15.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

ウクライナ戦争で養子縁組が停止。今、何人かの孤児は身動きがとれなくなっている。

Must read

ウクライナ戦争

キエフ – ウェンディ&レオ・ヴァン・アステン夫妻がウクライナ東部出身の兄妹 “MとM “に初めて会ったのは、ウクライナの孤児や里子とアメリカ人家庭をつなぐプログラムの一環として、2018年末に子どもたちがウィスコンシン州マディソン近郊の夫妻の家に4週間滞在したときだった。

当時12歳と11歳だった子どもたちとの絆はすぐに深まったとヴァン・アステン夫妻は語った。

「彼らに出会って4日後、私たちはクリスマスツリーの下で泣いていました、 42歳は電話インタビューでこう語った。「あの子たちが欲しい。あの子たちが欲しい。あの子たちのお母さんになりたい』って。

夫妻はすぐに養子縁組の手続きを開始し、MとM(夫妻は親愛の情と身元を保護するためにファーストネームのイニシャルで呼んでいる)と連絡を取り続けた。子供たちはさらに4回、合計24週間面会した。レオ(44歳)は、「もちろん、もっとあったでしょうが、コビトのせいで何度も行くことができなかったのです」と語った。

それから5年近くが経ち、この1年半はロシアのウクライナ侵攻で傷つき、ヴァン・アステン夫妻の願いが実現するかどうかはわからない。

養子縁組は、最良の状況であっても、時間がかかり、官僚的なプロセスになることがある。ウクライナ当局は戦争が終わるまで国際養子縁組を停止しているのだ。

戦争がいつ終わるかは誰にもわからない。

侵攻が1年半を過ぎ、キエフの反攻が少しずつ領土を奪い返すなか、欧米の高官やアナリストの多くは、誰も勝利も降伏もせず、交渉のテーブルにも着こうとしない、袋小路に陥る可能性を警告している。戦争は何年も続く可能性があり、ヴァン・アステン一家のような家族は絶望に打ちひしがれている。

状況は「緊急」だとウェンディ・ヴァン・アステンは言う。

MとMは現在ティーンエイジャーで、ウクライナでは18歳で法的成人に達するため、養子縁組の資格がない。「もし私たちでなければ、彼らに家族を見つけるチャンスはもうありませんし、もし彼らでなければ、私たちにも子どもたちのためのチャンスはもうありません」とウェンディは言う。

“MとMは私たちの子供であり、これが実現しないなら、それは私たちにとって終わりです “とウェンディは言った。”MとMか、まったく何もないかだ “とウェンディは言った。

ヴァン・アステン一家と他のアメリカ人家族は、ウクライナの養子縁組システムの癖に囚われていることに気づく。多くの国では、養子縁組をする子どもを選ぶのはプロセスの最初の段階で行われる。ウクライナでは、これはかなり後になってから行われる。

養子縁組を希望する家族の多くは、面会交流プログラムを通じてウクライナの子どもたちをすでに受け入れている。しかし、養子縁組を希望する場合は、公認の養子縁組斡旋業者と米国移民局の審査を受けなければならない。その後、ウクライナ政府が一般養子縁組を承認しなければならない。

その時点でウクライナの制度は、子供と養子縁組を希望する両親の関係を正式に認めることになる。

戦時中であっても、ウクライナの家族はウクライナの子供を養子にすることができ、ロシアの侵攻が始まる前に子供の名前を提出した国際的な家族も同様である。しかし、ヴァン・アステン夫妻をはじめ、それ以前の段階にいた約200組のアメリカ人家族にとっては、手続きは凍結されている。

ウクライナの国家社会サービス(孤児に関わる主要な政府機関)の責任者であるヴァシル・ルツィク氏は、この凍結は戦争の混乱を考えれば必要なことだと述べた。ハーグの国際刑事裁判所は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と、ロシアの子どもの権利オンブズマンであるマリア・ルボヴァ=ベロヴァに対し、ウクライナからの子どもの強制連行の疑いで戦争犯罪を犯したとして逮捕状を発行した。ロシアはこの疑惑を否定している。

国際養子縁組を凍結するウクライナの法令 3ヵ月後の再開を求める 戒厳令の終了後、3ヵ月後に再開されることになっている。しかし、孤児は「脆弱なカテゴリー」であるとルツィク氏は言う。さらに、ウクライナでは児童サービスが十分に機能していない。多くの事務所は紛争地域にあるか、記録が破壊されている。

戦争が始まった最初の数週間で、公的な保護下にあった何千人ものウクライナの子どもたちが、まずウクライナ西部に、それから近隣諸国やヨーロッパ各地に避難した。MとMは、孤児院の他の子どもたちとともに、スヴィアトヒルスクから ウクライナ東部のスヴィアトヒルスク からウクライナ西部のリヴィウへ、そしてポーランドへ、最終的にはシチリア島へと移動させられ、3か所に分かれて暮らしたとヴァン・アステン夫妻は語った。

シャンタルとアーロン・ジマーマン夫妻はペンシルベニア州ランカスター出身で、5人のウクライナ人兄妹の養子縁組を望んでいる:サーシャ(15歳)、アリーナ(14歳)、セリョーシャ(11歳)、ニキータ(8歳)、ナスチャ(4歳)である。子供たちは現在ロシア軍に占領されているウクライナ南東部のベルディアンスクから来たが、北イタリアに疎開し、孤児院は年齢別に3カ所に分かれていた。

末っ子のナスチャはウクライナに残ったが、シャンタルは居場所を知らないという。サーシャは8月上旬にウクライナに戻り、ザポリツィア近郊の養護施設で暮らしている。

ジマーマン夫妻はイタリアにいる3人とビデオやメッセージアプリで連絡を取り合っている。シャンタルもイタリアに3回、アーロンと1回旅行し、4人の子どもたち全員に会うことができた。「私たちは皆、宙ぶらりんの状態です。でも、一番苦しんでいるのは彼らなのです」と彼女は言った。

「先日、アリーナが私に言った。 [to America].’アリーナ、君の寝室は用意してある。できることはすべてやっている。あなたを家に帰すためにできることはすべてやっています。あきらめないで』って」とシャンタルは言った。

「法的には、彼らは私たちの子供ではありません “とシャンタルは言ったが、彼女は付け加えた “私たちは彼らと関係を形成し、私たちは彼らと絆を結んでいる “と “私たちは自分の子供のように彼らを愛している”。

ツィメルマン一家、ヴァン・アステンス一家、その他の家族は、戦争が終わるまで子供たちを受け入れることを許可されるべきであり、キエフ当局が養子縁組の手続きを再開することが適切であると判断した場合には、子供たちをウクライナに返すことを保証すべきであると言っている。

「彼らはまだウクライナのものであり、私たちはそれを尊重します」と、スティーブ・ハイネマン氏は言う。彼は妻のジェニファーと一緒に、ヴィカ(17歳)とオクサナ(15歳)の2人の女の子を養子に迎えることを望んでいる。

ハイネマン氏は、子どもたちをアメリカに連れてきて、彼らの知っている家族のもとに滞在させる方法を見つけるために、アメリカ政府と連邦議会議員に働きかけている家族のグループを率いている。ハイネマンによれば、家族たちは約300人のウクライナの子供たちをアメリカに呼び寄せたいと考えているという。

一家はニュージャージー州の元上院議員レイモンド・レスニアック氏と協力しており、国務省の職員やエイミー・クロブチャー上院議員(ミネソタ州選出)などの議員とも面会している。クロブチャー氏の事務所は声明の中で、国務省と協力して “国際養子縁組プロセスを強化する “と述べた。

しかし、これまでのところ、ウクライナの立場は揺るぎない。子どもたちが米国に渡航できるのは、施設に預けられる場合だけであり、一時的であっても家族のもとには預けられない。

「ウクライナ側は [homestays are] 国務省の子ども問題担当特別顧問であるミシェル・ベルニエ=トスは言う。「私たちは、ウクライナが主権国家であり、関係する子どもたちのケアに関して非常に責任があるという事実を尊重していると思います」。

しかし家族たちは、子どもたちの健康を心配し、人身売買の餌食になる子どもたちが出ることを恐れている。ウクライナで養子縁組が可能な16,000人の子どもたちの大半は、育児放棄されたか、ネグレクトのために親から引き取られた。

米国を拠点とし、孤児を家族と引き合わせる手助けをしている国際慈善団体Kidsaveのウクライナ代表であるパブロ・シュルハ氏は、「主なトラウマは育児放棄であるため、子どもたちの苦悩はさらに深刻化している」と述べた。養子縁組を遅らせることで、当局は「このトラウマを繰り返している」と彼は言う。

「この国が困難な状況にあることは理解しています。「しかし同時に、子どもは期待し、信じ、希望を持っている。親は希望と心配を持っている。今のところ、私たちはコルク栓、行き止まりなのです」。

訂正

本記事の以前のバージョンでは、米国を拠点とする慈善団体Kidsaveのウクライナ人代表のファーストネームを誤って記載していた。彼はパブロ・シュルハである。記事は訂正されている。

ロシア・ウクライナ紛争を理解する

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article