22.8 C
Tokyo
2024年 6月 13日 木曜日

今日の株式市場アジア株上昇、ウォール街の債券・原油価格の上昇を好感

Must read

東京–。 木曜日、原油価格の急落がウォール街の回復を後押しし、アジア株は上昇した。

ベンチマークは、東京、シドニー、ソウル、香港で上昇した。中国市場は祝日のため休場。市場のセンチメントは、水曜日に原油価格が5ドル下落したことに助けられた。エネルギー・コストの低下は、中央銀行を高金利に導いているインフレ圧力を和らげるだろう。

日本のベンチマークである日経平均は、1.5%上昇の30,969.71。シドニーのS&P/ASX200は0.5%高の6,925.50、韓国のコスピは0.8%高の2,424.90。香港のハンセン指数は0.7%高の17,321.16。

エネルギー取引では、ベンチマークとなる米国産原油が53セント高の1バレル84.75ドル。水曜日の終値は5.01ドル安の1バレル84.22ドルで、この1年強で最大の下げ幅となった。1バレル70ドル近辺で推移していた原油は、先週93ドルを突破して以来、下げが続いている。

国際標準のブレント原油は61セント高の86.42ドル。

エネルギー情報局が商業用石油製品の増加量を460万バレルと発表したことから、原油価格は下落。ガソリンの在庫は平均を上回る水準まで増加した。

S&P500種株価指数は0.8%上昇し、4,263.75で引けた。ダウは0.4%高の33,129.55、ナスダックは1.4%高の13,236.01。

夏以降、債券市場における国債利回りの高騰が重しとなり、株価は苦戦を強いられてきた。高い利回りは、投資資金を株式から債券へと引き離し、株価を下落させる。また、借入金利を高くすることで企業収益も圧迫している。

債券市場の中心である10年物国債の利回りは、2007年以来の高水準から後退し、火曜日末の4.80%から木曜日初めには4.71%まで低下した。短期および長期の利回りも低下し、債券市場により多くの酸素が供給されるようになった。 株式市場.

景気減速を示すいくつかの報道を受けて、利回りは低下した。1つ目は、政府機関以外の雇用者による先月の雇用が予想よりも大幅に減少したことを示唆するものだった。

ウォール街では、雇用市場の冷え込みはインフレ上昇圧力の低下を意味するため、これは現在のところ良いニュースだ。その結果、米連邦準備制度理事会(FRB)が金利を緩和する可能性がある。

すでに主要金利を2001年以来の高水準に引き上げたFRBは、来年もオーバーナイト金利を当初の予想より高く維持する可能性を示唆している。それに応じて国債利回りは急上昇し、トレーダーは高金利が長期化するという市場の新常態を受け入れている。

FRBは雇用市場に特に注意を払っている。雇用市場が好調になり過ぎると、労働者の賃金が大幅に上昇し、インフレ率が目標の2%を大幅に上回る恐れがあるからだ。

水曜日に発表されたADPの報告によると、民間雇用者の雇用者数は先月8万9000人増となり、エコノミストが予想した14万人増よりも大幅に鈍化した。

この報告書は、米国政府が発表するより包括的な雇用統計の内容を予測する上で、完璧な実績があるわけではない。雇用統計は金曜日に発表される。

経済に関する2つ目の報告書によると、9月の米サービス産業の成長率はエコノミストの予想よりも若干鈍化した。

ウォール街はまた、ケビン・マッカーシー下院議長の更迭を受け入れている。この前代未聞の動きは、短期的には大きな変化をもたらさないだろう。

ゴールドマン・サックスのエコノミストによると、「とはいえ、下院で指導者の空白が生じると、現在の資金延長が期限切れになったときに政府閉鎖が起こる確率が高まる」という。

シャットダウンは米国経済の足を引っ張り、景気後退のリスクを高めるだろうが、金融市場は過去のシャットダウンの間、比較的持ちこたえてきた。

大手ハイテク株は、前日に市場を下げた後、相場を支えるのに役立った。高成長株は高利回りの最大の犠牲者の一部と見なされているため、金利への期待でより大きく動く傾向がある。

テスラの5.9%上昇とマイクロソフトの1.8%上昇が、S&P500種株価指数を押し上げた。アルファベットは2.1%上昇した。

為替取引では、米ドルは149.02円から148.48円まで下落した。ユーロは1.0509ドルから1.0530ドル。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article