18.2 C
Tokyo
2024年 4月 12日 金曜日

イングランド銀行、2度目の5.25%金利維持

Must read

ビジネス情報

イングランド銀行は、今年中の金利据え置きを決定した。 第二 回連続で、基準金利5.25%で実施された。

金融政策委員会(MPC)の9人のメンバーは、広く予想されていた動きとして、現行金利の維持に6対3で賛成した。

金利は2021年以来一貫して上昇を続けている。 インフレで、現在はその水準にある。 最高 この15年間、最高レベルである。

日本銀行は、インフレ率が目標の2%に戻るのは2025年末になるだろうと予測しているため、金利は「長期間」高止まりすると示唆した。

世銀は声明の中で、来年の大半は経済が横ばいになる可能性が高く、英国は2025年1月末までに実施されなければならない次の総選挙に向けて「スタグフレーション」の状態になるだろうと付け加えた。

最近の調査 明らかにする 英国企業が活動の低下とコスト圧力の冷え込みに取り組んでおり、迫り来る景気後退への懸念が高まっていることが明らかになった。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン、 は次のように考えている。 「現時点では穏やかではあるが、景気後退を否定することはできない」と考えている。

「しかし、先行き不透明な経済情勢の中で、先行きに対する憂慮は強まっており、今後数ヶ月の生産高には不吉な兆しがある」とウィリアムソン氏は付け加えた。

この悲観的な見通しを裏付けるように、日本銀行のアンドリュー・ベイリー総裁は、「さらなる利上げが必要かどうか注意深く見守る」と述べた。利下げを考えるのは時期尚早だ」と述べた。

金利の上昇は、家計や企業の借り入れを割高にし、経済から需要を奪うことでインフレを抑制する。これは理論的には物価上昇を抑制するはずだ。

ベイリー氏は、サービス・インフレが来年にかけて「着実に」低下することが「重要」であり、そのためには「英国経済における根本的なコスト圧力の緩和」が必要であるとしている。

9月、英国のインフレ率は頑強に低下 に逆らった。 景気減速の予想を覆したのは、主に原油価格の上昇が食品コストの下落圧力を打ち消したためである。

国家統計局(ONS)によると、消費者物価指数(CPI)は前年同月比6.7%上昇し、前月と同率となった。

同時に、労働市場 データ によると、失業率は4.2%にとどまったものの、雇用者数は減少し、失業者数はわずかに増加した。

ベイリー氏は、労働市場は「緩和」し、「8月の予測より少し多くなった」と主張し、「雇用増加のほとんどの指標は現在緩和している」と付け加えた。

エジソン・グループのエグゼクティブ・ディレクター、ニール・シャー氏は、日本銀行の決定は、利上げサイクルがピークに達していることを示す証拠になると言う。

「この2週間、FRBとECBが金利を一時停止することで世界的なコンセンサスが得られたことは、市場の安定を求める投資家にとって心強い兆候であり、すべての兆候は、金利上昇サイクルがピークに達していることを示している。

スナック お約束 インフレ率を半減させる」と年初に約束したが、その目標を達成するには12月に約5.3%まで低下しなければならない。

3月には 未発表 多くの賃金が追いつかず、ストライキを引き起こしている。

この1年、物価の高騰は、経済危機を引き起こした。 生活費の危機 食料品やエネルギー料金の高騰が記録的なインフレを引き起こし、英国全土で猛威を振るっている。

しかし、ONSが先月発表したデータによると、英国の定期給与はほぼ2年ぶりにインフレ率を上回るペースで上昇している。

この数字によると、今年6月から8月にかけて、賃金は年率7.8%で上昇し、同じ3ヶ月間の平均インフレ率を上回った。

インフレ率とは、物価の上昇率を示す。 立った であった。

引用元へ

- Advertisement -spot_img

More articles

- Advertisement -spot_img

Latest article