22.9 C
Tokyo
2024年 5月 21日 火曜日

シンガポールのケッペル、シドニーの学校キャンパス2校を1億2500万ドルで買収

Must read

テクノロジー

テクノロジー ケッペルがチャーター・ホールからケンジントンの大学キャンパスを買収

ケッペルはケンジントンの大学キャンパスをチャーター・ホールから買収した。

シンガポールの大手不動産会社ケッペル・コーポレーションは、私立教育ファンドに代わり、シドニーにある2つの学校のキャンパスを総額1億9800万豪ドル(1億2500万ドル)で購入した。 と発表した。 を発表した。

同社は、ケッペル教育アセット・ファンド(KEAF)が、8月にオーストラリアの不動産会社チャーター・ホール・グループとの取引で、ケンジントン郊外のニューサウスウェールズ大学に賃貸されている10,700平方メートル(115,174平方フィート)のキャンパスを購入し、オーストラリアで初の買収を行ったと発表した。

同社はまた、ノース・シドニーのビジネス中心街にある7階建ての商業ビルも前倒し購入で取得し、アジア太平洋地域で高まる質の高い教育施設への需要を取り込むため、幼稚園から12年生までの独立した学校のキャンパスに改築する計画だ。

ケッペルのファンド・マネジメント担当最高経営責任者兼最高投資責任者のクリスティーナ・タン氏は、「アジア太平洋地域における質の高い学校やキャンパスに対する需要は、急速な都市化、中間層の拡大、富裕層の増加などのマクロトレンドや、質の高い教育への継続的な注目によって、引き続き十分に支えられている」と述べた。

より多くの資産が並ぶ

無名の大手政府系ファンドや欧州の金融機関、年金基金などの機関投資家に支えられ、KEAFは初等・中等・高等教育向けの教育関連資産や、地域の研究・高等教育向けの不動産に投資している。

テクノロジー ケッペルのクリスティーナ・タン氏

ケッペルのファンドマネジメント担当チーフ・エグゼクティブ・オフィサー兼チーフ・インベストメント・オフィサーのクリスティーナ・タン氏。(画像:ケッペル社)

このファンドの4つの資産ポートフォリオは、シンガポールと日本にある2つの既存物件を含み、確立されたテナントとの長期賃貸契約を確保しており、魅力的なリターンと安定したキャッシュフローを生み出していると、タン氏は詳細を明かさずに語った。

ケッペルは、ニューサウスウェールズ大学のキャンパスをポートフォリオに持つことで、KEAFはオーストラリアの高等国際教育セクターの回復に乗ることができると述べた。

ケッペルは、ノース・シドニーのワード・ストリート地区内にあるオーストラリア2番目の資産について、既存の建物を大規模に改修し、正味賃貸可能面積9,150平方メートルの幼稚園から高校までの施設に改築すると述べた。

世界的な高級学校運営会社は、すでにこの物件の長期賃貸契約を結んでおり、地元と海外の生徒を対象とした学校を開校する予定だ。

売主が地元の民間建設会社ビルト・グループ・ホールディングスであることが確認され、売却条件が満たされれば、取引の完了は2025年になる見込みである。

タン氏は、ケッペルはすでにシンガポールと日本の不動産をアップグレードしており、それらの努力は資産価値を40%以上押し上げるのに役立っていると述べるとともに、より多くの不動産を取得する可能性を指摘した。

「ケッペルの強固なネットワークにより、私たちは20億米ドルを超える教育資産の強力なディール・フロー・パイプラインを構築しており、現在その探索を進めています」と彼女は付け加えた。

テマセクの支援を受けたケッペルは、教育特化型ファンドのスポンサーとして、これまでに5,000万ドルを投資している。ファンド設立時 年前の立ち上げ時ケッペルは、KEAFが完全にレバレッジを効かせて投資した場合の運用資産(AUM)は12億ドルになると予測していた。

KEAFは昨年、共同出資を除いて4億5000万シンガポールドルを超える資本を調達して閉鎖した。

インフラ・ファンド、5億7500万ドルの初回クローズを達成

シドニーでの2件の買収により、ケッペルはシドニー、メルボルン、パースで48億豪ドルを保有することになり、これらの物件はインフラ、商業不動産、データセンターなどのセクターにまたがっている。

オージーでの取引を発表した翌日、ケッペルは、主力インフラ事業体であるケッペル・コア・インフラストラクチャー・ファンド(Keppel Core Infrastructure Fund)の5億7,500万ドルの第1回クロージングを発表し、資金調達能力を強化した。

同社初のオープンエンド型インフラ・ファンドは、最大25億ドルの資金調達を目指しており、アジア太平洋の先進国市場全体で「高度に防御的で不可欠なインフラ資産」に投資される。

「KCIFは、経済・社会、エネルギー転換、デジタル・インフラストラクチャー分野で必要不可欠なインフラ需要を加速させるアジア太平洋地域の強力な都市化トレンドから利益を得ることができる」と、タン氏は次のように述べた。 別の声明 を発表した。

今月初め、ケッペルはアジアにおけるプライベート・デット・シーンでの足跡を拡大するため、アジアにおけるプライベート・デット・ファンドを設立した。 プライベート・クレジットのスペシャリストであるピアフロント・キャピタル・ファンド・マネジメントを買収した。.

シンガポールを拠点とする同社は、コングロマリットから事業構造を変革する長期計画を実施している。 グローバル・ファンド・マネージャーへ 2030年までにAUMを2,000億シンガポールドル(1,460億ドル)に成長させるという目標を掲げている。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article