23.4 C
Tokyo
2024年 6月 21日 金曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤー韓国銀行、景気冷え込みの兆しから再び立ち止まる

Must read

韓国中央銀行は6回連続で金利据え置きを発表、大方の予想通りである。

韓国銀行は木曜日、ベンチマークである7日物レポ金利を3.50%に据え置いた。

ウォール・ストリート・ジャーナルが調査したアナリスト27人全員が、10月の金利に変更はないと予想していた。アナリストらは、日本銀行が2023年末まで政策金利を据え置くと予想しており、経済成長を支え、家計の金融ストレスを緩和するために、2024年の利下げを織り込んでいるアナリストもいる。

アナリストによると、9月のヘッドラインインフレ率は原油価格の変動により2ヵ月連続で上昇したが、食品とエネルギー価格を除いたコアインフレ率は依然として低下傾向にある。

韓国経済は、最近の回復の兆しにもかかわらず冷え込んでおり、9月の輸出は12ヶ月連続で前年同月比で縮小した。

中央銀行は、2022年の国内総生産が2.6%拡大した後、2023年の国内総生産は1.4%成長すると予想している。

中銀は、今年のインフレ率が平均3.5%となり、年間目標の2.0%を上回るものの、昨年の5.1%からは大幅に緩和されると予想している。

イスラエルとハマスの戦争も世界経済の先行き不透明感を煽っており、日本銀行はさらなる引き締めに慎重な姿勢を崩さないだろう。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article