9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

ユーロ/円相場分析:上昇トレンドは159.00で失速、買い手は年初来高値159.70台を目指す

Must read

ビジネス情報

  • ユーロ/円は2日連続で上昇し、158.92を突破するも、158.74で取引を終える。
  • 日銀の超金融緩和政策が日本円を圧迫、EUの好結果がECB利上げの可能性を低下させる
  • テクニカル分析では、更なる上昇の可能性を示しており、年初来高値159.76が買い手の次のターゲットとなる。

ユーロ/円は2日続伸し、先週木曜日の高値158.92を上抜いたものの、若干値を戻し、終値は158.74となり、0.19%の上昇となりました。

基本的な背景は変わっていない。 リスク回避 日本銀行(BOJ)の超金融緩和政策へのコミットメントが日本円(JPY)を圧迫した。一方、ユーロ圏(EU)は、より前向きな姿勢を示した。 経済データ 欧州中央銀行(ECB)の利上げの可能性は押し下げられたが、ユーロ(EUR)はまだ危機を脱していない。景気後退懸念が迫り、ECBが目標とするインフレ率の2倍を記録したことで、スタグフレーションのシナリオへの思惑が強まっている。

テクニカルな観点から見ると、ユーロ/円は明確な方向性を欠いているため、やや上向きではあるものの、横ばいでの推移が続いている。159.00を上抜けた場合、年初来高値159.76を試す可能性がある。

逆に、ユーロ/円の売り手が動いた場合、最初のサポートは158.00となり、すぐに一目均衡表の雲の上限である157.75/95が続くだろう。一旦これをクリアすると、ユーロ/円は雲の内側に垂れ込み、売りが勢いを増していることを示し、次のサポートは157.85の天底線、そして156.64の起点線となる。

ビジネス情報 ユーロ/円 日足チャート

ビジネス情報 ユーロ/円 テクニカルレベル

本ページに掲載されている情報には、リスクや不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれています。このページで紹介されている市場や金融商品は情報提供のみを目的としており、これらの資産の売買を推奨するものではありません。投資を決定する前に、ご自身で十分なリサーチを行ってください。FXStreetは、本情報に誤り、エラー、または重大な虚偽記載がないことを一切保証しません。また、本情報がタイムリーなものであることを保証するものでもありません。オープンマーケットへの投資は、投資額の全部または一部の損失、精神的苦痛を含む大きなリスクを伴います。元本の全損失を含め、投資に伴うすべてのリスク、損失、コストはお客様の責任となります。本記事で表明された見解および意見は著者のものであり、必ずしもFXStreetおよびその広告主の公式な方針または立場を反映するものではありません。本ページに掲載されているリンクの末尾に記載されている情報について、筆者は責任を負いません。

記事本文に特に明記されていない場合、記事執筆時点において、筆者は本記事で言及されているいかなる銘柄についてもポジションを有しておらず、また言及されているいかなる企業とも取引関係はありません。筆者は、FXStreet以外から本記事執筆の対価を受け取っていない。

FXStreetおよび筆者は、個人的な推奨を行うものではありません。筆者は、本情報の正確性、完全性、適合性についていかなる表明も行いません。FXStreetおよび著者は、本情報およびその表示または使用から生じるいかなる誤り、脱落、損失、傷害、損害に対しても責任を負いません。誤謬および脱漏を除く。

筆者およびFXStreetは登録投資アドバイザーではなく、本記事のいかなる内容も投資助言を目的としたものではありません。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article