23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

今日の株式市場:ウォール街、利上げの現実と米閉鎖の危機で下落

Must read

東京–。 ウォール街の9月の醜い状況がさらに悪化し、ベンチマークが6月の水準まで下落したことを受け、アジアの株価は水曜日、ほぼ全面安となった。

東京の日経平均は0.4%安の32,192.94。香港のハンセンは0.7%高の17,585.27。上海総合指数は0.3%高の3,112.54。

香港では 中国多額の負債を抱える不動産デベロッパー、エバーグランデへの懸念が続いている。不動産市場の危機は中国の経済成長の足を引っ張り、金融不安への懸念を高めている。

オーストラリアのS&P/ASX200は0.3%下落の7,018.80。ソウルのコスピは0.4%安の2,453.66。

火曜日、S&P500種株価指数は1.5%下落し、6日間で5番目の下げとなり、4,273.53で取引を終えた。ダウ平均は1.1%安の33,618.88、ナスダック総合株価指数は1.6%安の13,063.61。

米連邦準備制度理事会(FRB)が金利の高止まりを予想以上に長期化させることが明らかになり、9月のS&P500種株価指数は5.2%のマイナスとなり、今年最悪の月となりそうだ。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを期待以上に長期化させるとの見方が広がり、債券市場の利回りは過去10年以上の最高水準に達し、株式やその他の投資商品の価格を押し下げている。

10年物国債利回りは、月曜深夜の4.54%から4.55%に上昇した。これは2007年以来の高水準に近く、5月の約3.50%、約3年前の0.50%から急激に上昇している。

火曜日に発表されたある経済報告書によると、消費者の信頼感はエコノミストの予想よりも弱かった。米国の家計による旺盛な消費は、長い間予測されていた景気後退から経済を守る防波堤となってきただけに、これは懸念材料だ。

別の報告書によれば、全米の新築住宅販売は先月、エコノミストの予想以上に減速し、3つ目の報告書によれば、メリーランド州、ヴァージニア州、カロライナ州の製造業は、1年以上にわたる低迷から立ち直りつつある可能性が示唆された。

住宅と製造業は高金利のしっぺ返しを受けているが、経済全体は十分に持ちこたえている。そのためFRBは先週、来年の利下げ幅を当初の予想よりも縮小する可能性が高いと発表した。FRBの主要金利は、インフレ率を目標値まで引き下げるために2001年以来の高水準にある。

高金利のほかにも、ウォール街には多くの懸念材料がある。最も直接的なものは、連邦議会が膠着状態に陥り、全米の連邦政府サービスが停止する恐れがあるため、米国政府が再び閉鎖される恐れがあることだ。

ウォール街はまた、原油価格の上昇、不安定な世界経済、インフレ上昇圧力を強める可能性のある米自動車労働者のストライキ、家計の支出を押し下げる可能性のある米国の学生ローン返済再開とも闘っている。

SPIアセット・マネジメントのスティーブン・イネス氏はコメントで、「実際、この長くて汚い一連の動きは、総じて金融市場の不安とボラティリティを助長している」と述べた。

ウォール街では、S&P500構成銘柄の90%を含む大半の銘柄が、このような圧力下で火曜日に下落した。

大手ハイテク株は、高金利で最も打撃を受ける傾向があり、S&P500種株価指数のウエイトも最も高かった。アップルは2.3%下落し、マイクロソフトは1.7%下落した。

アマゾンは、連邦取引委員会と17の州検事総長が反トラスト法違反で提訴したことで、4%下落した。彼らは、電子商取引の巨大企業がその支配的地位を利用して他のプラットフォームの価格をつり上げ、販売者に過大な請求をし、競争を阻害していると非難している。

シンタスは5.3%下落し、S&P500で最大の損失となった。従業員用ユニフォーム、モップ、消火器などのサービスを提供するシンタスは、直近四半期の利益がアナリストの予想を上回った。また、通期の利益予想も上方修正したが、それでも多くのアナリストが先に予想した範囲内だった。

原油価格が上昇し、インフレへの懸念が高まった。水曜日未明、基準となる米国産原油1バレルは90セント高の91.29ドル。火曜日は71セント高の90.39ドルだった。

国際標準のブレント原油は、80セント高の1バレル93.23ドル。火曜日は67セント高の93.96ドル。

米ドルは横ばいの149.03ドル。ユーロは1.0573ドルから1.0563ドルまで弱含んだ。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article