18.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

ダウ・ジョーンズ・ニュースワイヤーズクローン病肛門周囲瘻治療薬に関する武田薬品の臨床試験、主要評価項目が未達に終わる

Must read

武田 4502, -6.37% は火曜日、複合型クローン病肛門周囲瘻を対象としたダルバドストロセルの臨床試験において、主要評価項目を達成できなかったと発表した。

製薬会社は、Alofiselという商品名で販売されているこの治療薬を評価する第3相試験では、24週時点の複合寛解が主要評価項目であったと発表した。

同社は、9月30日に終了する会計四半期に無形資産の減損損失を含むかもしれない試験結果の財務的影響を評価中であると述べた。

武田薬品によると、Alofiselは、既に欧州連合、イスラエル、スイス、セルビア、英国、日本において、過去の試験データに基づいて承認されており、日本においても追加試験に基づいて承認されている。

本試験の全結果は、今後開催される医学会議で発表されるか、学術誌に掲載される予定である。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article