9.7 C
Tokyo
2024年 2月 27日 火曜日

本日の株式市場:8月の中国経済の安定を示すデータを受け、世界株式が上昇

Must read

ウォール街は、金曜日に株価が大きく下落し、S&P500種指数が2週連続のマイナスとなった。

ベンチマーク指数は1.2%下落し、3日ぶりのマイナスとなった。ダウ工業株30種平均は0.8%下落、ナスダック総合株価指数は1.6%下落した。

米国の自動車メーカー株は、全米自動車労組の組合員が夜間にいくつかの工場で立ち去った後、回復力を証明した。フォードは0.1%下落し、ゼネラル・モーターズは0.9%上昇した。イタリアのミラノ証券取引所での取引で、ステランティスの株価は1.9%上昇した。

今週初め、経済に関するいくつかの健全な指標を受けて、市場は若干の上昇を記録した。ウォール街は、来週の連邦準備制度理事会(FRB)の金利政策会合を前に、経済の最新情報に注目している。米連邦準備制度理事会(FRB)は過去2年間、インフレ抑制のために金利を引き上げてきたが、金利は据え置かれる見通しだ。

今週の市場センチメントを押し上げたのは、木曜日に発表された、エコノミストの予想を上回る先月の小売店での消費額であった。また、木曜日の朝に発表された別のレポートによると、先週失業手当を申請した労働者は予想よりも少なかった。

木曜日に発表された3つ目のレポートによると、卸売価格で支払われる価格は先月エコノミストの予想よりも上昇した。予想以上のインフレが消費者レベルの買い物客に転嫁されれば、これは家計にとって落胆のシグナルとなる可能性がある。

一方、注目のミシガン大学による調査では、9月の消費者心理はやや悪化した。しかし、最新の調査結果は、全体的な消費マインドは依然として強いことを示している。また、消費者は今後1年間のインフレ予想を3.1%に引き下げ、これは2021年3月以来の低い数値となった。

「ノースウェスタン・ミューチュアル・ウェルス・マネジメントのシニア・ポートフォリオ・マネジャー、マシュー・スタッキー氏は、「データの観点からは、ほぼ一直線だった。”本当に、市場は連邦準備制度理事会(FRB)の活動に何が影響を与えるのかにレーザーを当てている。”

中央銀行はインフレを抑制するため、2022年と2023年まで積極的に金利を引き上げたが、前回の会合では金利水準を維持した。インフレ率は概ね中央銀行の目標である2%まで緩和している。

「FRBが一時停止するという楽観論の多くは、市場に織り込まれている。

月の消費者レベルのインフレ率は予想を上回ったが、ガソリン価格の高騰が最大の要因だった。サウジアラビアが減産を維持することを決定した後、原油価格は夏に上昇した。そのため、ガソリン価格が上昇し、インフレを助長する懸念が高まった。

投資家たちは、FRBが水曜日に2日間の会合を終え、金利を据え置くことに圧倒的に賭けている。また、中央銀行が年内いっぱいは金利を据え置く可能性もあると予想している。FRBは、インフレとの戦いを続けるために必要だと思われるなら、利上げを続ける意思があると述べている。

金曜のS&P500種指数は、全セクターがマイナスで終わり、テクノロジー株が最大の足かせとなった。マイクロソフトは2.5%下落し、チップメーカーのエヌビディアは3.7%下落した。

小売企業も指数の重荷となった。アマゾンは3%下落、ホーム・デポは2.5%下落、ロウズは4.7%下落した。

S&P500種指数は54.78ポイント下落し、4,450.32となった。今年に入ってから16%弱の上昇となった。

ダウは288.87ポイント減の34,618.24。テクノロジー株の比率が高いナスダックは、217.72ポイント安の13,708.33。

債券利回りは上昇した。住宅ローンなどの金利に影響する10年物国債利回りは、木曜日深夜の4.29%から4.33%に上昇した。年債利回りは5.02%で安定した。

___

Yuri KageyamaとMatt Ottが寄稿した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article