25.4 C
Tokyo
2024年 6月 16日 日曜日

今日の株式市場ウォール街は先週の下げを戻し、上昇に転じる

Must read

東京–。 火曜日、ウォール街の大手ハイテク企業の上昇にもかかわらず、投資家は週明けに予定されている米消費者物価のデータを控えているため、アジア株はほとんど下落した。

日本のベンチマークである日経平均は、午前中の取引で0.7%上昇し、32,686.67となった。オーストラリアのS&P/ASX200は0.2%安の7,176.30。韓国のコスピは0.5%安の2,542.91。香港のハンセンは1.0%下落の17,913.43、上海総合は0.3%近く下落の3,135.08。

ActivTradesのアンダーソン・アルベス氏は、「来週の米連邦準備制度理事会(FRB)の決定に向けて、今後発表される米国のデータが重要だ」とコメントした。

米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレ率を2%に戻す努力の中で、利上げを安定的に続けるかどうかを検討している。水曜日には、米政府が経済全体で消費者が支払っている物価に関する最新の月次報告を行う。

FRBはすでに主要金利を20年以上ぶりの高水準に引き上げており、インフレや経済の他の部分がどのように推移するかによって今後の動きを決めるとしている。インフレ率は9%を超えた昨年のピークから低下しているが、エコノミストは、FRBの目標達成に向けた最後の一歩が最も難しいものになると警告している。

木曜日に発表される別の報告書では、米国の家計が先月小売店で使った金額も発表される。小売店での消費は好調で、景気後退を回避するのに役立っている。しかしそれはまた、企業が値上げを続けることを促し、インフレ率を押し上げる可能性もある。

CMEグループのデータによると、ほとんどのトレーダーは、連邦準備制度理事会(FRB)が来週の会合で金利を据え置くと予想している。しかし、多くのトレーダーは年内の再利上げの可能性に備えており、一方で来年の利下げ期待は縮小している。

ウォール街では、S&P500種株価指数は0.7%上昇の4,487.46となり、過去3週で初のマイナスとなった。ダウ工業株30種平均は0.3%高の34,663.72、ナスダック総合株価指数は1.1%高の13,917.89となった。

いくつかの大型テクノロジー関連株が牽引した。テスラは10.1%、アマゾンは3.5%、メタ・プラットフォームは3.2%上昇した。チャーター・コミュニケーションズは、ウォルト・ディズニー社との契約を発表し、スペクトラム・ビデオの顧客にESPNやその他のチャンネルへのアクセスを回復させ、3.2%上昇した。ディズニーは1.2%上昇した。

アップルは、火曜日にiPhoneの最新モデルを発表するイベントを控え、0.7%上昇した。アップルはウォール街で最も価値のある銘柄であるため、そのパフォーマンスは市場に大きな影響を与える。つまり、アップルの動向はS&P500や他のどの銘柄よりも大きなウェイトを占めているのだ。

クアルコムは、アップルが2024年から2026年にかけて発売する携帯電話に5G機器を供給する契約を発表し、3.9%上昇した。

航空宇宙企業のRTXは、以前から発表していたプラット・アンド・ホイットニー航空機エンジンの問題が、今後数年間で税引き前営業利益に30億~35億ドルの打撃を与える可能性があると発表し、7.9%下落した。同社は、今後数年間で最大700基のエンジンを修理に出すとしている。

J.M.スマッカーが、純有利子負債9億ドルを含む56億ドルの現金・株式取引で、トゥインキーズとホホーズのメーカーを買収すると発表した後、ホステス・ブランズは19.1%急上昇した。フォルジャーズからスマッカーズまでのブランドを持つJ.M.スマッカーは7%下落した。

中国の電子商取引大手アリババは、前CEOのダニエル・チャン氏がクラウドコンピューティング部門の責任者を辞任すると発表し、米国で取引されるアリババの株価は1.5%下落した。

同社は、テクノロジーと金融部門に対する規制当局の取り締まりによる挫折の後、リストラを進めている。

エネルギー取引では、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引で、ベンチマークとなる米国産原油は1セント安の1バレル87.28ドル。国際標準のブレント原油は6セント安の1バレル90.58ドル。

為替取引では、米ドルは146.55円から146.57円まで上昇した。ユーロは1.0740ドルと、1.0756ドルから下落した。

___

APビジネスライターのStan Choeが寄稿した。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article