9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

今日の株式市場ウォール街はヨーヨーで大混戦、原油と債券市場が圧力を強める

Must read

東京–。 木曜日、アジア株式は、アジア通貨危機への懸念の高まりから、落ち着いた取引となり、ほぼ全面安となった。 中国 不動産の苦悩

多額の負債を抱える中国の不動産デベロッパー、チャイナ・エバーグランド・グループの株式取引が香港で停止された。これは、エバーグランドの会長であるホイ・カ・イェン氏が今月初めに連行され、警察の監視下に置かれたとの報道を受けたもの。

エバーグランデは世界で最も多額の負債を抱えた不動産開発業者であり、中国の経済成長の足を引っ張っている不動産市場の危機の中心にいる。

「IGのマーケット・アナリスト、ヤップ・ジュン・ロン氏は「今日の経済カレンダーは比較的静かであるため、センチメントはより落ち着いたトーンになる可能性がある。

ハンセン指数は午前の取引で1.2%安の17,390.50。上海総合指数は0.1%未満の上昇で3,108.51。

韓国は祝日のため休場。日本のベンチマークである日経平均は、1.7%下落の31,813.01。シドニーのS&P/ASX200は、7,029.30とほとんど変化なし。

ウォール街では、原油価格と債券利回りの上昇が株式市場に対する圧力をさらに高めた後、株価はまちまちで終わった。

S&P500種株価指数は0.98ポイント(0.1%未満)上昇し、4,274.51となり、6月以来の安値を更新した。ダウ平均は、112ポイントの上昇と312ポイントの下落の間を行き来した後、68.61ポイント(0.2%)下落の33,550.27となった。ナスダック総合株価指数は29.24ポイント(0.2%)上昇し、13,092.85となった。

9月は、S&P500種指数が今年最悪の月となりそうな勢いだ。国債利回りが過去10年以上の間に経験したことのない高水準に跳ね上がり、株式市場はそれを吸収しようとしている。利回りが高いということは、債券の利払いが増えるということであり、投資家は株やその他のリスクの高い投資に対して高い価格を支払うことを望まなくなる。

10年物国債の利回りは水曜日にさらに上昇し、4.55%から4.61%になった。これは5月の約3.50%から上昇し、パンデミック初期にはわずか0.50%だった。ウォール街が、金利が長期にわたって高止まりするという新常態を受け入れつつあるためだ。

連邦準備制度理事会(FRB)が景気を良くするために金利をすぐに引き下げた10年以上の後、依然として高いインフレがFRBの金利引き下げを躊躇させている。FRBの主要金利はすでに2001年以来の高水準にあり、FRBは先週、2024年の利下げ幅を当初の予想よりも小さくすることを示唆した。

バンク・オブ・アメリカのストラテジストは、利回りは上昇し続ける可能性があると言う。FRBがオーバーナイト金利の引き上げをほぼ終えたとしても、その金利は長期にわたって維持される可能性がある。

債券の利回りがあまりに低かったため、「株式に代わるものはない」というのがマントラだった、かつての投資の時代に終止符が打たれた。債券の利回りがはるかに高くなり、真の代替手段を提供するようになった今、株価はしばらくの間下落圧力を感じるかもしれない。

マーク・カバナ率いるストラテジストは、BofAグローバル・リサーチのリポートで、「FRBは株価の下落に過度に反応することはないだろう」と述べている。

水曜日に発表されたレポートによると、先月の長持ちする製造財の受注はエコノミストの予想を上回った。これは、金利が大幅に上昇したにもかかわらず、経済全体が堅調であることを示す最新のシグナルだ。

このような力強さは、経済が長い間予測されていた景気後退を回避したことを意味する。しかし、FRBが金利を高めに維持するよう促すインフレ上昇圧力が十分に保たれる可能性もある。

コストコ・ホールセールは、直近四半期の利益がアナリストの予想を上回り、1.9%上昇した。

高金利以外にも、金融市場には多くの懸念材料がある。最も直接的なのは、米政府機関が再び閉鎖される恐れがあることだ。議会が膠着状態に陥り、早ければ今週末にも全米の連邦政府サービスが停止する可能性がある。

株価は過去の閉鎖を比較的うまく乗り切ってきたが、今回は少し状況が異なるかもしれない。ゴールドマン・サックスのエコノミストは、閉鎖中は連邦政府からのすべてのデータ報告が延期されると予想している。米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレや雇用市場に関する報道に基づいて今後の金利決定を下すと繰り返し述べている。

今後数週間のうちに、非常に影響力のあるレポートがいくつか発表されることになっている。次の月例雇用統計は10月6日に発表され、翌週には2つの大きなインフレ報告が予定されている。

ウォール街に立ちはだかるその他の脅威には、世界経済の不安定化、インフレ上昇圧力をさらに高める可能性のある米自動車労働者のストライキ、家計の支出を押し下げる可能性のある米国の学生ローン返済再開などがある。

エネルギー取引では、ベンチマークとなる米国産原油が94セント高の1バレル94.62ドルとなった。水曜日の終値は3.29ドル高の1バレル93.68ドルで、6月の70ドル割れから上昇した。2022年夏以来初めて、再び100ドルを超えそうな勢いだ。国際標準のブレント原油は90セント高の1バレル97.45ドル。

原油の急騰により、石油・ガス業界の銘柄は市場で最も大幅な上昇となった。マラソン・オイルは4.2%上昇し、デボン・エナジーは4%上昇した。

為替取引では、米ドルは149.63円から149.41円まで下落した。ユーロは1.0503ドルで、1.0509ドルからほとんど変化なし。

___

APビジネスライターのStan ChoeとZen Sooが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article