2 C
Tokyo
2024年 2月 23日 金曜日

本日の株式市場アジア株式はまちまち、ウォール街が上昇した後、ほとんどの地域市場は休場

Must read

バンコク — 金曜日のアジア市場はまちまちの動きとなった。

米国先物と原油価格は上昇した。

東京の日経平均は0.3%安の31764.01。バンコクのSETは0.5%下落。オーストラリアのS&P/ASX200は0.4%高の7,054.40。インドのSENSEXは0.4%上昇。

香港、上海、ソウルは休場。

世界で最も多額の負債を抱える不動産デベロッパー、チャイナ・エバーグランデは、香港証券取引所への通知の中で、同社の株式が水曜日に20%近く急落し、木曜日の時点で取引が停止された後、追って通知があるまで停止されたままであると述べた。

エバーグランデは、中国の経済成長の足を引っ張っている不動産市場の危機の中心にいる。

木曜日、S&P500種株価指数は0.6%上昇し、4,299.70となった。ダウ平均は0.3%高の33,666.34、ナスダック総合株価指数は0.8%高の13,201.28。

原油価格が今年最高値を記録した翌日、原油価格の下落が株式市場の熱を冷ました。金曜日未明、米国の指標原油は19セント高の1バレル91.90ドルだった。木曜日には2ドル近く下落した。

国際標準のブレント原油は、15セント高の1バレル93.25ドル。

国債利回りも木曜日には緩和し、特に大手ハイテク企業を中心に株価に一息つかせた。

メタ・プラットフォームズの2.1%上昇と、エヌビディアの1.5%上昇は、S&P500種株価指数を上昇させる強力な要因のひとつとなった。

ウォール街では、オンライン・エクササイズバイクとフィットネス会社のペロトン・インタラクティブが、アスレチック・ウェア・メーカーのルルレモン・アスレティカと5年間の提携を発表し、5.4%上昇した。

一方、マイクロン・テクノロジーは、アナリストの予想を上回る最新四半期決算を発表したにもかかわらず、4.4%下落した。今後の黒字見通しは一部のアナリストの予想を下回った。

ウォール街は、金利がしばらく高止まりする可能性のある新常態に取り組んでいる。米連邦準備制度理事会(FRB)は高インフレの沈静化を期待し、主要金利を2001年以来の高水準に引き上げた。

物事が危うくなりそうな時はいつでも、FRBが迅速かつ急激に金利を引き下げることを当てにしていた投資家にとって、これは以前とは大きく異なる出来事だ。利下げは金融市場を煽るが、高金利は意図的に景気を減速させ、株式やその他の投資価格を悪化させる。

長期金利上昇の脅威は、債券市場で国債利回りを急上昇させた。10年物国債利回りは午前中に4.67%を超え、2007年以来の高水準に近づいた。その後、4.57%まで低下し、水曜日深夜の4.61%から低下した。

年物国債利回りは、FRBの行動への期待により大きく動くが、5.14%から5.06%に低下した。

金利上昇の脅威が長期化する以外にも、経済とウォール街には多くの課題が立ちはだかっている。

最も直接的なのは、早ければ今週末にも米政府機関が再び閉鎖されるという脅威である。

経済に関する最新の報道を受けて、利回りは急上昇した。

先週、失業手当を申請した労働者はエコノミストの予想よりも少なかったと発表された。これは、雇用市場が堅調であることを示す最新のシグナルであり、景気後退を防ぐのに役立っているが、インフレ上昇圧力にもなっている可能性がある。

別の報告書によれば、米国経済は夏の間、年率2.1%の成長率を記録した。これはエコノミストの予想を下回ったが、少なくとも第3四半期までは堅調な経済成長を維持しているようだ。問題は、今年最後の3ヵ月間のトレンドがどうなるかだ。

全体として、FRBが金利に厳しい姿勢を維持すること、つまりウォール街が「タカ派的」と呼ぶ政策スタンスについて、投資家の考えを変えるような結果は得られなかった。

為替市場では、ドル円は木曜日深夜の149.31円から149.37円まで上昇した。ユーロは1.0568ドルから1.0578ドルに上昇した。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article