2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

今日の株式市場:ウォール街、雇用統計のニュアンスを好感し上昇に転じる

Must read

ニューヨーク — ウォール街は金曜日に急騰し、米雇用市場に関する驚くほど強いレポートのニュアンスを深く見極めた後、午前中の損失を帳消しにした。

S&P500種株価指数は1.2%上昇し、それまでの0.9%の下落から持ち直した。ダウ平均は288ポイント(0.9%)上昇し、ナスダック総合株価指数は1.6%上昇した。

米国の雇用者数が先月、エコノミストの予想の約2倍の雇用を増やしたという報告を受けて、株価は当初急落した。この好調さは、雇用市場の過熱がインフレ上昇圧力を維持し、ひいては連邦準備制度理事会(FRB)が投資家が望むよりも高い金利を維持する可能性があるとの懸念を高めた。

年債利回りは2007年以来の高水準に急騰した。年債利回りは4.78%と、木曜日の4.72%から上昇した。

ウォール街は高金利を嫌っている。FRBが主要金利を2001年以来の高水準に引き上げたにもかかわらず、雇用市場はまだ失速していないにもかかわらず、高金利は経済全体を減速させることで高インフレを消滅させる働きをする。その結果、景気後退のリスクが高まるのだ。

しかし、エコノミストたちが雇用統計の中に、より勇気づけられるデータがあると指摘したため、国債利回りは午前中に上昇幅を縮小し、特に短期債利回りは上昇幅を縮小した。

年物国債利回りは、FRBによる行動への期待により近く、雇用統計発表直前の5.04%から直後に5.20%まで急上昇した。その後、5.08%まで後退した。

FRBにとって勇気づけられる可能性のあるシグナルがある:9月の労働者の平均賃金上昇率はエコノミストの予想を下回った。インフレに追いつこうとする労働者にとっては不本意なことだが、企業が製品価格を上げ続けようとする動きを抑える可能性がある。

アネックス・ウェルス・マネジメントのチーフ・エコノミスト、ブライアン・ジェイコブセン氏は、FRBは雇用の伸びよりも、このような緩やかな賃金上昇に注目すべきだと語った。

「労働市場は過熱しているのではなく、まだ癒えていないのだ。

平均時給は、前年同月比で2021年6月以来最も遅いペースで上昇した。

バンガードのシニア・エコノミスト、アンドリュー・パターソンによれば、「ほとんどのレポートと同様、FRBはこのレポートでも好き嫌いを見つけるだろう」。

そのため、来週発表される消費者インフレと卸売物価上昇率が注目される。これらは、FRBが11月1日に次の金利発表を行う前に発表される次の大きなデータだ。

一部のエコノミストは、FRBはオーバーナイト金利に関しても、金融市場がすでにその仕事の一部を終えている以上、それほど多くのことをする必要はないかもしれないと述べている。10年物国債は債券市場の目玉であり、夏の間は3.50%以下、パンデミック初期にはわずか0.50%だったものが、すでに急上昇している。

10年債利回りの上昇は、住宅ローンやその他あらゆるローンの金利を引き上げ、景気やインフレにブレーキをかける可能性がある。

雇用市場が好調であれば、短期的には金融市場にも利益がもたらされる。高金利にもかかわらず経済が好調であることを意味し、企業収益を下支えする可能性がある。

この日のS&P500種株価指数は、0.9%のマイナスから1.5%ものプラスに転じた。2.4ポイントの変動は、S&P500種株価指数にとって、高金利が銀行業界の危機を引き起こし、世界中の金融市場を混乱に陥れた3月以来の大きさとなった。

この日のウォール街の変動は、リーバイ・ストラウスに象徴されるように、序盤の6%の損失から1%の上昇、そして0.8%の損失に戻った。

リーバイ・ストラウスは、アナリストの予想を若干上回る利益を計上した。しかし、売上高は予想を下回り、通期の利益は予想レンジの下限に落ち込む見込みだという。

来週は、デルタ航空、JPモルガン・チェース、ユナイテッドヘルス・グループなどの大企業の決算発表が予定されている。

ゼネラル・モーターズは、全米自動車労組がデトロイトの自動車メーカー3社に対するストライキを拡大しないと発表した後、1.9%上昇した。同労組は、GMが電気自動車用バッテリー工場の労働組合化で画期的な譲歩をしたと述べた。

S&P500種指数は50.31ポイント上昇し、4,308.50となった。ダウは288.01ドル高の33,407.58ドル、ナスダックは211.51ドル高の13,431.34ドル。

原油価格も1日を通して何度か変動し、不安定な展開が続いた。指標となる米国産原油1バレルは48セント高の82.79ドル、国際標準のブレント原油は51セント高の84.58ドルとなった。

米国産原油は先週1バレルあたり93ドルを超えて以来、全般的に値を下げている。夏場に70ドル台から上昇を続けていた原油は、インフレ面ではいくらか安心感を与えている。

株式市場日本の日経平均株価は0.3%下落した。日本の日経平均は0.3%下落した。

___

AP Business Writers Yuri KageyamaとMatt Ottが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article