資産を12兆ドル押し上げた(株式は「わずか」7兆ドル)。1ヵ月でトレンドが決まるわけではないが、住宅価格の持続的な下落は、過去6ヵ月間のサプライズと株式市場の上昇をもたらした “好循環のミニサイクル “を解き放つ可能性がある。

– ジェシー・パウンド

みずほ証券がシェブロンを「買い」に格上げ、新規プロジェクトパイプラインに注目

みずほ証券 シェブロン は、原油価格の上昇とともに成長を続けるだろう。

同社は水曜日、シェブロン株を「買い」に格上げした。アナリストのニティン・クマール氏は、同社の坑口圧管理によるテンギズ油田の拡大を強調した。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

コンテンツを隠す

シェブロン株

「オイルミックスは、マイク・ワースCEOが決算説明会で示した長期的な50%を下回る傾向にあるが、新規坑井の生産性が向上するにつれて増加すると予想している」とクマール氏。

シェブロン株は水曜朝、1.2%上昇した。

CNBC Pro購読者は全文を読むことができる。 こちら.

– ブライアン・エヴァンス

アナリストは決算に向けてエヌビディアに強気の姿勢を維持

今年に入って株価が200%以上も急騰しているにもかかわらず、アナリストは8月23日の鐘の後の四半期決算を前に、エヌビディアに強気の見方を崩していない。

「バークレイズのアナリスト、ブレイン・カーティスは最近のメモで「今年200%以上上昇した銘柄を買うのは明らかにためらわれる。

アナリストのコメントを読む この銘柄に熱狂する理由はこちら .

– サマンサ・スビン

ウェルズ・ファーゴ、GEヘルスケアの株式カバレッジをオーバーウエートで開始

ウェルズ・ファーゴの考え GEヘルスケア・テクノロジー は、定期的なMRIの使用を必要とする重要なアルツハイマー病治療薬の成長から利益を得るだろう。

同社は水曜日にGEHC株のカバレッジをオーバーウエート評価で開始した。株価は火曜日の朝に1.9%上昇した。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

内容を隠す

GEヘルスケア・テクノロジーズの株式

「アナリストのラリー・ビーゲルセン氏は、「米国、EU、日本におけるアルツハイマー病治療薬の患者数の分析に基づき、2024年にGEHCに4700万ドルの増収(20bpsの成長寄与)を見込んでいる。

CNBC Pro購読者は全文を読むことができます。 こちら .

– ブライアン・エヴァンス

コインベース、暗号先物取引開始の許可を得る

米国の暗号通貨取引所の株式 コインベース CFTC指定の自主規制団体である全米先物協会が、同社が既存のスポット暗号取引と並行して先物取引サービスを運営することを承認したことを受け、同社は2.9%上昇した。

コインベースによると、世界の暗号デリバティブ市場は、世界の暗号取引量の75%を占めている。

この承認は、業界が証券取引委員会がビットコインのスポットETFのいくつかの申請を承認するのを見守る中で行われた。規制当局はこれまでビットコイン先物ETFの運営しか認めていない。Coinbaseはいくつかのファンドと監視共有契約を結んでおり、市場操作に関するSECの懸念に対処するための回答を待っている。

– タナヤ・マシール

水曜日の株価は下落

米国株は水曜日の取引をフラットライン付近で開始した。

ダウ工業株30種平均は小幅下落。S&P500種株価指数は0.1%弱の下落。一方、ナスダック総合株価指数は0.3%下落した。

– キム・ハギョン

FRB議事録がパウエル議長の次の一手を示唆か

BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略責任者イアン・リンゲン氏は、本日午後に発表される米連邦準備制度理事会(FRB)議事録は、中央銀行が春の地方銀行危機と自らの政策引き締めの潜在的な遅行効果をどのように見ているかを明らかにする可能性があると述べた。

「FRBの現在の運営バイアスを示すこれら2つの分野は、いずれも午後に注目すべき点であり、直近の利回り高値からの上昇を誇張するリスクがある。さらに、パウエル議長がFRBはバランスシートの縮小を続けながら利下げも実施すると明言したことから、バランスシートの終末的な役割に関するさらなる議論は、午後の公式発表の中で注目されるだろう」と、リンゲン氏は水曜日の顧客向けメモで述べている。

7月会合の議事録は米国東部時間午後2時に公表される予定。連邦公開市場委員会(FOMC)の次回会合は9月19日に予定されている。

– ジェシー・パウンド

7月住宅着工件数、予想を上回る

住宅着工件数 バラ3.米国勢調査局と住宅都市開発省のデータによると、7月の新築住宅建設件数は前月比9%増の145万件となった。これは、StreetAccountの新築住宅建設のコンセンサス予想144万戸を上回った。

一方、7月の建築許可件数は前月比0.1%増の144万件。StreetAccountによると、エコノミストは145万件と予想していた。前年同月比では13%減となった。

– キム・ハギョン

ゴング前に大きく動いた銘柄

プレマーケットで最も大きく動いた企業を紹介しよう:

  • ターゲット – 小売業者が通期予想を下方修正し、直近四半期の収益がウォール街の予想を下回ったにもかかわらず、ターゲット株は市場が始まる前に8%近く急騰した。
  • テスラ – 電気自動車株は、中国で既存のモデルSとモデルXの在庫価格を引き下げたというニュースで、市場前に2%以上下落した。
  • キャバ – 地中海料理のファーストカジュアルチェーンの株価が9%以上上昇した。 利益を計上を計上した。

動く名前リストを読む こちら .

– サマンサ・スビン

UBSがキューリグ・ドクター・ペッパーを格上げ、業績が過小評価されていると指摘

UBSがアップグレード キューリグ・ドクターペッパー の株価は過去の平均株価に比べて割安であると指摘した。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

内容を隠す

キューリグ・ドクター・ペッパーの株式

「アナリストのピーター・グロム氏は、「業績が回復基調にあり、魅力的なエントリー・ポイントであることから、リスクとリターンは現在、上昇に偏っていると考えている。

株価は水曜日のゴング前に1.3%上昇した。

CNBC Pro購読者は全文を読むことができる。 こちら.

– ブライアン・エヴァンス

ターゲット、予想を上回る決算で急伸

ターゲット は、アナリスト予想を上回る四半期決算を発表し、プレマーケットで7%以上急伸した。同社は1株当たり1.80ドルの利益を得たが、Refinitivの世論調査によるアナリストの予想は1.39ドルだった。

株価チャートアイコン株価チャートアイコン

内容を隠す

TGTポップス

FRB議事録待ちで国債利回りは低下

米国債利回りが急落 水曜日、投資家は金利政策に関する新たな手がかりを提供する可能性のある連邦準備制度理事会(FRB)の最新議事録の公表を控え、国債利回りは 急落した。 英国のインフレ・データ.

米国東部時間午前4時14分。 10年物国債 利回りは3ベーシスポイント以上低い4.1895%で取引された。10年債利回りは 2年物国債 は4.9142%と、4ベーシスポイント弱下落した。

利回りと価格は逆方向に動く。1ベーシスポイントは0.01%に相当する。

国債

– ソフィー・キダーリン

欧州株式市場は下落して始まる

水曜日の欧州市場は、投資家が英国のインフレ・データを評価する中、下落して始まった。

汎欧州のストックス600指数は取引開始数分で0.3%下落し、ほとんどのセクターが赤字で取引された。鉱業株は1%下落し、損失をリードした。小売株は0.2%上昇し、トレンドに逆行した。

– ハンナ・ウォード・グレントン

ニュージーランド、基準政策金利を5.5%に据え置き

ニュージーランドの中央銀行は 基準政策金利をロイターが世論調査したエコノミストたちの予想通り、2回目の会合で5.5%に据え置かれた。

ニュージーランド準備銀行は声明で、現在の金利水準が支出を抑制し、インフレ圧力を抑制していると述べた。

また、最大限の持続可能な雇用を支援しつつ、インフレ率が目標範囲である1~3%に戻ることを確実にするため、公定歩合は「当分の間、制限的な水準にとどまる必要がある」と付け加えた。

– リム・ホイジエ

シーの株価が28.68%急落 eコマース投資を強化すると発表後

シーリミテッド は、火曜日に28.7%近く急落した。 同社は第2四半期の収益予測を下回り、投資を拡大すると述べた。– を発表した。

東南アジアの巨大ハイテク企業は、Refinitivのコンセンサス予想31億9700万ドルに対し、30億9000万ドルの売上高を計上した。

同四半期の純利益合計は3億3100万ドルで、前年同期の純損失合計は9億3120万ドルだった。

シーの会長兼最高経営責任者(CEO)であるフォレスト・リー氏は、同社が「中核となるeコマース事業への投資を開始し、今後も拡大していく」と述べた。

– シーラ・チェン

7月の日本の景況感は改善

ロイター短観によると、7月の日本の大企業の景況感は改善した。

製造業の景況感指数は6月の+3から+12に上昇し、非製造業指数は前月の+23から+32に上昇した。

数値が0を上回れば好況、下回れば不況を示す。

この好調な結果は、日本が火曜日に発表した第2四半期の国内総生産(GDP)成長率が予想を上回ったことを受けて発表された。

– 林惠傑

S&P500構成銘柄の第2四半期利益は前年比約5%減

コメリカ・ウェルス・マネジメントのチーフ・インベストメント・オフィサー、ジョン・リンチ氏は、第2四半期決算シーズンも終わりに近づき、利益面では厳しい様相を呈していると語る。

の企業 S&P500 は、6月30日に終了する期間の一株当たり利益が前年同期比で約5%減少した。また、同指数は3四半期連続で減益となった。今四半期の利益低迷をリードしているセクターは、エネルギー、素材、ヘルスケアなどである。

低迷の中でも、バリュエーションは上昇している。バリュエーションを考える場合、PERの “P “を “E “が裏付けなければならないと考えている。「現状では、特に現在の金利水準を考慮すると、企業収益がS&P500種指数が昨年初めに達成した4,800円台を上回る動きを維持できるとはまだ確信していない。

ダーラ・メルカード

いくつかの主要株価指数に警告の兆し

火曜日の相場下落は、8月の相場が再び反落に転じたことを示唆しているようだが、特定の主要指数にとっては著しく悪い一日となった。

手始めに S&P 500ラッセル2000 は、それぞれの50日移動平均線を下回って取引を終えた。ブロード・マーケット・インデックスとしては3月28日以来、スモール・キャップ・ベンチマークとしては5月31日以来となる。50日移動平均線を下回る終値は、この2つの指数の下落トレンドの始まりを告げるかもしれない。

一方 ダウ – 日間の連勝を止めたばかりのダウは、7月6日以来の最悪を記録し、1%以上下落した。しかし、まだ50日移動平均線を上回っている。

は、7月6日以来最悪となった。 ダウ輸送景気先行指標として注目されるダウ・トランスポートは1.76%下落し、5月31日以来最悪の下げとなったが、終値は50日移動平均線を上回った。

ダーラ・メルカード、クリス・ヘイズ、ジーナ・フランコラ

火曜日のゴング後の注目銘柄

時間外取引でヘッドラインを飾る企業をチェックしよう:

  • カヴァ– 地中海料理レストラン・チェーンの株価は、コンセンサス予想を上回る第2四半期決算報告を受け、時間外に8.1%上昇した。ファクトセットによると、ファスト・カジュアル・チェーンの売上高は1億7290万ドルで、アナリスト予想の1億6320万ドルを上回った。一株当たり利益は0.21ドルで、FactSetが調査したアナリストは0.02ドルの損失を予想していた。
  • マーキュリー・システムズ– 第4四半期のウォール街の予想を下回り、防衛関連株は10.3%下落した。マーキュリーは、2億6320万ドルの収益で、項目を除いた1株当たり利益は11セントと発表した。ファクトセットが調査したアナリストの予想では、1株当たり利益は52セント、売上高は2億7880万ドルだった。通期ガイダンスも同様にファクトセットのコンセンサス予想を下回った。
  • ストライド – 教育テクノロジー株が第4四半期に予想を上回る報告を行った後、株価は7.4%上昇した。GAAPベースの1株当たり利益は1.01ドルで、ファクトセットが調査したアナリストのコンセンサス予想を14セント上回り、4億8350万ドルの売上高も予想の4億6070万ドルを上回った。

全リストを読む こちら.

– ピア・シン

株式先物は小動き

ダウ、S&P500、ナスダック100に連動する先物は、午後6時過ぎ(米国東部時間)、ほぼ横ばいで取引された。

– アレックス・ハーリング

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article